コラム

中小企業庁が中小PMIガイドラインを初策定

竹林 信幸

プロフィール

竹林信幸

株式会社日本PMIコンサルティング(日本M&Aセンターグループ)代表取締役

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

事業承継の方法として増加する中小企業のM&Aの効果を発揮するために新指針が打ち出されました。中小企業庁は2022年3月17日、中小PMIガイドラインを初策定しました。PMIとは「Post Merger Integration」の略語で、M&A後の統合プロセスを表す言葉です。M&Aの目的を実現するための統合の効果を最大化するために必要なプロセスですが、これまで中小企業のM&Aは企業選びのマッチングばかりが注目され、後行程のPMI の関心と実行が十分でない課題がありました。ガイドラインは中小企業のPMIにおける方法論の「型」を提供し、M&Aを成功に導くメソッドとして期待されます。2022年度予算からは事業承継・引継ぎ補助金等でもPMIに取り組む中小企業の費用補助も拡充される予定です。

ガイドライン表紙

中小PMIガイドライン(中小企業庁)

買い手企業向け新指針

中小PMIガイドラインは中小企業庁の「中小PMI支援メニュー」の一環で策定されました。全126ページにはガイドラインの概要、中小PMI総論、各論、付属資料等で構成されています。中小企業の規模や保有するリソースに合わせて「基礎編」と「発展編」を設けて、豊富なPMI事例も盛り込まれています。時系列でM&AとPMIのプロセスを紹介し、大きく「経営統合」、「信頼関係構築」、「業務統合」の3分野でノウハウが整理されています。M&Aの譲受企業やM&A支援機関のハンドブックとして重宝する内容となっています。近年、急増する中小企業のM&Aにおいて2020年に策定した中小M&Aガイドラインに続く国の指針となります。

PMIを学ぶ解説コラムはこちら

豊富なPMI事例

PMIのポイントはM&Aの譲受企業がリーダシップを持って企業の統合を進める点になります。そのためガイドラインの内容も譲受企業が行うべき方法論がまとめられています。実際のPMIの取り組み事例が豊富に記載されている点が実効性のあるPMIの実行を後押しします。M&A直後に譲渡企業の従業員に面談やアンケートを実施して、買い手企業が改善点や従業員の不満を把握する手法や提案営業におけるクロスセルの実例、共同輸送や在庫管理など販管費を抑える具体例が充実しています。またPMIにおいて気を付けるべき失敗事例も多く紹介されています。

竹林社長

中小PMIガイドライン策定小委員会で委員を務めた日本PMIコンサルティングの竹林信幸代表取締役社長は「M&Aに関わる人々のPMIの教科書として広く使ってほしいです。PMIの質が高まることはM&Aの質を高めることになります。ガイドラインはM&Aを検討している多くの中小企業にとって有益なものになるはずです」と意義を語ります。

PMIのご相談は日本PMIコンサルティングへ

プロフィール

竹林 信幸

竹林たけばやし 信幸のぶゆき

株式会社日本PMIコンサルティング(日本M&Aセンターグループ)代表取締役

国内外コンサルティング会社にて経営コンサルティング業務に従事。オペレーション改善、BPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)、M&A支援、企業再生、経営者向けのコーチングなど、豊富なコンサルティング経験を有する。 株式会社日本M&Aセンター入社後、2018年に日本PMIコンサルティング設立時に取締役就任、2020年4月より現職。

この記事に関連するタグ

「PMI」に関連するコラム

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

【連載】「伸びる企業の買収戦略」失敗するPMIの4つの落とし穴

【連載】「伸びる企業の買収戦略」失敗するPMIの4つの落とし穴

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

買収されるとどうなる?会社の存続や社員にもたらす変化とは

M&A全般
買収されるとどうなる?会社の存続や社員にもたらす変化とは

もし自分の会社が買収される事態になったら、社員や取引先は「これまでと同じ環境や待遇で働くことができるのか」「継続して取引を続けることができるのか」と不安を覚えるでしょう。本記事では、会社が買収された場合に、どのような変化がもたらされるのか、また、スムーズな統合に向けてのポイントをご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精

シナジー効果を最大にするPMIは譲渡企業との丁寧なコミュニケーションから

広報室だより
シナジー効果を最大にするPMIは譲渡企業との丁寧なコミュニケーションから

譲受け企業の初動がシナジー効果創出のカギを握ります。日本M&AセンターHDのグループ会社日本PMIコンサルティングは、譲受け企業を対象にM&A後の経営、PMI(PostMergerIntegrationの略M&A後の統合プロセス)のポイントを学ぶセミナー「PMI1日研修会」を2022年12月20日に開催し、日本PMIコンサルティングの竹林信幸代表取締役がPMIの考え方や具体的なアクションを解説。6

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

経営者やM&A支援機関が参加 実体験と学術的分析からM&Aを学ぶ

広報室だより
経営者やM&A支援機関が参加 実体験と学術的分析からM&Aを学ぶ

M&Aの魅力を伝える「M&ATOKAIEXPO2022」(中部経済新聞社主催)が2022年10月26日、名古屋市のウインクあいちで開催され、日本M&Aセンター名古屋支社が初出展しました。イベントには東海エリアに拠点を持つM&A支援機関など11社が参加し、セミナーや相談ブースを通じて、来場者に最新情報をお届けしました。日本M&Aセンターが担当したセミナーをご紹介します。M&A経験のある経営者が実体験

「PMI」に関連する学ぶコンテンツ