M&Aニュース

トランコムの連結子会社トランコムITS、アクセンチュアへ外販事業を譲渡

トランコム株式会社(9058)は、連結子会社のトランコムITS(愛知県名古屋市)が、外販事業をアクセンチュア株式会社(東京都港区)に譲渡することを決定した。
トランコムITSの完全子会社として新たに設立された会社に対して、外販事業を吸収分割の方法で承継させた上で、当該新会社の全株式をアクセンチュアに譲渡する。

トランコムは、物流センター構築運営サービス、輸送マッチング・配送サービス、生産請負・人材派遣サービスを展開している。

トランコムITSは、コンサルティングサービス、インフラ適用サービスシステム設計開発および運用保守サービスなど事業を展開。製造、情報通信などの外部顧客向けシステムインテグレーション事業(SI事業)を行っている。

アクセンチュアは、総合コンサルティング会社。ストラテジー&コンサルティング、インタラクティブ、テクノロジー、オペレーションズの4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供している。

物流DXにおいてIT技術を活用したサプライチェーン改革が求められている背景を元に、トランコムITSがアクセンチュアの一員として新たな技術や機会を獲得し、その専門性を高めていくことが最善であると判断し本決定に至る。
今後、トランコムとアクセンチュアは、新たなものづくりの構築およびそれを支える物流DXの実現に向けた共同ソリューション開発や、新たなDXソリューション構築にかかる協業を推進していく。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2022年7月1日

トランコムに関連するM&Aニュース

トランコム、宅配型トランクルームサービスを提供するエアトランクと資本業務提携

トランコム株式会社(9058)は、株式会社エアトランク(東京都千代田区)と資本業務提携契約を締結しました。トランコムは、物流センター構築運営サービス、輸送マッチング・配送サービス、生産請負・人材派遣サービスを行っている。エアトランクは、Webメディア/コンテンツの開発・運営・管理、宅配型トランクルームの運営を行っている。日本初集荷・配送無料のオンデマンド宅配型トランクルームサービス「AIRTRUN

トランコム(9058)、AI・ロボティクス・IoTなど中国先進技術を日本国内へ導入を行うChinoh.Aiと資本業務提携

トランコム株式会社(9058)は、Chinoh.Ai株式会社(東京都千代田区、Chinoh.Ai)と資本業務提携契約を締結した。トランコムおよびトランコムグループは、3PL事業、物流拠点間の幹線トラック便の求貨求車マッチング事業、製造領域での人材派遣事業をコア事業として、物流パートナー企業と一体となった輸配送ネットワークを構築している。また、物流センター運営における省人化を目的としたケースピッキン

日野自動車(7205)、物流センター構築運営などを手掛けるトランコム(9058)と資本業務提携

日野自動車株式会社(7205)は、物流センター構築運営などを手掛けるトランコムと資本業務提携を行うことについて決定した。日野自動車がトランコムの発行済株式のうち約5,000万円分を取得予定。12月4日に発表したトランコムによる日野の子会社NEXTLogisticsJapan株式会社(東京都新宿区)への出資と合わせ、日野グループと相互出資となる。日野自動車は、トヨタ自動車の連結子会社で主にトラック・

トランコム(9058)、シンガポールのビルクリーニング会社Sergent Services Pte Ltdの株式90%取得

トランコム(9058)は、SergentServicesPteLtd(シンガポール、SS社)の発行済株式90%を現株主3名より取得することについて、株式譲渡契約の締結を決定した。取得価額は1,101百万円。トランコムグループは、3PL事業、物流拠点間の幹線トラック便の求貨求車マッチング事業、製造領域での人材派遣事業をコア事業として、物流パートナー企業と一体となった輸配送ネットワークを構築している。

トランコム(9058)と丸和運輸機関(9090)、戦略的資本業務提携へ

トランコム(9058)と丸和運輸機関(9090)は、戦略的資本・業務提携に関する基本合意書の締結を決定した。両社は、各々5億円を目安に相互に株式を取得する。トランコムは、3PL事業、物流拠点間の幹線トラック便の求貨求車マッチング事業、人材派遣事業を中核事業として、国内外で事業基盤を拡大している。丸和運輸機関は、全国を基盤に小売業に特化した3PLに加えて「桃太郎便」ブランド及びAZ-COM丸和・支援

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・吸収分割・事業譲渡」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

「株式譲渡・吸収分割・事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード