日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

神戸製鋼所(5406)、連結子会社コベルコ マテリアル銅管の発行済株式の一部をCTJホールディングス2合同会社に譲渡

神戸製鋼所(5406)は、連結子会社である株式会社コベルコ マテリアル銅管(東京都新宿区、KMCT)の発行済株式の一部をCTJホールディングス2合同会社(東京都千代田区、CTJ)に譲渡することを決定した。
譲渡価格は概算45億円。所有割合は、KMCTの発行済株式の45%、三菱マテリアルは三菱マテリアルが保有するKMCTの発行済株式の45%を譲渡し、KMCT株式の10%を継続保有する。

神戸製鋼所および神戸製鋼所グループは、中期ローリングの主要テーマの一つとして素材系を中心とした収益力強化を掲げている。

KMCTは、2004年に当社と三菱マテリアル株式会社の国内及び東南アジア地区における銅管事業の統合により設立され、空調用銅管、建築・給水給湯用銅管等の製造・販売を手掛けている。

CTJホールディングス2合同会社は、日本産業パートナーズ株式会社が間接的にその持分の全てを保有する特別目的会社である。

神戸製鋼所グループは、「2016~2020 年度グループ中期経営計画」及び「中期経営計画ローリング(2019~2020 年度)」を遂行する中で、KMCTが将来にわたり一層の業容拡大、事業成長、そして企業価値を向上させるために、CTJによる経営面及び資金面での全面的な支援を活かして成長することが最も有効であるとの判断で、本件に至った。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2020年3月2日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。