住友林業、米国コロラド州で戸建分譲住宅事業を展開するCDL社より事業譲受け

住友林業株式会社(1911)の米国子会社であるGehan Homes, Ltd. (アメリカ・テキサス州、GH社)は、CDL homes, Inc.(米国テキサス州、CDL社)と事業譲受契約を締結し、販売用不動産、各種権利関係等の事業用資産の譲受を完了した。

戸建住宅建設業界のM&A

住友林業は、資源環境事業、木材建材事業、海外住宅・不動産事業、住宅・建築事業、生活サービス事業を行っている。
子会社のGH社は、アメリカテキサス州で分譲住宅の建築・販売を行っている。

CDL社は、「Wonderland Homes」のブランド名を持ち、戸建住宅及びタウンハウスの建築・販売を行っている。

本件により、住友林業は、事業拡大を図るとともに、GH社とCDL社が統合することで、購買力向上による資材コストの削減等により、更なる収益向上を目指す。今後、CDL社のこれまでの経営スタイルを尊重する一方で、住友林業グループの経営理念を共有し、付加価値の高い住宅を提供し、今後も各社のさらなる持続的な成長を目指す。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。