M&Aニュース

RIZAPグループ(2928)、堀田丸正(8105)と資本業務提携・子会社化へ

RIZAPグループ(2928)は、ヤマノホールディングス(7571)の子会社である堀田丸正(8105)との間で資本業務提携契約を締結し、堀田丸正の実施する第三者割当増資を引受けること、及び堀田丸正の子会社化を決定した。

食品製造業界のM&A

RIZAPグループは、第三者割当増資により、堀田丸正普通株式35,000,000株(議決権所有割合62.27%)を引き受ける。

払込金額の総額は1,925,000,000円で、堀田丸正の調達資金の額は手取り概算額で1,910,000,000円となる。

RIZAPグループは、パーソナルトレーニングジム「RAIZAP」を中心とした美容・健康関連事業を主軸に、アパレル関連事業、住関連ライフスタイル事業、エンターテイメント事業を展開している。

堀田丸正は、意匠撚糸の製造卸から婦人洋品、きもの、寝装品を取り扱う繊維専門商社。和装小物卸事業や横ニット企画販売事業の譲受け等M&Aを活用することで、縮小する国内繊維産業市場での収益確保を図っていたが、今後の安定的な成長に向けては、主要事業である意匠撚糸事業、洋装事業及び和装事業における抜本的な事業再構築を課題としていた。

本件M&Aにより、RIZAPグループは素材開発から販売までのプロセスを一貫して行う製造小売業としてのビジネスモデルの強化を図る。

また、自社グループのマーケティング力や商品・サービスの企画力と、堀田丸正の持つ商品力及び技術力を相互に融合することで、商品ラインアップの拡充、PB商品の開発力強化、スケールメリットを活かした共同調達によるコスト競争力向上等のシナジーを創出するほか、海外展開の強化を推進することで、アパレル事業全体の飛躍的な成長を目指す。

●今後のスケジュール
払込期日 平成29年6月28日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。