ロゼッタ(6182)、クラウドソーシングサービス「Conyac」展開のエニドアを完全子会社化

ロゼッタ(6182)は、株式会社エニドア(東京都千代田区)の株式を新たに取得し、その後ロゼッタを完全親会社、エニドアを完全子会社とする簡易株式交換を行うことを決定し、エニドアとの間で株式譲渡契約および株式交換契約を締結した。
本株式譲渡により議決権所有割合は50.12%となり、株式交換を通じて完全子会社となる予定。

ロゼッタは、医薬バイオ、化学環境、特許などの産業翻訳市場において、プロ翻訳者による「翻訳通訳事業」、機械翻訳による「MT事業」、プロ翻訳者と機械の協働による「GLOZE事業」の3段階の技術進化ステージをカバーする翻訳事業を展開している。

エニドアは、世界中のバイリンガル人材を擁するクラウドソーシングサービス「Conyac」を展開しており、インバウンド市場を中心に一般会話・外国人向け観光情報などに関連するサービス提供に特化している。

本件により、ロゼッタは、ロゼッタの自動翻訳についての取り組みとエニドアの提供するクラウドソーシングサービスを融合することで、より高次元なサービスの創出を目指す。

●今後のスケジュール
株式取得日 平成28年8月15日
株式交換日(効力発生日) 平成28年9月1日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。