日立化成(4217)、協和発酵キリン(4151)の診断薬製造販売子会社の協和メデックスを子会社化

日立化成(4217)は、協和発酵キリン(4151)との間で、協和発酵キリンの100%子会社である協和メデックス株式会社(東京都中央区)の株式66.6%を日立化成が取得する契約を締結した。

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A

また日立化成は協和発酵キリンとの間で、日立化成の診断薬開発・製造・販売事業を、協和メデックスに事業譲渡することに合意した。

なお、日立化成は協和発酵キリンとの間で、協和発酵キリンが継続保有する協和メデックス株式33.4%を、株式譲渡実行時から3年後を目途に買い取る権利を保有することについて合意している。

日立化成は、ライフサイエンス事業のうち診断薬事業において、アレルギー診断薬等の開発・製造・販売を行っているが、事業基盤の強化のため、M&Aによる経営リソースの拡充を検討していた。

協和メデックスは、高脂血症や糖尿病等を検査する体外診断用医薬品(診断薬)を、日本国内を中心に開発・製造・販売している。

本件M&Aにより、日立化成は、協和メデックスの有する幅広い診断薬製品を取り入れ、ラインアップを拡充することで、診断薬事業の基盤強化を図る。また自社グループの米国、欧州及び東南アジア等の販売網を活用して協和メデックスの製品をグローバルに展開するとともに、協和メデックスの国内販売網を活用した日立化成の診断薬の販売促進を行うことで、両社の事業の拡大を推進する。更に日立化成の診断薬開発・製造・販売事業を協和メデックスに事業譲渡することにより、両社が保有する診断薬技術の融合、リソースの有効活用等を進め、ライフサイエンス事業の強化を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 平成30年1月4日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。