コラム

サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

広報室だより

⽬次

[表示]

2021年10月14日、東京証券取引所が運営する株式市場「TOKYO PRO Market(TPM)」に日本M&AセンターがJ-Adviserを担当する株式会社サトウ産業(新潟県上越市)が上場しました。東京証券取引所では上場セレモニーが行われ、晴れて新潟県の企業では2社目のTPM上場企業となりました。

★IMG_1561_re.jpg

高い内製化率と女性活躍

サトウ産業は1974年創業。建築物の構造体である「柱」や「梁」などの設計と製作を手掛ける鉄工建設業の企業です。事業の強みは関東圏で高い納入実績を持ち、内製化率は95%を誇り高い効率性が業績を支えています。上越市内には広大なストックヤードを保有し、大規模な受注案件にも対応できる点も武器となっています。世界の潮流となるESG経営を先取りする形で、女性役員比率も50%と高く、建設業界では従業員の女性比率も3割以上と異例の水準で、働きやすい職場環境を実現しています。

鉄工建設事業者として街づくりに貢献

上場セレモニーには、サトウ産業の佐藤明郎代表取締役ら役職員5名が出席し、東証から上場通知書を受け取りました。恒例の打鐘では企業名が刻印された木槌を使い、企業の繁栄を祈って計5回の鐘の音を打ち鳴らしました。東証のティッカー(円形電光掲示板)には「祝上場 株式会社サトウ産業」の文字が流れ、上場のお祝いムードを盛り立てていました。佐藤代表取締役は「『固定観念にとらわれない柔軟な思考、奇抜な発想、行動は大胆に」をテーマに、これからもお客様に選んで頂ける鉄工建設事業者として街創りに貢献して参ります」と決意を新たにしました。

★IMG_1571_re.jpg

TPM上場で持続的な成長基盤を整備

地元新聞社と業界紙からの取材には「上場日に鐘をたたくこともでき、夢のようで感無量です。上場は通過点、社会の公器となって社員の生活を守り、さらに社会に貢献していきたいです」とさらなる企業の飛躍を誓いました。

2019年から上場支援を担う日本M&Aセンターにとって、サトウ産業は8社目のTPM上場企業となりました。地方創生の実現のため、日本M&Aセンターでは47都道府県から上場企業を輩出することを目標に、今後も企業の存続と発展に貢献してまいります。

上場のご相談は日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部まで

この記事に関連するタグ

「上場・IPO・TOKYO PRO Market」に関連するコラム

TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

その他
TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

日本M&Aセンターはオンラインセミナー「TOKYOPROMarket上場準備の話~実践編」を開催しました。大きな注目を集めている東京証券取引所のプロ投資家向け市場『TOKYOPROMarket(TPM)』。日本M&AセンターはJ-AdviserとしてTPMへの上場を支援しており、本セミナーでは、日本M&Aセンター上席執行役員TPM事業部長の雨森良治と、上場指導・審査を担当している上場審査部の光浦正

県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

広報室だより
県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

東京証券取引所のプロ投資家向け市場「TOKYOPROMarket」(TPM)で、J-Adviserとして上場を支援する日本M&Aセンターは2021年9月8日に東証上場推進部の横尾直樹課長を招きオンラインセミナー「最新IPO戦略『県内初のTOKYOPROMarket上場企業に』」を開催しました。最近、注目されているTPMの概要や上場効果を最新の事例を交えながら解説しました。IPO戦略として注目される

熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

広報室だより
熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

日本M&AセンターがJ―Adviserを担当しているアーバンライク(本店・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に熊本県で初めて東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(TPM)」に上場。その上場報告会が同年8月23日、熊本市内のホテルで開催されました。地元の協力会社や金融機関をお招きするとともに、地元メディアも多数参加され、とても華やかな雰囲気の中、アーバンライクは上場企業として新た

最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

広報室だより
最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

日本M&AセンターがJ-Adviserとして上場支援した、住宅販売や不動産業を手掛けるアーバンライク(本社・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に、東京証券取引所のプロ投資家向けの「TOKYOPROMarket」(TPM)に上場を果たしました。TPM史上最年少の39歳で上場した吉野悟社長に、経営哲学や上場を目指した理由を伺いました。年30%成長を続ける社員と会社―上場セレモニーの感想は?これがよく

『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

その他
『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

東京証券取引所が運営する、TOKYOPROMarket。IPOの世界に20年以上携わり、創成期からTOKYOPROMarketに関与、東京証券取引所の上場推進業務を約6年間ご担当されている絹谷様に、TOKYOPROMarketの過去(立ち上げ時)から現在に至るまでの変化、市場にかける想い、そして、今後の展望などを、率直に語っていただきました。左:株式会社東京証券取引所上場推進部課長(取材当時)絹谷

【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

広報室だより
【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

コロナ禍で全国にサテライトオフィス開設全国22カ所で開設記念セミナーを開催中日本M&Aセンターは、11月16日より、「アフターコロナを生き抜く経営戦略セミナー」と題して全国各所にて全国サテライトオフィス開設記念セミナーを全国22カ所で開催しており、中堅・中小企業の経営者を中心に多くの参加・申込をいただいています。コロナ禍は、経営者の皆様との対面での面談を難しくしました。しかし、当社は、地方の経営者

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース