M&Aニュース

アドウェイズ、アドプラットフォーム事業を新設会社ADWAYS DEEEに承継へ

更新日:

株式会社アドウェイズ(2489)は、アドプラットフォーム事業に関する権利義務を、新設分割により新設する株式会社ADWAYS DEEE(東京都新宿区、以下新設会社)に承継させることを決定した。

アドウェイズを分割会社とし、新設会社を承継会社とする新設分割であり、新設会社はアドウェイズの完全子会社となる予定。新設会社は新設分割に際して普通株式9,000株を発行し、その全てをアドウェイズに割当交付する。

アドウェイズは、インターネット広告事業やメディア開発を行っている。

新設会社は、インターネット広告事業を行う予定。

アドウェイズは、アドプラットフォーム事業の中心であるアフィリエイトサービスにおいて、変化が激しい業界の中で、広告主および提携メディアの抱えているニーズや課題に十分に対応できていないという課題を持っていた。

その課題にいち早く対応するためには、経営判断・事業判断が迅速に行える子会社にて事業を展開する事が必要と判断し、本件に至る。

・今後の予定
効力発生日 2023年1月4日

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

インターネット関連サービス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、インターネット関連サービス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

アドウェイズに関連するM&Aニュース

アドウェイズ、孫会社The Swampmanの株式の一部をクラウドナインへ譲渡

株式会社アドウェイズ(2489)は、連結子会社であるUNICORN株式会社(東京都新宿区)が、子会社(アドウェイズの孫会社)であるTheSwampman株式会社(東京都新宿区、以下「Swampman」)の株式の一部を、株式会社クラウドナイン(東京都新宿区)に譲渡することを決議した。アドウェイズは、エージェンシー・アドプラットフォーム・海外・ライフスタイル・DX事業、スタートアップ投資を行う。UNI

アドウェイズ、株式交換により連結子会社2社を完全子会社化へ

株式会社アドウェイズ(2489)は、連結子会社であるUNICORN株式会社(東京都新宿区、以下UNICORN)と株式会社インフルエンサーインベストメントホールディングス(東京都新宿区、以下IIHD)の2社を完全子会社化する株式交換契約を締結した。本株式交換は、アドウェイズを株式交換完全親会社、UNICORNとIIHDの2社をそれぞれ株式交換完全子会社とする株式交換により行う。アドウェイズは、インタ

アドウェイズ、台湾のクリエイティブエージェンシーMATCH Advertisingの株式取得、連結子会社化

株式会社アドウェイズ(2489)の子会社である傑思‧愛德威媒體股份有限公司(台湾台北市、JSAdways)は、事業領域拡大を目的に、台湾のクリエイティブエージェンシーMATCHAdvertising(台湾台北市)を株式取得により連結子会社化することを決定した。アドウェイズは、スマートフォン向け広告事業、インターネット(PC)アフィリエイト広告事業、モバイルアフィリエイト広告事業、メディア開発・運営

アドウェイズ(2489)、インド子会社の持分をGNコンサルティングに譲渡

アドウェイズ(2489)は、子会社であるADWAYSINNOVATIONSINDIAPVT.LTD.(インド)に関するアドウェイズの保有全株式を譲渡する旨を決定し、株式会社GNコンサルティング(東京都新宿区)との間で株式譲渡契約を締結した。譲渡価額は1円。株式所有割合は99.23%から0.0%となる。引き続き子会社においては0.77%を保有する。ADWAYSINNOVATIONSINDIAPVT.

アドウェイズ(2489)、YouTuber広告特化の効果測定ツール提供会社BUZZCASTと資本業務提携

アドウェイズ(2489)は、株式会社BUZZCAST(東京都豊島区)と資本業務提携した。アドウェイズは、アフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全世界対応のスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」を展開している。BUZZCASTは、YouTuber広告に特化した効果測定ツール「BUZZC

この記事に関連するタグ

「新設分割・会社分割・事業承継」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

事業承継
「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。国内7ヶ所(東京・大阪・名古屋・福岡・広島・北海道・沖縄)に営業拠点を構えるほか、2023年から「地方創生プロジェクト」として新潟、宮城、茨城において、より多くの経営者様の課題解決に向けご支援を行っています。地方創生プロジェクトの第四弾となる「しずおか経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きまし

従業員の高齢化。企業への影響と対策を解説

事業承継
従業員の高齢化。企業への影響と対策を解説

少子高齢化は市場経済だけでなく、企業に勤務する従業員にも大きな影響を与えています。若年層の人材の確保が進まず、すでに建築業などでは従業員の高齢化が急速に進んでいます。少子化社会は今後も長期にわたり続くことが見込まれていることから、さらに多くの業界に同様の現象が波及していくことが予想されます。本記事では、従業員の高齢化が進んだ場合、企業にどのような影響が生じるのか、対策や解決策としてのM&Aについて

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

経営・ビジネス
所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

日本の中小企業では、出資者である株主が経営者を兼務する「オーナー企業」の形態をとるケースが多く見られます。本記事では、所有と経営の分離について、そのメリットやデメリット、所有と経営の分離を行う方法などについて解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタン

「新設分割・会社分割・事業承継」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年11月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード