日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

三菱ケミカルHD(4188)グループ、欧州のアクリル樹脂シート事業をスイスのプラスチックシートメーカーSchweiter Technologies AGグループへ譲渡

三菱ケミカルホールディングス(4188)傘下の三菱ケミカル株式会社(東京都千代田区)は、欧州におけるアクリル樹脂シート(PMMAシート)事業をSchweiter Technologies AGグループ(スイス・シュタインハウゼン、STAG)へ譲渡することを決定した。

英国のグループ会社であるLucite International UK Ltd.のPMMAシート事業を分離した上で、同社が製造するPMMAシートの英国内販売会社であるPerspex Distribution Ltd.の株式とともに譲渡する。譲渡価額は約135億円。

STAGは、欧州の大手プラスチックシートメーカー。三菱ケミカルグループは長期にわたって、PMMAシートの原料であるMMAモノマーを供給している。

本件M&Aにより、三菱ケミカルは、STAGの持つ幅広いシート製品のラインナップや高いコスト競争力を活用し、欧州市場におけるPMMAシート事業の更なる成長を図ることで、MMAモノマー供給での更なるパートナーシップの強化を図る。

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。