ナイス、ヤマダホールディングスと企業価値の向上を目的に資本業務提携、第三者割当による新株式発行

ナイス株式会社(8089)は、株式会社ヤマダホールディングス(9831)との間における資本業務提携契約の締結を決定し、ナイスはヤマダHDに対し、第三者割当による新株式の発行を行うことを決定した。
調達資金の額は、3,920百万円。
ナイスは、第三者割当により、ヤマダHDに対し、普通株式2,100,000株(第三者割当増資後の所有議決権割合18.49%、自己株式を除く発行済株式総数に対する所有割合18.30%)を割り当てる。

建材・金属材料等卸売業界のM&A

ヤマダHDは、グループ経営戦略の企画・立案およびグループ会社の経営管理・監督、グループ共通業務などを行っている。

ナイスグループは、建築資材事業、住宅事業、木造建設事業、関連事業、海外事業を行っている。

本提携により、ナイスとヤマダHDは、ヤマダHDが住建事業で展開する株式会社ヤマダホームズ等の一戸建を中心とした住宅産業と、ナイスの建築資材事業における木材をはじめとした住宅一棟分の資材の一括受注および総合物流機能のシナジーを発揮させ、相互の競争力および取引の強化・拡充と、それぞれの企業価値の向上を目指す。

・今後のスケジュール
払込期日 2021年8月2日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。