M&Aニュース

日機装の連結子会CE&IGグループ、ドイツCRYOTEC社の株式取得

更新日:

日機装株式会社(6376)の連結子会社であるNikkiso Clean Energy & Industrial Gases Group(米国 カリフォルニア州、以下CE&IGグループ) は、EPC Holding GmbH(ドイツ テューリンゲン州、以下EPCホールディング社)との間で、その傘下企業であるCRYOTEC Anlagenbau GmbH(ドイツ ザクセン州、以下CRYOTEC社) の全株式取得について株式譲渡契約を締結した。

CE&IGグループは、液化ガス関連のプラントエンジニアリング、機器・装置の開発・製造等を行っている。

EPCホールディング社は、産業用機器製造販売を行っている。

CRYOTEC社は、液化ガス・産業ガス関連機器の設計・製造・販売・アフターサービスを行っている。欧州や中近東などを中心に事業を展開している。

本件M&AによりCE&IGグループは、 欧州に液化プラント、 水素ステーションおよびCO2回収ビジネスなどのハブ拠点を擁することとなる。

また、CRYOTEC社においては、グループの販売ネットワークを活用した販売強化など、様々なシナジー効果創出を図っていく。

・今後の予定
株式譲渡実行日 2023年第1四半期内

業務用・産業用機械製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

業務用・産業用機械製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、業務用・産業用機械製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

日機装に関連するM&Aニュース

日機装、CRRT事業子会社Nikkiso Europeなど2社の全株式をシンガポールTYHC Internationalに譲渡

日機装株式会社(6376)は、日機装連結子会社NikkisoEuropeGmbH(ドイツ・ランゲンハーゲン)および日機装(上海)実業有限公司(中国・上海市、以下「日機装(上海)実業」)の全株式をTYHCInternationalPTE.LTD(シンガポール)に譲渡することを目的とした基本契約を締結した。日機装は、産業用特殊ポンプ・システムなどを手掛ける「インダストリアル事業」、CFRP(炭素繊維強

日機装、独・和蘭の連結子会社の全株式譲渡、基本合意へ

日機装株式会社(6376)は、保有する連結子会社のLEWAGmbH(ドイツ、LEWA社)およびGevekeB.V.(オランダ、Geveke社)の全株式を売却することを目的とした基本合意書を締結することを決定した。株式譲渡契約を締結時、株式譲渡の相手先開示予定。日機装は、インダストリアル事業、航空宇宙事業、メディカル事業を展開している。連結子会社LEWA社は、日機装のインダストリアル事業製品の製造・

日機装(6376)、精密機器事業展開の連結子会社マイクロトラック・ ベルおよび Microtrac,Inc. の全株式をオランダのVerder International B.V.に譲渡

日機装(6376)は、連結子会社であるマイクロトラック・ベル株式会社(大阪市)およびMicrotrac,Inc.(アメリカ・ペンシルベニア州)の全株式をVerderInternationalB.V.(オランダ・ユトレヒト州)に譲渡することを決定した。日機装は、推進する事業の一つである精密機器事業において、連結子会社であるマイクロトラック・ベル株式会社およびMicrotrac,Inc.を通じて、粉体

日機装(6376)、Cryogenic Industriesグループ傘下4社の全株式取得

日機装(6376)は、連結子会社である日機装インターナショナル株式会社(東京都渋谷区)及び新設子会社CRYOGENICINDUSTRIESHOLDINGS,INC.(米国カリフォルニア州)を通じて、CryogenicIndustries,Inc.(同州)傘下の4社それぞれの全株式を取得することを決定した。取得価額は合計で約490億円。買収対象の事業会社4社はACD社(米国カリフォルニア州)、Cos

日機装(6376)グループ、米国の深紫外線LED事業 AquiSense社の全株式取得

日機装(6376)は、連結子会社であるNikkisoAmerica,Inc.(米国カリフォルニア州)が、AquiSenseTechnologiesLLC(米国ケンタッキー州、AquiSense社)の発行済み全株式を新たに取得することを決定した。日機装は、水や空気の殺菌・消臭、医療用途の殺菌・治療、表面改質や樹脂/インク硬化用の光源、分析・計測機器向けの光源など、広範な用途での使用が期待される深紫外

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

「株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード