M&Aニュース

テレビ東京HD、子会社間で吸収合併

株式会社テレビ東京ホールディングス(9413)は、子会社である株式会社テレビ東京コマーシャル(東京都港区)が、同子会社の株式会社テレビ東京ヒューマン(東京都港区)を吸収合併し、新たに会社を設立することを発表した。

本件は、テレビ東京コマーシャルを存続会社、テレビ東京ヒューマンを消滅会社とする吸収合併方式とする。 株式の発行または金銭等の割り当てはない。

テレビ東京HDは、株式等の保有を通じて企業グループの統括・運営等を行う認定放送持株会社。
テレビ東京コマーシャルは、CMスタンバイ、編集、字幕制作を行っている。
テレビ東京ヒューマンは、放送素材進行、編集、映像保存を行っている。

本件により、テレビ東京HDは、効率的なグループ組織を構築していく。
また、受託領域拡大を推進させ、グループの成長分野へ人材シフトさせることから、グループ全体の成長と収益力強化を目指す。

新社名は、社員による公募で決定予定(4月中旬)。地上波、BS波、CS波、映像配信分野を問わずメディア運用全体にわたり、グループ事業支援子会社を目指す。

・今後のスケジュール
テレビ東京コマーシャルの自己株式取得による完全子会社化 2022年4月1日
合併契約締結日 2022年5月中旬
効力発生日 2022年7月1日

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A・事業承継の動向はこちら

テレビ東京ホールディングスに関連するM&Aニュース

テレビ東京HD、アニメ専門のCS放送『AT-X』を運営するエー・ティー・エックスより株式取得、完全子会社へ

株式会社テレビ東京ホールディングス(9413)は、アニメ専門のCS放送『AT-X』を運営する株式会社エー・ティー・エックス(東京都港区)を完全子会社にした。本件では、テレビ東京HD傘下の株式会社テレビ東京(東京都港区)と株式会社テレビ東京メディアネット(東京都港区)を通じて保有していた52.58%の株式に加え、テレビ東京がグループ外の企業が持つ全てのエー・ティー・エックスの株を追加取得した。取得価

テレビ東京ホールディングス(9413)のデジタル戦略事業子会社、経済特化のプロダクション「Zeppy」と資本業務提携

テレビ東京ホールディングス(9413)グループの株式会社テレビ東京コミュニケーションズ(東京都港区)は、株式会社Zeppy(東京都千代田区)と資本業務提携した。テレビ東京コミュニケーションズは、YouTubeへの動画サービスに対してテレビ東京、BSテレビ東京との連動を主軸とした広告領域の拡大を推進している。Zeppyは、投資、経済に特化したWEB動画コンテンツの制作事業を主力に展開している。経済イ

テレビ東京ホールディングス(9413)、メディアプラットフォーム「note」運営のピースオブケイクと資本業務提携

テレビ東京ホールディングス(9413)は、株式会社ピースオブケイク(東京都港区)と、資本業務提携契約を締結した。テレビ東京HDはピースオブケイクに約3%出資する。ピースオブケイクは、⽉間1,000万⼈のユニークユーザーを持つメディアプラットフォーム「note」やコンテンツ配信サイト「cakes」を運営し、アニメ、⼩説などのクリエーターがコンテンツを発信している。本件M&Aにより、テレビ東京HDは、

この記事に関連するタグ

「選択と集中・吸収合併・子会社・グループ内再編」に関連するコラム

日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

M&A全般
日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は日立製作所の子会社、日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年4月下旬に行われました。日立製作所が日立物流を売却へ、その背景とは?西川:このところ大きなM&Aリリースはな

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

M&A全般
合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

本記事では、企業の合併に関する基本事項を整理し、メリットやデメリット、合併のための必要な手続きなどについてご紹介します。合併とは合併とは、複数の会社が法的に1つの会社になることです。合併はM&Aの手法の一つです。実務的には完全子会社化した後、一定の時間をおいてから合併が行われるケースが多く見られます。合併と買収の違いは?買収とは、他企業を支配する目的で株式などを取得し、議決権の過半数以上を買い取る

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード