M&Aニュース

CYBERDYNE、米国完全子会社通じてRISE Physical Therapy,Inc.を買収、子会社化へ

CYBERDYNE株式会社(7779)は、米国完全子会社のCYBERDYNE USA Inc.(アメリカ)を通じて、RISE Physical Therapy,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、RISE)を買収して子会社化することについて、基本合意書を締結した。

業務用・産業用機械製造業界のM&A

CYBERDYNEは、米国子会社が発行済株式の80%を保有する新会社(NewCo社)を設立し、このNewCo社がRISE社を統括・管理することにより、RISE社を連結子会社化する予定。

CYBERDYNEは、医療福祉機器および医療福祉システムの研究開発をはじめとし、HAL®を活用したサイバニクス治療のサービス事業の展開準備を進めている。

RISEは、外来理学療法クリニックの運営、16カ所の外来リハビリテーション拠点を有している。

本件M&Aにより、CYBERDYNEは、RISEを中核にHAL®による治療サービス事業を展開し、世界最大の米国市場における革新的サイバニクス治療普及のスピードアップを図る。

・今後のスケジュール
契約締結日 2021年11月末
株式譲渡実行日 2021年11月末

この記事に関連するタグ

「買収・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

CYBERDYNE(7779)、プレキシオンより光音響イメージング事業を譲り受け

CYBERDYNE(7779)は、株式会社船井興産の子会社であるプレキシオン株式会社(東京都千代田区)より、同社のPAI(光音響イメージング)事業の譲受を決定した。プレキシオンは、歯科用医療診断装置の開発、製造、輸出入及び販売を行っている。本件M&Aにより、CYBERDYNEは、医療分野の新しい画像診断デバイスの開発に向けた技術の強化を図る。

CYBERDYNE(7779)、医療用電子血圧計開発の志成データムと資本業務提携

CYBERDYNE(7779)と株式会社志成データム(東京都町田市)は、脳卒中・心筋梗塞等の生活習慣病の予防ビジネスについて、業務・資本提携を実施した。CYBERDYNEは、医療、福祉、生活分野におけるサイバニクス技術の活用を推進しており、ロボットスーツHAL®を開発した。その後、人工知能・環境認知機能を搭載した搬送ロボット・清掃ロボット、腰部負荷を低減するHAL腰タイプ等、新製品の開発を進めてい

CYBERDYNE(7779)、「3D触力覚技術」研究・開発のミライセンスと資本業務提携

CYBERDYNE(7779)と株式会社ミライセンス(茨城県つくば市)は、サイバニクス分野における「3D触力覚技術」応用に関する共同開発を前提として、業務資本提携を行った。サイバニクスとは、医療、福祉、生活分野を対象に、人と情報系とロボット系を機能的に繋ぎ、物理的・情報的・生理的インタラクションの実現に取り組む新しい学術分野。CYBERDYNEは、サイバニクス技術を活用した革新的サイバニックシステ

「買収・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード