M&Aニュース

グローリー、高齢者施設見守りシステムを提供するエコナビスタと資本業務提携契約締結

グローリー株式会社(6457)は、エコナビスタ株式会社(東京都千代田区)と資本業務提携契約を締結した。

グローリーは、通貨処理機・セルフサービス機器の開発・製造・販売・保守、電子決済サービス、生体認証ソリューション、ロボットSIなどの提供を行っている。

エコナビスタは、睡眠解析技術(スリープテック)をベースとしたSaaS型高齢者施設見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」の提供を行っている。

グローリーは、2019年11月にエコナビスタと業務提携を実施し、「ライフリズムナビ+Dr.」にグローリーの画像認識技術を組み合わせ、介護・福祉施設向けに製品の共同開発を行ってきた。
本提携により、さらに下記のシナジー効果の創出を図る。

・両社の顧客基盤を活⽤したクロスセルによる介護・医療市場におけるシェア拡⼤
・両社の技術とデータの相互利⽤による居室内事故の未然予防や認知症早期発⾒等のヘルスケア分野における社会課題解決のための新たなソリューション開発
・グローリーの⽣産⼒と保守サービスを活⽤した収益性の向上

業務用・産業用機械製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

グローリーに関連するM&Aニュース

グローリー、金融機関向けシェアードサービス提供の英OneBanks Hubに追加出資実施

グローリー株式会社(6457)は、UnifiedFinancialLimited(イギリス・スコットランド、「OneBanksHub」として事業展開している)に追加出資を実施した。グローリーは、通貨処理機・セルフサービス機器の開発・製造・販売・保守、電子決済サービス、生体認証ソリューション、ロボットSI等の提供を行っている。OneBanksHubは、金融機関向けの「シェアードサービス※」事業を行っ

グローリー、無人決済システムソリューションを展開するTOUCH TO GOと資本業務提携締結

グローリー株式会社(6457)は、株式会社TOUCHTOGO(東京都港区、TTG)と、無人決済システムソリューションの市場展開において、資本業務提携に関する契約を締結した。グローリーは、通貨処理機、情報処理機および通貨端末機器、自動販売機、自動サービス機器などの開発・製造・販売・メンテナンス事業を展開している。TOUCHTOGOは、小売店舗の労働力不足、地域店舗の維持等の課題を解決する無人決済シス

グローリー、ドイツの連結子会社の保有株式をオンライン電子マネー決済開発事業等を行うpaysafecard社に譲渡へ

グローリー株式会社(6457)は、連結子会社であるviafintechGmbH(ドイツ、viafintech社)のグローリーが保有している全株式をpaysafecard.comWertkartenGmbH(オーストリア、paysafecard社)に譲渡し、paysafecard社とパートナーシップ契約を締結することを決定した。本件に伴い、viafintechは、グローリーの連結子会社から除外される

グローリー、飲食業界に特化した経営支援のソリューション事業を行うリディッシュと資本業務提携

グローリー株式会社(6457)は、リディッシュ株式会社(東京都港区)と資本業務提携契約を締結した。グローリーは、通貨処理機、情報処理機および通貨端末機器、自動販売機、自動サービス機器などの開発・製造・販売・メンテナンス事業を展開している。リディッシュは、飲食業界に特化した経営支援のソリューション事業を行っている。本提携により、グローリーは、リディッシュの保有するデータとグローリーのDMP(データマ

グローリー(6457)、IoTとAIを軸に事業を展開するアドインテと資本業務提携

グローリー株式会社(6457)は、株式会社アドインテ(京都府京都市)と資本業務提携を行うことを決定した。グローリーは、「長期ビジョン2028」における新事業領域拡大に向け、「データアナリティクス技術」を活用し、社会が求める価値を実現するデジタルトランスフォーメーションの展開を推進している。アドインテは、データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)とマーケティング・オートメーション(MA)を軸に

この記事に関連するタグ

「資本業務提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード