コラム

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A

⽬次

[表示]

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。

ASEANの大国・インドネシア

クロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが、ベトナム、インドネシア、タイ、フィリピンの4ヵ国です。その中でもインドネシアは、面積、人口、天然資源、産業のポテンシャルを持った大国で、経営者らが「大きな夢」を見るにふさわしい国です。南国特有の人なつこさやゆったりとした生活のリズムからは、「大きな夢」の実現を急がない悠然とした空気も漂っており、インドネシアのポテンシャルの高さを感じさせます。

将来のGDP大国

インドネシアは2018年にGDP1兆ドルを突破しました。ASEANではタイの2倍強を誇り断然トップでASEANの3分の1を占めます。ちょうど日本の5分の1ほどのスケールとなります。年間成長率はコロナショック前までコンスタントに5%前後の水準で推移しており、「インドネシアの成長率は高い」というイメージが世界的に定着しています。国民の平均年齢も29歳と若く、生産年齢人口(15~64歳)も長期的に増加。「高い成長率」と「人口増」はもたらすのはASEANナンバーワンの経済規模の拡大です。2050年には日本を追い越し、世界第4位のGDP大国となることが予想されています。日本の中堅・中小企業の海外M&Aによる進出先としても大きく注目されています。

外資企業誘致でさらなる経済成長へ

インドネシアではASEANを代表する世界屈指のメガシティであるジャカルタをはじめ、あらゆるインフラ整備を急いでいます。インフラ基盤が整うことにより、外国からの企業進出が増え、自国民の雇用が進み、国民の生活レベル向上に結びつくためです。 外資企業を誘致することで生まれるもう一つの効果は、貿易収支の赤字改善です。インドネシアの経常収支は慢性的な赤字体質で、その主な原因は輸入額の多さにあります。中間所得層の増加に合わせて輸入品が増え、石油、天然ガスなどの天然資源を柱とする輸出ではまかないきれず、赤字を解消するため直接投資のような長期にわたり安定資金が入ってくることが最適と考え、外国資本を取り入れることを考えています。

M&Aのハードルは高めだが、親日国で日本企業の親和性は高い

インドネシア企業と日系企業とのM&Aは、2000年代に入って約200件に上り、年間約10件のペースで推移しています。買い手である日系企業は、8割近くが上場企業か上場企業の海外法人、残りが非上場企業で、M&A案件のトレンドとしては、資源系から製造業、そして近年ではサービス業へと変化してきています。 売り手の事情はまちまちで、後継者不在のケースが多いですが、事業を拡大するうえで金利の高い地元金融機関から借り入れるより外部から資本調達したいというケースや競争激化で資金繰りが厳しく、新たなパートナーを探したいといったケースもあります。実際にインドネシア企業とM&Aを実施するとなると比較的難易度は高いといえます。

具体的には (1)会計書類の信用度が低い (2)法整備が不透明 (3)外資規制 (4)土地の所有問題 (5)労働法など高いハードル

以上、5点が挙げられます。一見、これらをみるとインドネシア進出に腰がひけてしまうイメージを持たれるかもしれません。しかし、日本企業との親和性が非常に高く、また2020年11月の雇用創出のためのオムニバス法成立により、外資規制はほぼ撤廃されました。アフターコロナを見据え、多くの日本企業がインドネシアでのM&Aに挑戦しています。高い経済成長を続ける国であることから、いったん成功したあとの果実が大きく、メリットとデメリットのバランスを取りながらM&Aを実施することが重要となります。

日本M&Aセンター ASEAN M&A 書籍

日本M&AセンターがASEAN M&Aのノウハウを紹介
書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』の詳細はこちら

■書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』

著者

安丸 良広

安丸やすまる 良広よしひろ

日本M&Aセンター海外事業部ASEAN推進課 インドネシア駐在員事務所長

総合商社、監査法人を経て2002年に日本M&Aセンターに入社。前身である海外支援室の設立に参画。M&Aの成約数は100件を超え、19年にインドネシアオフィスの設立に携わる。米国公認会計士(USCPA)

この記事に関連するタグ

「ASEAN・クロスボーダー・海外M&A」に関連するコラム

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

海外M&A
中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。中堅・中小企業がASEANの国々に事業を展開する際に有効な戦略がクロスボーダーM&Aです。日本M&AセンターがASEANM&Aのノウハウを紹介書籍『ASEANM&A時代の幕開け中堅・中小企業の成長戦略を描く』の詳細はこちら中堅・中小企業こそ、M&AによってASEA

【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

海外M&A
【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

日本M&Aセンター海外事業部マレーシア駐在員事務所所長の尾島です。この12月、M&A業界初となる「中堅・中小企業向け」海外M&Aのノウハウを詰め込んだ書籍「ASEANM&Aの幕開け-中堅・中小企業の成長戦略を描く-」を上梓します。日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。日本M&Aセンターは、中堅・中小企

「ASEAN・クロスボーダー・海外M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「ASEAN・クロスボーダー・海外M&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

キヤノンITソリューションズ、ベトナム子会社を関東物産に全持分譲渡、持分譲渡契約締結へ

キヤノンマーケティングジャパン(8060)グループのキヤノンITソリューションズ株式会社(東京都港区、キヤノンITS)は、キヤノンITSおよび子会社であるMaterialAutomation(Thailand)Co.,Ltd.が保有するMATVIETNAMCOMPANYLIMITED(ベトナム、MATV)の持分全部を関東物産株式会社(東京都中央区)に譲渡することを決定し、持分譲渡契約を締結した。キ

AppLovin Corporation、Twitter, Inc.のMoPub事業を買収

マーケティングソフトウェアのリーディングカンパニーであるAppLovinCorporation(アメリカ・カリフォルニア州、AppLovin)は、Twitter,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、Twitter)のMoPub事業を買収する契約を正式に締結した。取得価額は、約10億ドル。AppLovinは、マーケティングソフトウェア開発事業を展開している。Twitterは、ソーシャル・ネットワー

王子ホールディングス、インド北部で段ボール製造販売事業を行うEmpire Packages Private Limitedの株式取得、子会社化

王子ホールディングス株式会社(3861)は、インド北部にある段ボール製造販売会社EmpirePackagesPrivateLimited(インド・チャンディーガル、Empire社)の発行済株式を取得した。取得割合は、80%となる。王子ホールディングスは、産業資材、生活消費財、機能材、資源環境ビジネス、印刷情報メディアをセグメントに事業を展開している。Empire社は、段ボールの製造販売を行っている

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース