コラム

コロナ禍でクロスボーダーM&A市場はどうなっていたのか ~シンガポール~

西井 正博

Nihon M&A Center Singapore(シンガポール現地法人) Managing Director(代表取締役)

海外M&A

⽬次

[表示]


日本とASEANのM&A件数は、2019年~2020年にかけて新型コロナの影響で成立件数が半分以下になりました。2021年については件数が大幅に増加しておりますが、依然としてコロナの影響が残っており2019年の水準までは戻っていません。
今回は、2020年の新型コロナ発生から、日本とASEANのクロスボーダーM&A市場では実際にはどのようになっていたのかについて現場の目線から解説したいと思います。

新型コロナ初期

新型コロナが世間的に認知され問題になったのは2020年初頭になります。
この時、進行中のクロスボーダーM&A市場では、ほぼ全ての案件で検討が一旦凍結されました。
新型コロナによりビジネス環境が激変する事が予測されますが、その影響度合いが誰にも分からなかったからです。その為、新型コロナ前のビジネス環境を基として導き出された企業評価価値が意味をなさなくなってしまいました。その結果、各業界・企業への影響度合いがある程度分かるまで当面の間、検討・交渉が延期・凍結されるという事態に陥りました。

新型コロナ中期

新型コロナ発生からおよそ半年後、各国のロックダウンが一段落し、コロナ禍でのビジネス環境の見通しがある程度分かってきた段階で、少しずつではありますがようやくクロスボーダーM&A市場も動き出しました。
コロナ前に検討を進めていた案件については、一部の例外的なケースではコロナ禍でも新たな条件交渉等を経て正式に契約まで進みましたが、延期・凍結とされていたほぼ全ての案件は正式に検討取りやめ・破談となりました。
この空白期間およびコロナ前案件の破談が、2020年の急激なM&A件数減少の主要因となります。

一方で、逆張りの発想でコロナ禍だからこそ攻めの経営をするべきだと考えた企業も一定数あり、彼らによって新しい案件がスタートし始めたのもこの時期となります。

現場の印象としても、確かにコロナ禍だからこそ普段であれば売却を検討しないような優良企業がM&Aを検討しはじめ、また企業評価価値もコロナ前に比べて安くなっており、買手にとって投資余力があるならば非常に検討しやすい時期だったと考えています。

コロナ後期、そしてこれから

別のブログ記事「新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード」にもある通り、新型コロナは海外M&Aのやり方を大きく変えました。
Webツールを活用することにより、初期検討のハードルが非常に下がりました。また、検討に必要なリードタイムも大幅に短縮する事ができています。勿論、まだ全ての企業の海外への投資意欲が戻っているわけではありませんが、海外M&Aを検討している企業は日々多くなっているというのが現場からの印象です。

一方で、海外M&A市場環境としては新型コロナの影響を受けて投資側が検討しやすい買手市場となっていた環境が、2022年のどこかの時点で、今度は売却側がより交渉力を持つ売手市場に代わると予測されています。
M&A市場は需要と供給のバランスがあり、一定周期で買手市場・売手市場と環境が変わっていく市場です。環境が変わるタイミングで企業評価価値の水準や案件の発掘のしやすさも変わっていきます。

一般的に売手市場になれば平均的な企業評価価値の水準が上がり、優良な案件を探す難易度が上がってしまうため、今後検討を始める材料の一つとして考慮されてみてはいかがでしょうか。

そのほかの海外ブログ記事を読む

海外M&Aに関するお問合せはこちらから

著者

西井 正博

西井にしい 正博まさひろ

Nihon M&A Center Singapore(シンガポール現地法人) Managing Director(代表取締役)

2008年日本M&Aセンターに入社。入社以来、一貫して中堅・中小企業M&Aを担当。2016年シンガポール国立大学のMBA課程修了後、シンガポールオフィスの設立に携わり、以降は東南アジアの中堅・中小企業と日本企業の海外M&A支援に従事。これまで30件以上の国内外M&A支援実績を持つ。

この記事に関連するタグ

「海外M&A」に関連するコラム

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

海外M&A
新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

今までのブログ投稿では海外現地からの情報発信、マクロ的な話が多かったかと思いますので、少し現場に近い部分の情報発信をさせて頂きます。今回は、新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダードについて書きたいと思います。(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらからコロナ禍で絶望的な海外M&Aの現場全世界を巻き込んだ新型コロナは漏れなく日本M&Aセンターの海外M&Aビジ

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

「海外M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A」に関連するM&Aニュース

米マイクロソフト、米ゲーム会社のActivision Blizzardを買収

マイクロソフト(アメリカ・ワシントン州)、米ゲーム会社のActivisionBlizzard(アメリカ・カリフォルニア州)を買収することを決定した。取得価額は、687億ドル。本件に伴い、テンセント、ソニーグループにつづいて世界第3位のゲーム会社となる。マイクロソフトは、ソフトウェア開発、販売の大手IT企業。ActivisionBlizzardは、「コール・オブ・デューティ」などの人気ゲームを手がけ

IBM、AI自律検知・応答プラットフォーム「ReaQta」を開発のReaQtaを買収へ

IBM(アメリカ・ニューヨーク州)は、ReaQta(オランダ)の買収により、サイバー・セキュリティーの脅威に対する検知および対応能力を拡充する計画を発表した。IBMは、情報システムに関わる製品、サービスの提供を行っている。ReaQtaは、AI自律検知・応答プラットフォーム「ReaQta」を開発。本件により、IBMは、XDR(Extendeddetectionandresponse)市場におけるIB

AppLovin Corporation、Twitter, Inc.のMoPub事業を買収

マーケティングソフトウェアのリーディングカンパニーであるAppLovinCorporation(アメリカ・カリフォルニア州、AppLovin)は、Twitter,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、Twitter)のMoPub事業を買収する契約を正式に締結した。取得価額は、約10億ドル。AppLovinは、マーケティングソフトウェア開発事業を展開している。Twitterは、ソーシャル・ネットワー

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース