日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

野村総合研究所(4307)、日本生命と資本業務提携

株式会社野村総合研究所(4307)は、日本生命保険相互会社(大阪市)との強固で長期的なパートナーシップの構築に向け、日本生命を割当先とする第三者割当による自己株式処分を行うことを決定し、日本生命との間で資本業務提携契約を締結した。野村総合研究所の調達資金の額は概算で26,204,369,500円で、日本生命の株式保有割合は、0.53%から3.03%となる。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

両社は、日本生命グループにおけるIT戦略の更なる進化に向けた取組みを加速させ、強固で長期的なパートナーシップを構築するため、本件提携を行う。

●今後のスケジュール
自己株式処分の払込期日 平成27年6月10日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。