M&Aニュース

成長戦略セミナー

小倉クラッチ、ブラジル子会社のオグラクラッチ・ド・ブラジル・リミターダの全株式を譲渡へ

更新日:

小倉クラッチ株式会社(6408)は、連結子会社であるオグラクラッチ・ド・ブラジル・リミターダ(ブラジル サンパウロ)の全株式を譲渡することを決定した。譲渡相手先は非公表。

小倉クラッチは、クラッチ/ブレーキの総合メーカー。

オグラクラッチ・ド・ブラジル・リミターダは、輸送機器用製品の販売を行っていた。

同社は、2017年11月に販売を終了し、清算手続きを進めていた。

・今後の予定 契約締結日   2023年11月下旬 株式譲渡実行日 2023年11月下旬

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

輸送用機械・部品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、輸送用機械・部品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

小倉クラッチに関連するM&Aニュース

小倉クラッチ、子会社の東洋クラッチの吸収合併および中国子会社間の吸収合併を発表

小倉クラッチ株式会社(6408)は、2024年3月13日開催の取締役会において、連結子会社である東洋クラッチ株式会社(東京都港区)を同社に、連結子会社である小倉離合機(無錫)有限公司(中国江蘇省)を同じく連結子会社である小倉離合機(長興)有限公司(中国浙江省)に吸収合併することを決議した。小倉クラッチは、輸送機器用及び一般産業用製品の製造販売を行う。東洋クラッチは、輸送機器用及び一般産業用製品の販

小倉クラッチ(6408)、中国のOA器機用クラッチメーカー・砂永精工電子(東莞)有限公司の全株式取得、子会社化

小倉クラッチ(6408)は、砂永精工電子(東莞)有限公司(中国広東省)の全持分を取得し、子会社化することを決定した。砂永精工電子(東莞)有限公司は、中国広東省においてOA器機用クラッチの製造・販売を行っている。株式会社砂永樹脂製作所の100%子会社で、香港の貿易会社である砂永香港有限公司が全株式を保有している。本件M&Aにより、小倉クラッチは、グループのOA機器用クラッチの生産の拡大、並びに生産コ

小倉クラッチ(6408)、電磁部品・機械加工部品メーカー三泉の全事業を承継

小倉クラッチ(6408)は、新設子会社において株式会社三泉(群馬県伊勢崎市)の全事業を会社分割のうえ、承継することを決定した。三泉は、電磁コイル、電磁クラッチ部品及び各種機械加工部品等の製造・販売を行っている。本件M&Aにより、小倉クラッチグループは、事業規模の拡大を図るとともに、三泉の保有する機械設備を活用することで新規事業の開拓及び付加価値の向上、また同社海外拠点との連携による価格競争力及び新

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するコラム

会社売却とは?メリットや成功させるポイント、流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや成功させるポイント、流れを解説

会社売却を行うにあたって、あらかじめ押さえたいポイントがいくつかあります。本記事では会社売却のメリット、流れなど概要をご紹介します。自社の「業種・地域・売上高」の3つを入力するだけで「会社売却をするとしたら、どのような相手が候補に挙がってくるか」が1分でわかる、無料の診断サービスがあります。ぜひご活用ください。会社売却先シミュレーション(無料)を試してみる会社売却とは?会社売却は、経営者が新たなビ

会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード