M&Aニュース

イズミ 、 大分県の食品スーパー「サンライフ」を買収

更新日:

株式会社イズミ (8273) は、株式会社サンライフ( 大分県大分市)の株式を取得し、子会社化することについて決議した。

イズミは、ショッピングセンター、ゼネラル・マーチャンダイジング・ストア(GMS)、スーパーマーケット等の業態による衣料品、住居関連品、食料品等の販売およびインポート事業を中国・四国・九州地方を中心に展開する。

サンライフは、大分県内において地域密着型の食品スーパーを展開する。

イズミは、広域型の大型ショッピングセンターとサンライフが展開する小商圏対応型の食品スーパーは相互に補完し得る関係にあると考え、物流・販促等の効率化、地域内商品や情報の共有といったシナジー効果を期待する。また、イズミの店舗が空白地帯である大分県大分市および日出町において、サンライフが事業展開している点も、新たな市場への参入、並びに食品スーパーの積極的な出店による市場占有率の向上との経営戦略と合致する。以上の観点から、イズミはサンライフを大分県内のパートナーとして株式を100%取得し、連結子会社とするに至った。

イズミに関連するM&Aニュース

イズミ(8273)、四国地方で小商圏型スーパーマーケット展開のマルヨシセンター(7515)と資本業務提携、第三者割当引受け

イズミ(8273)は、マルヨシセンター(7515)との間で資本業務提携契約を締結した。イズミは、マルヨシセンターが実施する第三者割当を全て引受けるとともに、マルヨシセンター既存株主が所有する株式を市場または市場外において買付ける。議決権所有割合は20.02%となる見込み。イズミグループは、ショッピングセンターやスーパーマーケット等の小売事業をコアビジネスとして、中国・四国・九州地方を中心に店舗網を

イズミ(8273)、西友から山口と兵庫の商業施設2店舗の経営権取得

イズミ(8273)は、合同会社西友(東京都北区)より、商業施設「ザ・モール周南店」(山口県下松市)並びに商業施設「ザ・モール姫路店」(兵庫県姫路市)の2店舗の経営権を取得し、当該施設に新たに「ゆめタウン業態」として出店することを決定した。イズミグループは、中国・四国・九州を出店エリアに定め、ショッピングセンターやスーパーマーケット等の小売事業を主な事業としている。本件により、イズミは、出店エリアの

イズミ(8273)、スーパーマーケット事業のデイリーマートを子会社化

株式会社イズミ(8273)は、株式会社デイリーマート(徳島県美馬市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。イズミグループはショッピングセンターやスーパーマーケット等の小売事業をコアビジネスとし、中国・四国・九州地方において出店している。デイリーマートは、食品スーパーを中心とした地域密着型の小売業を行っている。イズミが展開する広域型の大型ショッピングセンター「ゆめタウン」とデイリーマートが展開

イズミ(8273)、広島のスーパーマーケット事業のユアーズと資本業務提携

株式会社イズミ(8273)は、株式会社ユアーズ(広島県安芸郡)と資本業務提携契約書を締結し、ユアーズが実施する第三者割当増資を引き受け、同社を子会社化した。普通株式を497,314,400円(議決権所有割合50.3%)、B種種類株式を4,000,000,000円で取得する。イズミグループは、ショッピングセンターやスーパーマーケット等の小売事業をコアビジネスとして、中国・九州・四国地方に稠密な店舗網

この記事に関連するタグ

「買収」に関連するコラム

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

TOB(株式公開買付け)とは?目的やメリット、事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的やメリット、事例を解説!

TOB(株式公開買付け)は、他の企業の経営権を取得する買収方法の1つです。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式公開買付け)とは?TOBは、「TakeoverBid(株式公開買付け)」の略で

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

「後継者のいない会社」を買うメリットとは?

M&A全般
「後継者のいない会社」を買うメリットとは?

近年、後継者不在の会社を第三者が譲受けるケースが増加傾向にあります。本記事では、後継者のいない会社を買う場合のメリット、認識しておきたい注意点、会社の探し方や相談先についてご紹介します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら後継者のいない

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

「買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード