M&Aニュース

旭化成(3407)グループの旭化成ホームズ、米国のプレハブ建築部材メーカー・Erickson社を買収

旭化成(3407)100%子会社の旭化成ホームズ株式会社(東京都新宿区)は、米国子会社を通じてErickson Framing Operations LLC(米国・アリゾナ州、Erickson社)を買収することを決定し、Erickson社を100%保有するErickson Framing Holdings LLCとの間で契約締結した。

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A

旭化成ホームズは、戸建住宅「ヘーベルハウス」の建築請負事業を中心とする既存事業の一層の拡大とともに、新たな分野・ビジネスモデルにおける新規事業の創出・確立を推進している。その一つである海外事業では、北米での展開を検討していた。

Erickson社は、米国において戸建住宅ビルダーへのプレハブ建築部材の提供を行っている。

本件M&Aにより、旭化成ホームズは、「ヘーベルハウス」で培った工業化のノウハウを応用し、Erickson社の製造・施工のさらなる合理化を実現することで、米国住宅市場における新たな価値の創出を目指す。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

旭化成グループの旭化成ホームズ、米国アリゾナ州で戸建住宅工事事業を行う3社を買収

旭化成(3407)のグループ旭化成ホームズ株式会社(東京都千代田区)は、米国子会社を通じて、AustinElectricServices,LLC、AustinConcrete&StoneLLC、AustinHVACLLC(アメリカ・アリゾナ州、以下3社をAustin社)を買収することを決定し、全持分を取得する契約を締結した。旭化成は、マテリアル領域、住宅領域、ヘルスケア領域と3つの事業領域を展開し

旭化成(3407)子会社の旭化成ホームズ、シマダリビングパートナーズと資本業務提携

旭化成(3407)の子会社旭化成ホームズ株式会社は、シマダリビングパートナーズ株式会社(東京都渋谷区)の株式を取得する契約を締結し、当該株式の取得を完了した。取得割合は、30%となる。旭化成ホームズは、将来に向けた成長の柱の一つとしてシニア事業の拡充を掲げており、特に健常期~フレイル(虚弱)期にあたるシニア層向けの安心賃貸住宅「へーベルVillage(ヴィレッジ)」の提供に注力し、2020年3月末

旭化成(3407)の子会社Sage Automotive Interiors,Inc.、米国Adient社より自動車内装ファブリック事業を買収

旭化成株式会社(3407)の子会社SageAutomotiveInteriors,Inc.(米国サウスカロライナ州、Sage社)は、欧州自動車市場における事業拡大と基盤強化を目的に、Adientplc(米国ミシガン州、Adient社)の自動車内装ファブリック事業をで買収する契約を締結した。取得価額は、約188億円。SageAutomotiveInteriors,Inc.は、米国を中心に、自動車内装

旭化成(3407)、米国の自動車内装材メーカー・セージ社を買収

旭化成(3407)は、SageAutomotiveInteriors,Inc.(米国サウスカロライナ州、セージ社)を買収することについて、セージ社を100%保有するClearlakeSageHoldings,LLC(米国デラウェア州)との間で合意した。買収価額は約791億円。旭化成は、マテリアル領域の重点分野の1つとして自動車分野向け事業の拡大を図っており、領域内横断で「自動車メーカーおよび部品メ

旭化成(3407)傘下の旭化成ホームズ、中央ビルト工業(1971)と資本業務提携、第三者割当増資引受けへ

旭化成(3407)傘下の旭化成ホームズ株式会社(東京都新宿区)と中央ビルト工業(1971)は、資本業務提携契約を締結した。旭化成ホームズは、中央ビルト工業株式を保有するアルインコ(5933)よりその一部である4,600,000株を取得し、また中央ビルト工業の第三者割当増資にて発行される普通株式3,100,000株を全額引受ける。発行済株式数に対する所有割合は32.37%となる。中央ビルト工業は、仮

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連するコラム

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード