コラム

サトウ産業が地元上越で東京プロマーケット上場祝賀会

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&AセンターがJ-Adviserを担当しているサトウ産業(新潟県上越市)が2021年11月22日に、新潟県上越市内で東京証券取引所が運営する「TOKYO PRO Market(東京プロマーケット)」への上場を記念する上場祝賀会を開催しました。新潟県の佐久間豊副知事や中川幹太上越市長ら政界をはじめ、地元の取引企業や金融機関など財界からも多くの来賓をお招きし、サトウ産業の社員と一緒に上場を祝いました。

高い内製化率と女性活躍を実現

祝賀会の様子1

1974年創業のサトウ産業は「固定観念にとらわれない柔軟な思考 奇抜な発想 行動は大胆に」を企業理念に、総合建設業と鋼構造物工事業者として新潟県内外で事業を展開しています。首都圏の大規模な再開発事業も受注し、9割を超える内製率の高さも誇ります。建設業ながら取締役の半数は女性で、10代と20代の若い社員が活躍する魅力的な職場づくりを進めています。

メディアや財界からも高い関心

祝賀会の様子2

感染予防対策を講じた祝賀会で、佐久間豊副知事は「新潟県発注の公共工事においても元請けとして施工いただき、地域経済の中心的な担い手となっていただくことを期待しています」と祝辞。第四北越銀行の佐藤勝弥取締役会長は「いち早く女性が働きやすい環境を整備され、若手が生き生きと活躍できる企業が上越にあるという点でも地域活性化に大きく貢献されています。新潟県を代表する企業として、新潟の経済界をリードしていただきたい」と讃えました。会場にはテレビ局や地元紙、経済紙など多くのメディアも取材に訪れ、上場企業への注目の高さを感じさせました。

祝賀会の様子3

東証での上場セレモニー同様に、企業のさらなる発展と五穀豊穣を願い、祝賀会でも上場を記念する打鐘を行いました。またサトウ産業の佐藤明郎代表取締役自ら各テーブルを回り、参加者と共に鐘を打ち鳴らしました。

社会公器として新たな船出

祝賀会の様子4

日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘より上場通知書を受け取ったサトウ産業の佐藤明郎代表取締役は「社会の公器と言われる上場企業の末席に座らせていただけた。10代、20代の若い社員が成長していき、サトウ産業を引っ張っていくことが私の夢であり、私の楽しみです」と決意を新たにしました。日本M&Aセンターは今後もJ-Adviserとしてサトウ産業と二人三脚で共に成長を続け、全国からさらなるスター企業の輩出を目標に、地方創生の実現に貢献してまいります。

上場のご相談は日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部まで

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「上場・TOKYO PRO Market」に関連するコラム

TOKYO PRO Market上場 経営管理インフラで頂点を目指すブリッジコンサルティンググループ

広報室だより
TOKYO PRO Market上場 経営管理インフラで頂点を目指すブリッジコンサルティンググループ

東京証券取引所が運営する株式市場「TOKYOPROMarket(東京プロマーケット)」に2022年5月、IPO支援に特化した経営支援プラットフォームなどを手掛けるブリッジコンサルティンググループ株式会社(本社・東京都港区/代表取締役・宮崎良一)が上場を果たし、上場を祝う恒例のセレモニーが東京証券取引所で開催されました。同社のJ-Adviserは日本M&Aセンターが担当し、東京プロマーケット上場に係

サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

広報室だより
サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

2021年10月14日、東京証券取引所が運営する株式市場「TOKYOPROMarket(TPM)」に日本M&AセンターがJ-Adviserを担当する株式会社サトウ産業(新潟県上越市)が上場しました。東京証券取引所では上場セレモニーが行われ、晴れて新潟県の企業では2社目のTPM上場企業となりました。高い内製化率と女性活躍サトウ産業は1974年創業。建築物の構造体である「柱」や「梁」などの設計と製作を

TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

その他
TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

日本M&Aセンターはオンラインセミナー「TOKYOPROMarket上場準備の話~実践編」を開催しました。大きな注目を集めている東京証券取引所のプロ投資家向け市場『TOKYOPROMarket(TPM)』。日本M&AセンターはJ-AdviserとしてTPMへの上場を支援しており、本セミナーでは、日本M&Aセンター上席執行役員TPM事業部長の雨森良治と、上場指導・審査を担当している上場審査部の光浦正

県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

広報室だより
県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

東京証券取引所のプロ投資家向け市場「TOKYOPROMarket」(TPM)で、J-Adviserとして上場を支援する日本M&Aセンターは2021年9月8日に東証上場推進部の横尾直樹課長を招きオンラインセミナー「最新IPO戦略『県内初のTOKYOPROMarket上場企業に』」を開催しました。最近、注目されているTPMの概要や上場効果を最新の事例を交えながら解説しました。IPO戦略として注目される

熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

広報室だより
熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

日本M&AセンターがJ―Adviserを担当しているアーバンライク(本店・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に熊本県で初めて東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(TPM)」に上場。その上場報告会が同年8月23日、熊本市内のホテルで開催されました。地元の協力会社や金融機関をお招きするとともに、地元メディアも多数参加され、とても華やかな雰囲気の中、アーバンライクは上場企業として新た

最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

広報室だより
最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

日本M&AセンターがJ-Adviserとして上場支援した、住宅販売や不動産業を手掛けるアーバンライク(本社・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に、東京証券取引所のプロ投資家向けの「TOKYOPROMarket」(TPM)に上場を果たしました。TPM史上最年少の39歳で上場した吉野悟社長に、経営哲学や上場を目指した理由を伺いました。年30%成長を続ける社員と会社―上場セレモニーの感想は?これがよく

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース