M&Aニュース

コマツ、建設・鉱山機械運行管理システムプロバイダーの豪iVolve Holdingsを買収

更新日:

株式会社小松製作所(6301、以下「コマツ」)は、豪州の100%子会社を通じて、建設・鉱山機械運行管理システム(以下FMS※)のプロバイダーであるiVolve Holdings Pty Ltd(オーストラリア クイーンズランド州、以下「iVolve社」)を買収した。

コマツは、建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの事業を展開している。

iVolve社は、中小規模の露天掘り鉱山・砕石業向け建設機械運行管理システムの開発、販売を行う。

安全かつ生産性の高い現場オペレーションの実現が求められる建設・鉱山業界の課題を解決するため、コマツはこれまで大規模鉱山向けには100%子会社であるモジュラーマイニングシステムズ社のFMSを、建設土木業向けにはICT施工のソリューションであるスマートコンストラクションの導入を進めてきた。

iVolve社は大規模鉱山と建設土木業の間に位置する、中小規模鉱山・砕石業向けFMSの開発・販売に強みを持ち、豪州や北米の顧客の現場で最適な運行管理を実現している。本買収により、独自のIoTプラットフォームを持つiVolve社のFMSを新たなソリューションとしてグローバルに展開し、顧客の現場の安全性と生産性の向上に一層貢献していく。

買収完了後も、iVolve社は独立したグループ企業として自社サービスを展開し、コマツを通じた新たな事業機会の獲得によって、建設・鉱山機械市場における世界有数のFMSプロバイダーを目指す。

※FMS:Fleet Management System(フリート・マネジメント・システム)の略称。

業務用・産業用機械製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

業務用・産業用機械製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、業務用・産業用機械製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

小松製作所に関連するM&Aニュース

コマツ、米バッテリーメーカーAmerican Battery Solutionsを買収へ

コマツ(6301)は、完全子会社であるコマツアメリカ株式会社(米国)を通じて、AmericanBatterySolutions,Inc(米国ミシガン州、以下ABS社)を買収することを決定した。買収完了予定は2023年12月1日。連結業績への影響は軽微としている。コマツは、グループにて主に、建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの事業を展開している。ABS社は、商用車・産

コマツ、坑内掘り鉱山機械メーカーのドイツGHH社を買収

コマツ(6301)は、完全子会社であるコマツマイニング株式会社(米国ウィスコンシン州、以下KMC)を通じて、GHHGroupGmbH(ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州、以下GHH社)を買収することを決定した。コマツは、建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの製造販売の大手。KMCは、露天掘り・坑内掘り向け鉱山機械の製造・販売・サービスを行っている。GHH社は、坑

小松製作所、植林用アタッチメントメーカーのスウェーデンBracke Forestを買収へ

株式会社小松製作所(6301、コマツ)は、スウェーデンの完全子会社であるコマツフォレストを通じて、BrackeForestAB(スウェーデン、ブラッケ)を買収することを決定した。コマツは、建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの事業を展開している。ブラッケは、植林の工程(植林地整備、植栽)に使用される各種アタッチメントの開発・製造・販売などを行っている。2014年より、

コマツ(6301)、オーストラリアの鉱山機械向けソリューションプロバイダーMineWare社を買収

コマツ(6301)は、豪州100%子会社を通じ、MineWarePtyLtd(クイーンズランド州、MineWare社)を買収した。コマツは、ICTの活用したサービスの展開を進めている。MineWareは、鉱山で稼働する積み込み機械を対象に、積み込み量の最適化や掘削位置の見える化を実現するシステムの提供を主な事業として行っている。本件M&Aにより、コマツは、新たにMineWare社のソリューションを

コマツ(6301)、子会社により米国の鉱山機械メーカー ジョイ・グローバル社を買収

コマツ(6301)は、完全子会社であるコマツアメリカ株式会社(米国イリノイ州)が、JoyGlobalInc.(米国ウィスコンシン州、ジョイ・グローバル社、米国ニューヨーク証券取引所上場)を完全子会社化することについてジョイ・グローバル社と合意することを決定した。本件取引は、コマツアメリカが本買収のために設立する完全子会社とジョイ・グローバル社とを合併させる逆三角合併方式で行う。合併後の存続会社はジ

この記事に関連するタグ

「買収・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

「買収・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード