コラム

TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

その他

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターはオンラインセミナー「TOKYO PRO Market上場準備の話~実践編」を開催しました。大きな注目を集めている東京証券取引所のプロ投資家向け市場『TOKYO PRO Market(TPM)』。日本M&AセンターはJ-AdviserとしてTPMへの上場を支援しており、本セミナーでは、日本M&Aセンター 上席執行役員 TPM事業部長の雨森良治と、上場指導・審査を担当している上場審査部の光浦正也が、経営者の知りたいスケジュール感や上場準備の実務内容を分かりやすく解説しました。

特徴的な上場審査

一般市場に比べて、TPMの上場基準は緩やかな基準が設定されています。上場時に必ずしも株を売り出す必要がないため、経営の自由度を維持したまま上場することができます。売上や株主数、時価総額などの形式基準がない分、門戸は広く、中堅・中小企業でも上場を狙えるマーケットです。また、一般市場では監査期間が二期分必要ですが、TPMは一期分のみと上場期間も短縮することができます。雨森は「上場準備は“簡単”ではありませんが、どの会社でもチャレンジできるため、TPM上場を目指さない手はありません」と語ります。 一般市場の上場審査は東証や証券会社が実施しますが、TPMの場合は日本M&Aセンターなど東証が認証したJ―Adviserが審査を担います。上場準備の指導と審査を一括して担当する伴走者(J-Adviser)の存在も、企業には魅力的です。上場準備期間を短縮できる分、コスト面も一般市場より抑えることができますが、「信用力・知名度の向上」「経営の透明性の向上」「組織体制の強化」など、上場メリットは一般市場と同様のものを享受できます。

TPM上場に必要な管理機能の強化

上場審査業務20年以上のキャリアを持つ光浦は、準備期間に「2年~2年半ぐらいは必要になります」と説明します。審査における上場適格性要件をクリアするには、企業の管理機能を強化しなければなりません。例えば内部管理や決算・開示体制などの社内体制を強化し、監査法人による会計監査を受ける必要もあります。そのため上場準備作業に入ると管理本部の業務量は格段に増え、外部人材の登用や内部の人材育成も必要となります。「上場準備をスムーズに進めるためには管理本部の体制強化が重要になります」と光浦は強調します。 上場を契機に、ワンマン経営と言われるような経営者や限られた社員による属人経営から組織経営に移行する必要も出てきます。組織経営の基本は全ての組織単位に責任者を配置し、権限を付与することです。業務分掌規程やマニュアルをつくり、業務の権限と責任を明確にすることが組織経営の基礎となります。経理と財務の責任者を兼務させないなど社内不正が起こりにくい組織づくりの対策も必要です。

上場のキーマンはCFO

上場準備で業務量が増える管理業務全般を統括するのが管理部門責任者(CFO)となります。光浦は「CFOが上場準備の鍵を握ります」と明言します。上場企業として求められる月次決算や決算短信の作成から規定・マニュアルづくり、中期計画や予算作成など経営企画に関する多種多様な業務を責任者としてコントロールしなければなりません。管理部門責任者の理想の人材として、上場準備の経験者や大企業の管理部門の業務フローを熟知した人材など経験と知見のある幹部ポストを登用できるかがポイントになります。

上場準備を始める際に「まず会社の組織図を考えてほしい」と光浦は提案します。外部から人を招聘するか、内部育成するかなど組織で適材適所を図り、人材を確保することが重点項目とも言えます。光浦は「上場のための課題を整理し、どう管理本部のあるべき姿を描けるかが重要になります」と話します。上場を検討する経営者から度々質問される“管理部門責任者を採用する方法”について、雨森は「上場準備の際に周辺の関係者に上場を目指すことを伝えることで、周りから人材を紹介してもらいやすくなります」とアドバイスします。日本M&Aセンターは成長を志す経営者の皆様を全力で応援いたします。

日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部

著者

光浦 正也

光浦みつうら 正也まさや

TOKYO PRO Market事業部上場審査部

大手証券会社とIPOコンサルタント会社で上場支援業務に従事。その他にも外資系証券や事業会社系証券で引受審査業務もサポートし、IPO審査で20年以上のキャリアを持つ。2019年に日本M&Aセンターに入社し、上場支援を担当。

この記事に関連するタグ

「TOKYO PRO Market・IPO・上場」に関連するコラム

県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

広報室だより
県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

東京証券取引所のプロ投資家向け市場「TOKYOPROMarket」(TPM)で、J-Adviserとして上場を支援する日本M&Aセンターは2021年9月8日に東証上場推進部の横尾直樹課長を招きオンラインセミナー「最新IPO戦略『県内初のTOKYOPROMarket上場企業に』」を開催しました。最近、注目されているTPMの概要や上場効果を最新の事例を交えながら解説しました。IPO戦略として注目される

熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

広報室だより
熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

日本M&AセンターがJ―Adviserを担当しているアーバンライク(本店・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に熊本県で初めて東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(TPM)」に上場。その上場報告会が同年8月23日、熊本市内のホテルで開催されました。地元の協力会社や金融機関をお招きするとともに、地元メディアも多数参加され、とても華やかな雰囲気の中、アーバンライクは上場企業として新た

最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

広報室だより
最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

日本M&AセンターがJ-Adviserとして上場支援した、住宅販売や不動産業を手掛けるアーバンライク(本社・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に、東京証券取引所のプロ投資家向けの「TOKYOPROMarket」(TPM)に上場を果たしました。TPM史上最年少の39歳で上場した吉野悟社長に、経営哲学や上場を目指した理由を伺いました。年30%成長を続ける社員と会社―上場セレモニーの感想は?これがよく

『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

その他
『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

東京証券取引所が運営する、TOKYOPROMarket。IPOの世界に20年以上携わり、創成期からTOKYOPROMarketに関与、東京証券取引所の上場推進業務を約6年間ご担当されている絹谷様に、TOKYOPROMarketの過去(立ち上げ時)から現在に至るまでの変化、市場にかける想い、そして、今後の展望などを、率直に語っていただきました。左:株式会社東京証券取引所上場推進部課長(取材当時)絹谷

【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

広報室だより
【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

コロナ禍で全国にサテライトオフィス開設全国22カ所で開設記念セミナーを開催中日本M&Aセンターは、11月16日より、「アフターコロナを生き抜く経営戦略セミナー」と題して全国各所にて全国サテライトオフィス開設記念セミナーを全国22カ所で開催しており、中堅・中小企業の経営者を中心に多くの参加・申込をいただいています。コロナ禍は、経営者の皆様との対面での面談を難しくしました。しかし、当社は、地方の経営者

注目の株式市場“TOKYO PRO Market(TPM)”に上場し、「地域のスター企業」を目指す

その他

日本M&AセンターがJ-Adviserを担当している株式会社一寸房が、2020年10月28日、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)が運営するTOKYOPROMarket(TPM)へ上場しました。札幌に本社を置く一寸房は、店舗・学校・倉庫などの建築物に関する設計サービスや、これに付随した設計サービスの派遣業務、および測量業務を行っております。東京、ミャンマーにも営業拠点を有し、国内外で日本

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース