M&Aニュース

東京センチュリー、MIRAI-LABOと資本業務提携、合意

東京センチュリー株式会社(8439)は、バッテリーの診断評価・リユース事業等を展開するMIRAI-LABO株式会社(東京都八王子市)と資本業務提携を行うことに合意した。

東京センチュリーは、国内リース事業、国内オート事業、スペシャルティ事業、国際事業を展開している。

MIRAI-LABOは、環境プラットフォームの構築、太陽光路面発電技術、リユースEV バッテリー技術、バッテリーの無瞬断切替技術、省エネ照明技術などを軸とした自律型MaaSコアプロダクツの開発・提供など、事業を展開している。

本提携により、東京センチュリーは、MIRAI-LABOの使用済みバッテリー診断評価技術を活かしたEV(乗用車、トラック等)のリース・レンタルビジネスの一層の強化と事業拡大を図る。
また今後、EVバッテリーのリユース・リサイクルなど、環境に配慮したモビリティサービスの拡充・提供にも注力していく。

證券・投資・その他金融業界のM&A・事業承継の動向はこちら

東京センチュリーに関連するM&Aニュース

東京センチュリー、ふくおかフィナンシャルグループと資本業務提携締結

東京センチュリー株式会社(8439)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(8354、FFG)と、資本業務提携を締結した。東京センチュリーは、FFG傘下の十八総合リース株式会社(長崎県長崎市)の株式の一部取得(持分法適用関連会社化)、および十八総合リースと業務提携を行う。取得割合は、25%。十八総合リースは、FFGの戦略子会社としてさらなるリース事業拡大に向けて、商号をFFGリース株式会社とし

東京センチュリー、シエル・テールグループの⽔上太陽光発電事業に参画

東京センチュリー株式会社(8439)と、シエル・テール(フランス)は、シエル・テール・ジャパンが開発した⽇本の⽔上太陽光発電事業に参画する。東京センチュリーは、日本の大手総合リース会社。⾦融・サービス企業として、太陽光発電をはじめとする再⽣可能エネルギー事業に積極的に取り組み、⽇本を中⼼に再⽣可能エネルギー事業を運営している。シエル・テールと、東京センチュリーの連結⼦会社である京セラTCLソーラー

東京センチュリーの連結子会社、米国ディーラー会社Work Truck Direct, Inc.の全株式取得、完全子会社化

東京センチュリー株式会社(8439)の連結子会社であるTokyoCentury(USA)Inc.(アメリカ・ニューヨーク州、TCUSA)は、WorkTruckDirect,Inc.(アメリカ・オレゴン州、WTDEquipment)の全株式を取得し、完全子会社とした。東京センチュリーは、国内リース事業(情報通信機器・事務機器、工場設備、建設機械、商業用機器等)、国内オート事業(法人・個人向けオートリ

NTT(9432)、東京センチュリー(8439)と資本業務提携

日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、東京センチュリー株式会社(8439)との資本業務提携に合意した。NTTグループの金融中核会社であるNTTファイナンスが新たに設立する新会社NTT・TCリース株式会社に対し、リース事業及びグローバル事業の一部を分社型吸収分割の方法により承継させた後、東京センチュリーが新会社の株式を取得することにより、新会社を合弁会社化する。また、NTTは東京センチュリーの

東京センチュリー(8439)、米国航空機リース会社Aviation Capital Group株式を追加取得し完全子会社化

東京センチュリー(8439)は、連結子会社TCSkywardAviationU.S.,Inc.(米国コロラド州、SKY-U)の持分法適用関連会社であるAviationCapitalGroupLLC(米国カリフォルニア州、ACG)の持分取得・完全子会社化を決定し、またACG親会社のPacificLifeInsuranceCompany(米国カリフォルニア州、PacificLife)と持分譲渡契約を締

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード