M&Aニュース

ファミリーマート、台湾FMの株式をPPIH社もしくは新設合弁会社に一部譲渡契約締結へ

株式会社ファミリーマート(8028)は、子会社である全家便利商店股份有限公司(台湾台北市、台湾FM)の株式を株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(7532、PPIH社)もしくはPPIH社の子会社とファミリーマートが新設する合弁会社に一部譲渡することを決定し、PPIH社との間で覚書を締結した。
なお、本件譲渡は、今後ファミリーマートとPPIH社との間で最終契約が締結されることおよび当局の承認が得られることなどを条件としている。
株式譲渡価額は、2,496百万台湾ドル(9,109百万円)。議決権所有割合は、50%から5%減少し、45%となる。()内の円貨額は為替レートによって変動する。

その他小売業界のM&A

ファミリーマートは、フランチャイズシステムによるコンビニエンスストア事業を展開している。

台湾FMは、台湾においてフランチャイズシステムによるコンビニエンスストア事業を行っている。

PPIH社は、グループ会社株式保有によるグループ経営企画・管理、子会社の管理業務受託、不動産管理等を行っている。

本件により、ファミリーマートは、PPIH社が有する小売業の知見やノウハウを台湾FM 事業に活用し、新しいビジネスモデルの構築や商品開発を行い、台湾FMの企業価値の向上を目指す。

・今後のスケジュール
株式譲渡契約締結日 2020年9月
株式譲渡実行日 2020年10月

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。