M&Aニュース

武田薬品工業、英国Adaptate Biotherapeuticsを買収

武田薬品工業株式会社(4502、武田薬品)は、Adaptate Biotherapeutics (イギリス、Adaptate社)を買収するオプション権を行使した。

本件に伴い、Adaptate社の新規の抗体ベースのガンマデルタ(γδ)T細胞エンゲージャープラットフォームが武田薬品の自然免疫に着目したがん免疫治療のポートフォリオに加わる。

武田薬品は、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品事業を展開している。

Adaptate社は、GammaDelta Therapeutics Limitedのスピンアウト企業としてAbingworth LLP社と武田薬品からの投資を受け設立。英国に本拠を置き、可変デルタ1(Vδ1)ガンマデルタ(γδ)T細胞を修飾し抗体ベースの治療薬の開発を進めている。

本件により、武田薬品は、革新的なγδT細胞ベースの治療薬の開発をさらに加速させる。

バイオ・医薬品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

武田薬品工業、中国で販売しているノン・コアの医療用医薬品ポートフォリオを中国企業に譲渡へ

武田薬品工業株式会社(4502)は、中国で販売しているノン・コアの医療用医薬品ポートフォリオを、中国合肥市肥東県が出資し、RayCapitalManagementLimited1(RayCapital)が設立したHastenBiopharmaceuticCo.,Ltd.(中国、Hasten社)に譲渡する契約を締結した。譲渡価額は、3億2,200万米ドル。武田薬品工業は、医薬品等の研究開発・製造・販

Takeda、欧州及びカナダで販売するノン・コア資産である一部の医療用医薬品をCheplapharm社に譲渡へ

武田薬品工業株式会社(4502、Takeda)は、主に欧州およびカナダにおいて販売するTakedaのノン・コア資産である一部の医療用医薬品について、Cheplapharm社(ドイツ)に譲渡する契約を締結した。Takedaは、医薬品等の研究開発・製造・販売・輸出入事業を展開している。Cheplapharm社は、ドイツに本社を置く医薬品企業、25年にわたり医療用医薬品を他社から導入し、自社の製品として

武田薬品工業、「アリナミン」開発の連結子会社を米国投資会社ブラックストーングループへ株式譲渡

武田薬品工業(4502)の連結子会社である武田コンシューマーヘルスケア株式会社(東京都千代田区、TCHC社)の全株式を、TheBlackstoneGroupInc.とその関係会社(アメリカ、Blackstone)が運用するプライベート・エクイティ・ファンドが管理する買収目的会社OscarA-Co株式会社(東京都千代田区)に譲渡することを決定し、譲受会社との間で株式譲渡契約を締結した。本件に伴い、T

武田薬品工業(4502)、中近東・アフリカの一部の一般用医薬品等をAcino社に譲渡

武田薬品工業(4502)は、GrowthandEmergingMarketsBusinessUnitが担当する中近東・アフリカの多くの国々において、一部の一般用医薬品と医療用医薬品のポートフォリオを総額2億米ドル以上でスイスの製薬企業Acino社に譲渡する契約を締結した。武田薬品工業は、中近東・アフリカで販売しているノンコア資産の売却に関して、ポートフォリオの最適化、主要ビジネスエリアへの投資、レ

武田薬品工業(4502)、武田ラビックスの全株式をハムリーに譲渡

武田薬品工業(4502)とハムリー株式会社(茨城県古河市)は、武田薬品が保有する株式会社武田ラビックス(本神奈川県藤沢市)の全株式を、ハムリー社に譲渡する契約を締結した。武田薬品工業は、「オンコロジー(がん)」「消化器系疾患」「中枢神経系疾患」の3つの疾患領域と「ワクチン」に関する研究開発体制の強化に取り組んでいる。武田ラビックスは、武田薬品に対して実験動物の飼育管理、モデル動物の繁殖・供給、実験

武田薬品工業(4502)、米国のがん治療薬開発・販売のARIAD社の全株式取得

武田薬品工業(4502)とARIADPharmaceuticals,Inc.(マサチューセッツ州ケンブリッジ、ARIAD社)は、武田薬品がARIAD社の発行済全株式を取得し、ARIAD社を買収することで合意した。武田薬品工業は、100%子会社である武田ファーマシューティカルズUSAInc.が設立した買収目的会社KikuMergerCo.,Inc.により、ARIAD社の発行済全株式の公開買付けを行い

富士フイルムHD(4901)傘下の富士フイルム、武田薬品工業(4502)子会社の和光純薬工業へ株式公開買付け(TOB)

富士フイルムHD(4901)傘下の富士フイルム株式会社(東京都港区)は、武田薬品工業(4502)の連結子会社である和光純薬工業株式会社(大阪市中央区)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。富士フイルムは、現在、和光純薬工業株式の9.71%を所有している。富士フイルムは、和光純薬工業を完全子会社とすることを目的として本件を実施する。本公開買付けの実施にあたり、富士フイルムは、

武田薬品工業(4502)、水澤化学工業の株式を大阪ガス(9532)の子会社に譲渡

武田薬品工業株式会社(4502)は、保有する水澤化学工業株式会社(東京都中央区)の全株式(議決権所有割合54.2%)を、大阪ガス株式会社(9532)の100%子会社である大阪ガスケミカル株式会社(大阪市西区)に譲渡することを決定した。水澤化学は、活性白土を主要製品とする吸着機能材および樹脂用機能性フィラーと、塩化ビニル用安定剤を主要製品とする樹脂添加剤の製造・販売を中心に行っている。武田薬品工業は

「買収・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

東南アジアM&A最前線:シンガポールから

海外M&A
東南アジアM&A最前線:シンガポールから

日本M&Aセンターは2016年、シンガポールに初めての海外拠点を設けました。当初は、私が立上げ部隊として1人でスーツケース1つだけで現地に移住し、ゼロからの中堅・中小M&Aビジネスを開拓していきました。おかげさまで現地でも我々のサービスは受け入れられ、実績を積み上げ事業も拡大し、現在は10人ほどのメンバーで活動をしております。今回は、そんなシンガポールの中堅・中小M&A最新事情を現場の視点でお送り

過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

海外M&A
過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

まずタイ王国における2月初旬時点での新型コロナの感染状況は、感染者数は増加傾向(※)にありますが、タイ政府は新型コロナとの共存へ舵を切り始めました。※2022年2月執筆時の情報中所得国の罠とは中所得国の罠(Middle-IncomeTrap)は2007年に世界銀行のレポートである「東アジアのルネッサンス」(AnEastAsianRenaissance-IdeasforEconomicGrowth)

時代は変わりつつある、タイのM&A

海外M&A
時代は変わりつつある、タイのM&A

多くの方が旅行で訪れたことがあるであろうタイ王国。欧米列強が東南アジアに攻め込んでいた時代、独立を守り抜いた唯一の国でもある。そのような歴史のあるタイでのM&Aはどうなのか?数字には表れていないM&A現場をお伝えします。2021年11月、タイ王国駐在員事務所を新規開設2021年11月8日、日本M&AセンターはASEAN地域5か国目の新拠点としてタイ王国駐在員事務所を開設しました。日系企業によるAS

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード