M&Aニュース

日本精工、英国でBKV事業を展開するSpectris Plc.を買収へ

日本精工株式会社(6471)は、Brüel & Kjær Vibro(BKV)ブランドで知られるコンディション・モニタリング・システム(CMS)事業(BKV事業)を買収することを決定し、Spectris Plc.(イギリス・エガム)と譲渡契約を締結した。
買収価格は、約211億円。

日本精工は、総合軸受メーカーとして、幅広い分野で事業を展開している。

Spectris Plc.は、高度な精密機器、制御機器、科学分析器等の製造・販売を行っている。
BKV事業は、北海油田リグ(掘削機)の常時監視を祖業としてデンマークで創業、ポンプ、タービン、コンプレッサー、発電機などの回転機械向けの設備保全・状態監視ソリューションを、世界中の石油化学コンビナート、プラント、発電プラント、風力発電等で安心・安全な運転の実現と生産の革新の為に広く活用されている。

本件により、日本精工は、自動化・省人化・スマート化・環境対策等の社会的ニーズへの対応力の強化を図る。
また、BKV の優良な顧客基盤、技術、信頼のブランド、 CMS人材、事業開発に不可欠なビックデータのアクセスなどを活用することから、成長が期待される市場のCMS事業の開発を加速させる。

・今後のスケジュール
クロージング 2021年3月末

業務用・産業用機械製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

日本精工に関連するM&Aニュース

日本精工、軸受リコンディショニング事業を買収

日本精工株式会社(6471、NSK)のグループ企業である米国法人NSKコーポレーション社は、AllianceBearingRepairandreclaim,LLC(アメリカ・オハイオ州、アライアンス社)の軸受リコンディショニング事業を買収した。本件に伴い、顧客使用済み軸受を、損傷度合いにより手直しし再使用するサービスを開始した。日本精工は、創業以来、軸受(ベアリング)事業行い、産業機械事業および自

日本精工(6471)、パーソナルモビリティ開発・販売の米国WHILL, Inc.と資本提携

日本精工(6471)とWHILL,Inc.(米国カルフォルニア州、WHILL)は、資本提携を行った。日本精工は、ベアリングメーカーとして国内外で事業を展開し、現在、オープンイノベーションによる新規事業の機会も探索している。WHILLは、「年齢や身体的な状態に依らず、誰もが乗ってみたいと思える、モビリティを実現したい」という企業理念のもと、パーソナルモビリティの開発・販売を行っている。本件M&Aによ

ブイ・テクノロジー(7717)、日本精工(6471)よりNSKテクノロジーの全株式を取得

株式会社ブイ・テクノロジー(7717)は、NSKテクノロジー株式会社(東京都品川区)の全株式を日本精工株式会社(6471)より取得し、完全子会社化することを決定した。取得価額は2,000百万円。NSKテクノロジーは、日本精工のフラット・パネル・ディスプレイ(FPD)製造用露光装置事業が分社され、設立された会社。ブイ・テクノロジーは、FPD向けの製造装置メーカーとして、検査、修正、測定装置に加えて、

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・事業譲渡・買収」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

事業譲渡とは?手続きやメリット・デメリット、税金について解説

M&A全般
事業譲渡とは?手続きやメリット・デメリット、税金について解説

M&Aの手法の一つでもある事業譲渡とは、どのような手法なのでしょうか。本記事では事業譲渡の概要やメリット、注意点、手続きの流れについて解説しています。事業譲渡とは事業譲渡とは、会社の一部または全部の「事業」を譲渡することをいいます。この「事業」とは、その事業を営むために必要な資産のみならず、事業の運営に必要な負債、契約なども含まれます。この契約関係には、得意先・仕入先などの外部契約だけでなく従業員

巨大な日本人マーケットを持つタイ

海外M&A
巨大な日本人マーケットを持つタイ

今回のブログでは、巨大な日本人マーケットを持つタイの現状についてご紹介したいと思います。※本記事は2022年5月に執筆されました。日本人に会わない日はないASEANには多くの日本人が住まれており、活動範囲も限られていることが多く、日本人界隈は比較的狭くあります。友達の友達は知り合いということもよくあります。特にバンコクで暮らしていると、日本人に会わない日は、家から一歩も外出しなかった日くらいになる

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

企業を経営していく上で不採算部門の整理や経営資源の集中など事業の見直しが必要になる場合があります。このような場面で活用されているのが、事業売却です。事業売却は組織再編において活用しやすい方法ですが、デメリットを十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生んでしまいかねません。本記事では、「事業売却とは何なのか?」を整理した上で、売却する場合の売却価額の算定方法や、事業売却のメリット・デメ

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務
ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

「クロスボーダーM&A・事業譲渡・買収」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード