M&Aニュース

事業承継セミナー

クオールホールディングス、第一三共エスファの株式を段階取得へ

更新日:

クオールホールディングス株式会社(3034、以下クオールHD)は、第一三共株式会社の連結子会社である第一三共エスファ株式会社(東京都中央区)の全保有株式を取得・子会社化することを決定し、第一三共と株式譲渡契約を締結した。

第一三共保有株式の51%を2024年4月までに取得し、将来的に100%をクオールHDが取得する予定。

クオールHDは、調剤薬局「クオール薬局」を経営している。医療機関と1対1で出店するマンツーマン出店を基本に展開している。

第一三共エスファは、医薬品の研究開発・販売を行っている。

本件M&AにてクオールHDは、第一三共エスファと情報やノウハウを共有し、付加価値の高い医薬品の開発や、AGを中心とした顧客ニーズに応える製品開発へとつなげる狙い。

・今後の予定 株式取得実行日  2023年10月1日(第一三共所有株式の30%)  2024年4月1日(第一三共所有株式の21%) ※第一三共所有株式の残り(49%)の株式取得実行日については、別途協議にて決定。

調剤薬局業界のM&A・事業承継の動向はこちら

バイオ・医薬品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、バイオ・医薬品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

クオールホールディングス・第一三共に関連するM&Aニュース

クオールHD、調剤薬局グループ2社を子会社化へ

クオールホールディングス株式会社(3034)は、株式会社行徳ファーマシー(埼玉県さいたま市)および株式会社ボトムハート(東京都豊島区)の株式を100%取得する株式譲渡契約を締結した。クオールホールディングスは、クオール薬局の経営といった保険薬局事業と、医療関連事業を行っている。行徳ファーマシーおよびボトムハートは、調剤薬局を運営している。行徳ファーマシーは調剤薬局6店舗、ボトムハートは調剤薬局2店

クオールホールディングス、調剤薬局運営のダイナを買収

クオールホールディングス株式会社(3034)は、2024年5月16日付で有限会社ダイナ(山梨県甲府市)の株式を100%取得し、グループ化した。クオールホールディングスは、保険薬局事業(調剤薬局「クオール薬局」を経営)、医療関連事業を行っている。ダイナは、山梨県で調剤薬局18店舗運営している。株式取得の理由クオールグループは地域に密着した「かかりつけ薬局」を志向しており、ダイナのグループ化は更なる地

クオールHD、鹿児島県の調剤薬局5店舗運営のケーアイ調剤薬局を買収

クオールホールディングス株式会社(3034)は、有限会社ケーアイ調剤薬局の株式を100%取得しグループ化した。クオールグループは、主力事業の「調剤薬局事業」と、制度に依存しない「医療関連事業」を展開する。ケーアイ調剤薬局は、1991年創業。鹿児島県においえて調剤薬局を5店舗運営する。クオールグループは、中期目標連結売上高3,000億円、営業利益250億円の達成に向け、中核事業である「調剤薬局事業」

クオールホールディングス、調剤薬局3社の全株式を取得

クオールホールディングス株式会社(3034)は、有限会社アート(鹿児島県鹿児島市)、有限会社エイエムメディカル(鹿児島県鹿児島市)、はらいがわ調剤薬局有限会社(鹿児島県鹿屋市)の全株式を取得し、グループ化した。クオールホールディングスは、調剤薬局「クオール薬局」を経営している。医療機関と1対1で出店するマンツーマン出店を基本に展開している。アート、エイエムメディカル、はらいがわ調剤薬局は、鹿児島県

第一三共、2025年4月に完全子会社2社を吸収合併へ

第一三共株式会社(4568)は、完全子会社である第一三共プロファーマ株式会社(東京都中央区)および第一三共ケミカルファーマ株式会社(東京都中央区)を吸収合併することを決定した。第一三共を存続会社、第一三共プロファーマおよび第一三共ケミカルファーマを消滅会社とする吸収合併方式であり、第一三共プロファーマおよび第一三共ケミカルファーマは解散する。第一三共は、医薬品の研究開発、製造、販売等を行っている。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・連結」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

会社売却とは?メリットや成功させるポイント、流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや成功させるポイント、流れを解説

会社売却を行うにあたって、あらかじめ押さえたいポイントがいくつかあります。本記事では会社売却のメリット、流れなど概要をご紹介します。自社の「業種・地域・売上高」の3つを入力するだけで「会社売却をするとしたら、どのような相手が候補に挙がってくるか」が1分でわかる、無料の診断サービスがあります。ぜひご活用ください。会社売却先シミュレーション(無料)を試してみる会社売却とは?会社売却は、経営者が新たなビ

会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

「株式譲渡・子会社・連結」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード