M&Aニュース

大日本住友製薬の米国連結子会社、100%子会社 SPE社の全株式をInflexion社に譲渡

更新日:

大日本住友製薬株式会社(4506)の米国連結子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(アメリカ、サノビオン社)は、サノビオン社の100%子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッド(イギリス、SPE社)の全株式をInflexion Private Equity Partners LLP(イギリス、Inflexion社)の特別買収目的会社に譲渡する契約を締結し、株式の譲渡を行った。

大日本住友製薬は、医療用医薬品、食品素材・食品添加物、動物用医薬品等の製造および販売を行っている。

SPE社は、欧州における医療用医薬品の製造、販売を行っている。
子会社のInflexion社は、プライベート・エクイティを行っている。

本件により、大日本住友製薬グループは、地域戦略として、日本、北米、中国・アジアでの販売に注力し、欧州を含む他の地域については他社との提携による成長を目指す。

バイオ・医薬品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

住友ファーマに関連するM&Aニュース

住友ファーマ、子会社FrontActへのフロンティア事業承継などを発表

住友ファーマ株式会社(4506)は、2024年5月9日開催の取締役会において、住友ファーマのフロンティア事業を分割し、2024年4月1日に設立した住友ファーマの完全子会社であるFrontAct株式会社(東京都中央区、以下「FrontAct社」)に承継させること(以下「本吸収分割」)を決議した。また、FrontAct社は、2024年4月16日に株式会社メルティンMMI(東京都中央区)とメディカル事業

住友ファーマ、米国グループ会社を再編へ

住友ファーマ株式会社(4506)は、米国グループ会社の再編を決定した。住友ファーマの主力製品「ラツーダ」の米国での独占販売期間終了後の持続的成長に向けた取組の一環。以下の米国子会社および孫会社7法人をSunovionPharmaceuticalsInc.(米国マサチューセッツ州)を存続会社として合併し、1つの事業会社に再編する。【再編概要】SunovionPharmaceuticalsInc.Su

三井物産、住友ファーマアニマルヘルスの全株式取得へ

三井物産株式会社(8031)は、住友ファーマ株式会社(4506)が保有する、住友ファーマアニマルヘルス株式会社(大阪府大阪市)の全株式を取得する。三井物産は、三井グループの総合商社。各分野の多種多様な商品を販売している。住友ファーマアニマルヘルスは、国内を中心に、動物向けの医薬品開発・製造販売等を行っている。動物用医薬品・ワクチン等から構成されるアニマルヘルスのグローバル市場は現在4兆円超で、タン

大日本住友製薬及び中国子会社 住友制葯(蘇州)、中国等においてSinovant が有する開発化合物の権利譲受け

大日本住友製薬株式会社(4506)および中国子会社である住友制葯(蘇州)有限公司(中国蘇州市、住友制葯(蘇州))は、RoivantSciencesLtd.(イギリス・ロンドン、Roivant)、その子会社であるRoivantChinaHoldingsLtd.(バミューダ)およびその子会社であるSinovantSciencesHKLimited(香港、SinovantHK)との間で、Sinovant

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

親族内や自社の内外に後継者としてふさわしい人物が見つからないオーナー経営者にとって、最終的に残される選択肢は2つしかありません。ひとつは廃業で、そしてもうひとつは会社の売却です。本記事では、会社売却の近況や会社を売るメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード