コラム

M&A成約件数がギネス世界記録に認定

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターが手掛けた2020年のM&A成約件数の783件がギネスワールドレコーズのギネス世界記録(TM)に認定されました。ギネスワールドレコーズ社によると、M&A関連の世界記録は初めてとなり、創業30周年を迎え、M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターの取り組みが世界に認められました。2021年10月13日に日本M&Aセンター本社で認定式が行われました。

世界初と世界一を同時認定

1991年創業の日本M&Aセンターは日本におけるM&A仲介業のリーディングカンパニーとして、これまでに6,500件を超える友好的なM&Aを導いてまいりました。今回のギネス世界記録は、2020年の1年間で手掛けたM&Aフィナンシャルアドバイザリー業務の最多取り扱い企業として認定されました。M&A関連の世界初のギネス認定となりましたが、申請段階で世界一の実績をギネスワールドレコーズ社に証明することは簡単ではありませんでした。申請するまでには国内外の企業情報を調査し、複雑なM&Aプロセスの定義付けなどルールづくりにも多くの困難がありました。

M&Aによる事業承継の認知拡大に期待

日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓は「M&Aアドバイザリー事業を行う企業として、世界で初めて成約件数のギネス世界記録を獲得できたことは大変うれしく思います」と受け止め、「日本発の世界一のM&A総合企業を目指す中で、ギネス世界記録は大変価値のあることです。コロナ禍で多くの企業の経営環境が激変する中、M&Aのニーズは高まっています。1社でも多くの企業を廃業から救うため、今後も世界一を取り続けられるよう事業を推進していきたいと思います」と決意を新たにしました。

日本M&Aセンター常務取締役営業本部長の竹内直樹は「創業から30年間、地域金融機関や全国の会計事務所などの皆さまと一緒に、M&Aを通じた地方創生の取り組みが世界一の結果につながったと考えています。2025年までに60万社が黒字廃業の危機にある中、M&Aによる事業承継の認知向上の一助となれば幸いです」と話します。

ギネスワールドレコーズ社の藤渕文香公式認定員は「M&A関連で初めての認定で、素晴らしい偉業だと思います。ギネスワールドレコーズとして公式に世界で発信できることを大変光栄に思います」とたたえました。

M&A成約件数のギネス世界記録認定のお知らせ

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「日本M&Aセンター」に関連するコラム

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。握手を交わす三光産業株式会社代表取締役社長執行役員石井正和氏(左)と

【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

広報室だより
【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

「自分たちが設計したものを、見て触って動かしたい」という譲渡企業の社長と従業員の夢を実現するM&Aが成立しました。機械設計事業・制御設計事業を行うアイドラス株式会社(以下、アイドラス、山梨県中央市)は、省人化設備・自動化設備などの製造業を営む株式会社鳥取メカシステム(以下、鳥取メカシステム、鳥取県鳥取市)と資本提携を結びました。両社の所在地である山梨県と鳥取県は直線距離で実に約400キロ離れていま

【SFUG CUP 2022優勝】Salesforceで大企業の壁攻略 DXを浸透させた秘策

広報室だより
【SFUG CUP 2022優勝】Salesforceで大企業の壁攻略 DXを浸透させた秘策

セールフォース・ジャパン主催の「SFUGCUP2022第10回Salesforce全国活用チャンピオン大会」が9月14日に開催され、日本M&Aセンターデータマーケティング部の藤田舞さんが大企業部門に出場し、初優勝を飾りました。決勝大会で発表した日本M&AセンターのSalesforce活用方法をお届けします。Salesforceとは、世界トップシェアを誇るCRM(顧客関係管理)サービスで、顧客情報の

【SFUG CUP 2022優勝者が語る】リスキリングの促進で社員の意識を改革!DX推進担当の想いに迫る

広報室だより
【SFUG CUP 2022優勝者が語る】リスキリングの促進で社員の意識を改革!DX推進担当の想いに迫る

DX戦略の実現・加速に必要なデジタル人材を確保するため、社員のデジタル教育に注力する「リスキリング」への注目度が世界的に高まっています。企業にとって重要であるだけでなく、社員にとっても、スキルや知識を学び変化に対応する力を身に着けられるという大きな意味を持ちます。日本M&Aセンターでは2021年12月より、Salesforce活用によるDX推進のため、Salesforce社内資格制度の運用を開始。

早稲田大学 第25回ビジネスプランコンテスト開催

広報室だより
早稲田大学 第25回ビジネスプランコンテスト開催

2022年7月19日、第25回早稲田大学ビジネスプランコンテストが早稲田大学大隈記念講堂にて開催されました。同コンテストは、1998年に始まった日本で最も歴史ある学生ビジネスプランコンテストの一つで、今回25回目を迎えます。今年度も昨年に引き続き、早稲田大学商学部設置科目日本M&Aセンターホールディングス寄附講座「起業家養成講座Ⅰ」と連携。同科目履修者からの応募200件と、一般応募88件を合わせた

就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

広報室だより
就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

M&A業界への入社を考えている就活生・転職希望者向けの初めての業界本が完成しました。1991年創業から累計7,500件超のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターが2022年4月、フォレスト出版から電子書籍『M&A業界で働く!』を発売しました。事業承継や成長戦略などのため日本企業のM&A件数は2021年には過去最多を更新し、M&A業界への注目度も高まっています。新卒から日本M&Aセンターに入社して多