M&Aニュース

エーザイ、連結子会社のサンプラネットを株式交換により完全子会社化へ

エーザイ株式会社(4523)は、連結子会社である株式会社サンプラネット(東京都文京区)を、簡易株式交換により完全子会社化することを決定した。
エーザイを株式交換完全親会社とし、サンプラネットを株式交換完全子会社とする株式交換。サンプラネットの普通株式1株に対して、エーザイの普通株式52株を割当交付する。

エーザイは、医薬品の研究開発・製造・販売および輸出入を行っている。

サンプラネットは、エーザイに対する医療・健康・環境分野に関わるビジネス・サービス提供を主要事業として行っている。

本件M&Aにより、エーザイは、グループの一体性を強化するとともに、サンプラネットの事業の選択と集中を迅速に実行し、エーザイに対するビジネス・サービス支援機能の深化を図る。

・今後の予定
株式交換の効力発生日 2022年9月1日

バイオ・医薬品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

エーザイに関連するM&Aニュース

エーザイ、ソフトウェア企画・開発会社Arteryexの株式取得、子会社化

エーザイ株式会社(4523)は、ソフトウェア企画・開発会社であるArteryex株式会社(東京都千代田区)について、株式買取ならびに第三者割当増資の引受けによって過半数の株式を取得し、子会社化した。エーザイは、医薬品の研究開発、製造、販売および輸出入を行っている。Arteryexは、医療、ヘルスケア領域におけるシステム・アプリケーションソフトウェアの企画・開発を行っている。エーザイは、Artery

日医工(4541)、エーザイ(4523)と資本業務提携

日医工(4541)は、エーザイ(4523)と資本業務提携に関する戦略提携契約及び株式譲渡契約を締結し、エルメッドエーザイ株式会社(東京都豊島区)の全株式を日医工とエーザイの戦略提携の進捗達成を条件に段階的に取得し、子会社化することを決定した。取得価額は17,000百万円。エルメッドエーザイは、付加価値型ジェネリック医薬品の研究開発、製造、販売等を行っている。本件M&Aにより、日医工は、エーザイが進

エーザイ(4523)、米国の血小板減少症治療剤開発子会社をPBMキャピタルグループへ譲渡

エーザイ株式会社(4523)は、米国子会社であるエーザイ・インクが、同社の保有するAkaRx,Inc.(AkaRx)の全株式をPBMキャピタルグループ(米国バージニア州)に譲渡する旨の株式譲渡契約を締結した。本株式譲渡に伴い、エーザイ・インクは、AkaRxが所有する血小板減少症治療剤avatrombopagに関する全世界を対象とした開発・販売・製造権をPBMキャピタルグループに譲渡する。エーザイは

アルフレッサHD(2784)、エーザイ(4523)子会社の株式取得

アルフレッサホールディングス株式会社(2784)は、エーザイ株式会社(4523)の連結子会社であるサンノーバ株式会社(群馬県太田市)の医薬品製造販売事業を承継する吸収分割承継会社の株式を取得し、子会社とする契約をエーザイと締結した。アルフレッサグループは、医薬品等製造事業の規模拡大と収益基盤の強化を目指している。サンノーバは、高度な生産体制および品質管理体制のもと、エーザイグループ各社の医薬品の製

エーザイ(4523)、子会社エーザイフード・ケミカルを三菱ケミカルHD(4188)子会社へ譲渡

エーザイ株式会社(4523)は、発行済株式の100%を保有する子会社エーザイフード・ケミカル株式会社(東京都中央区)の全株式を譲渡する旨の株式売買契約を、株式会社三菱ケミカルホールディングス(4188)グループで三菱化学株式会社の子会社である三菱化学フーズ株式会社(東京都千代田区)と締結した。エーザイフード・ケミカルは、エーザイの食品・化学事業部が分社化して設立され、医薬・化粧品原料、食品・食品添

この記事に関連するタグ

「株式交換・子会社」に関連するコラム

株式交換とは?実施するメリット・デメリットや手続き、企業事例を解説

M&A全般
株式交換とは?実施するメリット・デメリットや手続き、企業事例を解説

企業間で行われる組織再編の方法の一つに株式交換があります。株式交換とは、完全親・子会社の関係を作り出せる方法であり、企業グループ内の組織再編や上場企業のM&Aなどで頻繁に用いられています。本記事では、株式交換の基礎の基礎からメリット・デメリットを整理した上で、株式交換を行う場合の具体的な流れや会計処理・著名企業の実例などについて解説していきます。株式交換とは?株式交換とは、売り手側の全株式を買い手

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

日本M&Aセンター成約事例にみる株式交換スキーム成功のポイント

M&A全般
日本M&Aセンター成約事例にみる株式交換スキーム成功のポイント

中堅中小企業M&Aにおける株式交換スキームの活用状況日本M&Aセンターでは、上場企業が買い手となるM&A案件の成約を数多く支援している。そのうち株式交換スキームを用いたのは、2013年度で4件、その以前3年間で1件であったことを考えれば、株式交換スキームがここにきて注目を浴びてきていることがわかる。成約には至らなかったが、交渉過程で株式交換スキームを検討するケースは数多い。この背景には、やはり金庫

企業買収における金庫株の戦略的活用

M&A全般
企業買収における金庫株の戦略的活用

2001年に本格的に金庫株が解禁されて以来およそ13年が経過。積極的な事業投資の方向性が定まらない企業では、持ち合い解消の受け皿、自社株の買い支え、株主還元施策の一環といった、“余剰”キャッシュの消極的な活用方法の一つとしてこの制度が利用されてきた。一方で、アベノミクスの効果等による株式市場の活性化もあって、いまや様々な経緯で積みあがった金庫株は全体で16兆円と、上場株式の時価総額430兆円と比較

M&Aにおける株式交換活用のメリットと法的規制のポイント

M&A法務
M&Aにおける株式交換活用のメリットと法的規制のポイント

株式交換の仕組み株式交換とは、既存の会社間において100%親子関係を構築する組織再編手法であり、100%子会社(完全子会社)となる会社の発行済株式の全部を100%親会社(完全親会社)となる会社に取得させる行為をいう。すなわち、株式交換により、完全子会社となる会社の株主が有する全ての株式が完全親会社となる会社に移転し、それと引換えに、当該株主には完全親会社となる会社の株式等の財産が交付されることにな

「株式交換・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード