日本曹達(4041)、欧州の農薬メーカーCertis Europeを持分法適用関連会社化

日本曹達(4041)は、100%子会社であるNisso Chemical Europe GmbH(ドイツ)および三井物産(8031)傘下のMitsui AgriScience International S.A./N.V.(ベルギー)より、Certis Europe B.V.社(オランダ、Certis社)の株式を取得することを決定した。
日本曹達の議決権所有割合は20.0%となり、Certis社を持分法適用関連会社とする。

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A

Certis社は、欧州において化学農薬および生物農薬の販売を行っている。

本件により、日本曹達は、Certis社を欧州における重要パートナーと位置づけ、自社製品の拡販と、今後発売予定の新規農薬の速やかなシェア拡大を図る。

●今後のスケジュール
契約締結日 平成28年12月
株式譲渡実行日 平成 29年1月

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。