M&Aニュース

ゼリア新薬工業株式会社(4559)、日水製薬(4550)の子会社の全株式を譲り受け

ゼリア新薬工業株式会社(4559)は、日水製薬株式会社(4550)との間で、日水製薬の子会社である日水製薬医薬品販売株式会社(東京都台東区)の全株式の譲渡を受ける株式譲渡契約の締結を決定した。
取得価額は、33億円。
なお、本株式の譲渡は、日水製薬が2020年1月17日付「連結子会社との会社分割及び株式譲渡に関するお知らせ」にて公表した、会社分割の方法による肝臓加水分解物事業の日水製薬医薬品販売への承継の効力発生を待って実施する。

バイオ・医薬品製造業界のM&A

ゼリア新薬工業は、医療用医薬品事業と OTC 医薬品を中心としたコンシューマーヘルスケア事業を展開。シューマーヘルスケア事業においては、主力製品の「ヘパリーゼ群」をはじめとするOTC 医薬品、医薬部外品、健康食品を販売。
日水製薬医薬品販売は、日水製薬の100%子会社。OTC 医薬品、健康食品および医薬原料の開発から製造、販売までの事業ならびに輸出入を行っている。

本件M&Aにより、ゼリア新薬工業は、主力製品群である「ヘパリーゼ群」の今後の成長に欠かせない主原料の肝臓加水分解物の安定調達と、日水製薬医薬品販売の医薬事業を傘下に収めることによるコンシューマーヘルスケア事業の事業拡大を図る。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2020年4月1日

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

日水製薬(4550)、理化学製品・試薬の製造及び販売事業を展開する日本テクノサービスの第三者割当増資引受

日水製薬株式会社(4550)は、日本テクノサービス株式会社(茨城県牛久市)の第三者割当増資引受、並びに株式の取得を決定した。所有割合は、25%となる。日本テクノサービスは、理化学製品の製造及び販売を行い、ウイルス、細菌、真菌、原虫等の病原体の感染をリアルタイムPCRにて定性・定量検出できる試薬の製造及び販売事業を展開している。細胞等のマイコプラズマ感染の有無を迅速に評価できる遺伝子検出キットの開発

千趣会(8165)、日水製薬(4550)より100%子会社ニッスイファルマ・コスメティックスの全株式取得へ

千趣会(8165)は、日水製薬(4550)の100%子会社であるニッスイファルマ・コスメティックス株式会社(山梨県北杜市)の全株式を取得することについて、日水製薬との間で基本合意書を締結した。千趣会は、通信販売事業「ベルメゾン」を中心に、女性のライフステージに合わせた様々な事業を展開している。ニッスイファルマ・コスメティックスは、化粧品製造・販売事業等を手掛けている。自然基礎化粧品ブランド「リスブ

ゼリア新薬(4559)、ベトナムの医薬品製造販売会社の株式を取得

ゼリア新薬株式会社(4559)、ベトナムの医薬品製造販売会社であるPharmaceuticalJointStockCompanyofFebruary3rd(ベトナムホーチミン市、F.T.Pharma社)の株式の49.0%を取得することを決定した。F.T.Pharma社は、ベトナムで医療用医薬品、OTC医薬品および健康食品の製造販売を行っている中堅医薬品製造販売会社。ゼリア新薬工業は、アジア地域にお

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年1月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード