M&Aニュース

富士通の豪州子会社、データアナリティクス・コンサルティングファームVersor Proprietary Limitedを買収

富士通株式会社(6702)のグループ会社であるFujitsu Australia(オーストラリア・ニュー サウスウェールズ州、富士通オーストラリア)は、Versor Proprietary Limited(オーストラリア・ビクトリア州、Versor)を買収した。

富士通は、テクノロジーソリューション、ユビキタスソリューション、デバイスソリューションを展開している。

Versorは、AIと機械学習技術によるデータエンジニアリング、高度なデータ分析およびデータサイエンスサービスを提供している。また、公的機関、鉱業、小売、医療、公益事業、金融サービス、およびエンターテインメント業界など多岐に渡る顧客を抱えており、直近6年間の内に40以上の業界認定を取得している。

本件により、富士通は、データ分析領域でお客様やパートナーへさらなる価値を提供。Versorの経験豊富なデータサイエンティストとデータエンジニアで構成されるVersorのメンバーによって、既存の専門組織をさらに強化する。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

富士通に関連するM&Aニュース

富士通及びFujitsu Australia、独立系コンサルティング会社Enable Professional Servicesを買収へ

富士通株式会社(6702)およびFujitsuAustraliaLimited(オーストラリア・シドニー)は、EnableProfessionalServices(オーストラリア・メルボルン)の買収計画を発表した。本件に伴い、EnableProfessionalServicesの社名は「Enable,aFujitsucompany」に変更される。富士通は、ICT分野における各種サービス、電子デバイ

リコー、富士通の子会社でスキャナーメーカーのPFUを連結子会社へ

株式会社リコー(7752)は、富士通株式会社(6702)から、富士通の子会社である株式会社PFU(石川県かほく市)の普通株式の一部を取得することを決定した。本株式取得によって、PFUはリコーの連結子会社になる。議決権所有割合は80.0%となる。取得価格は、アドバイザリー費用等も含め約84,200百万円。リコーは、デジタルサービス、デジタルプロダクツ、グラフィックコミュニケーションズ、インダストリア

富士通オーストラリア、oobe Proprietary Limitedを買収

富士通オーストラリアは、MicrosofGoldPartnerである、oobeProprietaryLimited(オーストラリア・キャンベラ、oobe社)を買収した。富士通は、ソフトウェア・情報処理分野・通信分野の製品の開発・製造・販売ならびにサービスの提供を国内外グローバルに行っている。oobe社は、「MicrosoftAzure」を含むMicrosoftをベースとしたサービスと製品を有してい

富士通、イスラエルで配車マッチングプラットフォームサービスを提供するAutofleetと資本業務提携

富士通株式会社(6702)は、Autofleet,Ltd.(イスラエル、Autofleet社)と、グローバルな戦略的提携を行うことに合意した。本提携を加速するため、子会社の富士通ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)が運用するファンドを通じて、Autofleet社へ出資を行う。富士通は、ソフトウェア・情報処理分野・通信分野の製品の開発・製造・販売ならびにサービスの提供を行っている。Autoflee

富士通の持分法適用会社である富士通コンポーネント、コネクタ事業の一部をオータックスに譲渡

富士通(6702)の持分法適用会社である富士通コンポーネント株式会社(東京都品川区)は、コネクタ事業の一部をオータックス株式会社(神奈川県横浜市)に譲渡することを決定した。富士通は、テクノロジーソリューション、ユビキタスソリューション、デバイスソリューションを展開している。富士通コンポーネントは、富士通の持分法適用会社。リレー、コネクタ、直流給電システム用コンセントユニット等のスイッチング・デバイ

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・買収」に関連するコラム

巨大な日本人マーケットを持つタイ

海外M&A
巨大な日本人マーケットを持つタイ

今回のブログでは、巨大な日本人マーケットを持つタイの現状についてご紹介したいと思います。※本記事は2022年5月に執筆されました。日本人に会わない日はないASEANには多くの日本人が住まれており、活動範囲も限られていることが多く、日本人界隈は比較的狭くあります。友達の友達は知り合いということもよくあります。特にバンコクで暮らしていると、日本人に会わない日は、家から一歩も外出しなかった日くらいになる

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務
ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

海外M&A
インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

こんにちは、ジャカルタの安丸です。インドネシアでは一か月間のラマダン(断食)が間もなく終了し、レバラン(断食明けの祝日)がまもなく開始となります。今年は政府の意向もあり、有給休暇取得奨励と合わせ、何と10連休となる見込みです。ジャカルタからはコロナ禍に移動を自粛されていた多数の方が、今年こそはとご家族の待つ故郷へ帰省される光景が見られます。4月初旬よりコロナ禍以前のように、ビザなし渡航が解禁され、

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。<前回の記事>買収企業が押さえておきたい、トップ面談の極意とは(前篇)トップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.で&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシアの

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード