M&Aニュース

大和ハウスグループの米キャッスルロック社、ジョーンズ社の戸建住宅事業を譲受け

更新日:

大和ハウスグループのCastleRock Communities LLC(米国テキサス州、以下「キャッスルロック社」)は、2024年1月5日(米国時間:1月4日)、米国で戸建住宅事業を行うThe Jones Company of Tennessee, LLC(米国テネシー州、以下「ジョーンズ社」)の事業を譲受する契約を締結した。

キャッスルロック社は、戸建住宅事業を行う。2021年に大和ハウスグループ入りして以来、同グループの資本力を活かし、他州への進出を含めた事業拡大を行い、2023年7月にはアリゾナ州フェニックスにおいて新たに拠点を設立。すでに4カ所で戸建分譲住宅地を確保している。

ジョーンズ社は、戸建住宅事業を行う。直近12カ月のテネシー州戸建住宅引き渡し戸数ランキングで第12位(※)を誇る。※CoreLogic、Strategic Insights社のレポートより。

大和ハウスグループは、米国の戸建住宅事業においては、2017年に東海岸で戸建住宅事業を展開するスタンレー・マーチン社の子会社化を皮切りに、2020年2月には西海岸で同事業を展開するトゥルーマーク社、2021年9月には米国南部のキャッスルロック社も子会社化し、米国のスマイルゾーンを軸に事業エリアを拡大した。2022年には、米国戸建住宅会社3社で、6,010戸の戸建住宅を供給するなど、2026年には供給戸数1万戸まで引き上げることを計画している。

今回、キャッスルロック社におけるジョーンズ社の戸建住宅事業の譲受により、米国南部での戸建住宅供給のさらなる拡大を図っていくこととした。

・譲受の対象となる事業および財産
キャッスルロック社は、ジョーンズ社の事業と事業関連資産を引き継ぐ。
ジョーンズ社の経営陣ならびに全従業員はキャッスルロック社に参画することを予定している。

・今後の予定
2024年1月中に事業譲渡実行予定

戸建住宅建設業界のM&A・事業承継の動向はこちら

戸建住宅建設業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、戸建住宅建設業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

大和ハウス工業に関連するM&Aニュース

大和ハウス子会社、ナサホームを買収

大和ハウス工業株式会社(1925)子会社の大和ハウスリフォーム株式会社は、株式会社ナサホーム(大阪市)の株式取得に係る契約を締結し、子会社化することを発表した。大和ハウス工業は、住宅建設事業、宅地開発、不動産関連事業などを行っている。ナサホームは、増改築リフォームの設計・施工・アフターメンテナンスを行っている。中京・関西圏に基盤を持ち、大阪府内で高い実績を有する。大和ハウスリフォームは、大和ハウス

大和ハウス工業、東急Re・デザインから木造住宅リフォーム事業・新築事業を取得へ

大和ハウス工業株式会社(1925)は、株式会社東急Re・デザイン(東京都世田谷区)の子会社である株式会社TRDホームズ(東京都渋谷区)を完全子会社化すると発表した。大和ハウス工業は、住宅建設事業、宅地開発、不動産関連事業などを行っている。東急Re・デザインは、戸建住宅およびマンションのリフォームや新築建築事業工事の企画などを行っている。TRDホームズは、東急Re・デザイン社が保有する戸建リフォーム

大和ハウス工業グループ、米戸建住宅会社JP Holdingsの事業譲受へ

大和ハウス工業株式会社(1925)グループのTrumarkCompanies,LLC(米国カリフォルニア州、以下トゥルーマーク社)は、米国時間10月12日、JPHoldings,LLC(米国カリフォルニア州、以下ワーセン社※)の事業を譲受することとなった。※同社の通称「WathenCastanosHomes」から取り、「ワーセン社」。【譲受の対象事業および財産】戸建住宅事業(※土地の開発を除く戸建

大和ハウス工業、シンガポールのStorbest社を連結子会社化

大和ハウス工業株式会社(1925)は、StorbestHoldingsPte.Ltd(シンガポール、以下Storbest社)の株式を取得し、連結子会社とした。大和ハウス工業は、物流施設(物流センター・配送センター・食品施設)の企画・設計・施工・リフォームや、戸建・賃貸・分譲マンション等の企画・設計・施工・販売、土地開発事業等を行っている。Storbest社は、低温物流を提供する独立系会社。シンガポ

メディアテック、クラウド建材管理システム運営のトラスを子会社化

株式会社メディアテック(大阪府大阪市)は、株式会社トラス(東京都千代田区)の株式を取得し、子会社化した。メディアテックは、大和ハウスグループのIT企業。ネットワーク構築・運用保守、情管理機器・ソフトウエア管理、システム開発・運用保守、文書管理サービス、設計・施工支援を行っている。トラスは、クラウド建材管理システム「TRUSS(トラス)」の運営を行っている。メディアテックは、大和ハウスグループが取り

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・買収」に関連するコラム

キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

「クロスボーダーM&A・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード