コラム

日本M&Aセンターと滋賀銀行の全国初のコラボイベントをWeb中継で開催!

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターと株式会社滋賀銀行は、2020年11月25日(水)、Webライブ中継イベント「SDGs事業承継・M&Aカンファレンス2020」を滋賀県大津市のびわ湖大津プリンスホテルにて共同で開催いたしました。今回、イベント当日の様子をお伝えいたします!

このカンファレンスは、日本M&Aセンターの提携先である滋賀銀行と事業承継・M&Aに関するノウハウのすべてを滋賀銀行のお客さまに提供する“全国初”のコラボイベントです。
滋賀県、京都府などの企業のサステナブルな経営を支援するため、経営者の高齢化や後継者不足によって年々深刻化する事業承継問題解決のためのM&A活用をはじめ、成長戦略型M&A・業界別M&A、親族承継など生の情報を日本M&Aセンターの総勢25名のコンサルタントやM&Aを経験された企業の経営者様から提供しました。

8,239名 5,401社に参加お申込みをいただき、当社開催セミナー最大級のお申込み人数となり、滋賀県、京都府、大阪府などの大変多くの企業の皆様に視聴いただきました!

滋賀県 三日月知事ご挨拶

カンファレンス冒頭には、滋賀県知事三日月氏よりご挨拶をいただきました。三日月知事からは、滋賀銀行と日本M&Aセンターの連携による滋賀県内の事業承継問題解決の重要性についてお話しいただきました。

滋賀銀行 高橋頭取・日本M&Aセンター 分林会長・三宅社長対談

滋賀銀行 取締役頭取 高橋様、日本M&Aセンター 代表取締役会長の分林、代表取締役社長の三宅が「事業承継問題とM&Aの活用について」と題し対談しました。
対談において、高橋頭取は滋賀銀行のお取引先で事業承継問題を抱える企業が多いこと、コロナ禍による先行不安によって譲渡相談が増えていることに触れ、もともと抱えていた課題が外部環境の劇的な変化によって浮き彫りになり、それがM&Aの検討に拍車をかけていることを解説しました。
地域金融機関として初めてSDGs宣言を行い、その取り組みの一環としてM&Aの支援に力を入れていくことを伝えました。また、日本M&Aセンターの協業によるM&A成約は累計124件にのぼり、アドバイザリー契約も大幅に増加していることに加え、提携強化によって行内のM&A人材の強化の面でも効果が出ていることを紹介しました。

滋賀県にゆかりのある日本M&Aセンター 代表取締役会長の分林と代表取締役社長の三宅からは、当社の強みについて紹介するとともに、地域の企業と寄り添う滋賀銀行との協業で素晴らしいM&Aが実現していること。高橋頭取をはじめトップがM&Aに真剣に取り組み、地域の経営者と真摯に向き合っているからこそ近江商人の「三方よし」のM&Aが実現していることを紹介しました。

日本M&Aセンター 三宅社長 講演

対談に続いて、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅が「”コロナ”を生き抜く経営戦略」と題し、講演を行いました。講演では、コロナのような危機は今後も間違いなく発生するため、「危機に強い会社」に早急に転換する必要性を伝えました。そのためには、リスク対応を可能とするサプライチェーンの多様化や複数の商圏・チャネルを持つことなど、「一本足打法」から脱却し、様々な経営の要素を分散化させることの重要性を解説。「一本足打法」からの脱却を自助努力や他社買収によって構築する資本力がない企業は、大手企業の傘下に入ることで早急に「一本足打法」経営を脱却し「危機に強い会社」となる重要性を紹介しました。
廃業という選択は、会社の経営者、従業員など、様々の人々の人生を不幸にし、結果的に地域経済に悪影響を与えてしまいます。M&Aによって、廃業という最悪の結果を回避し企業は生き残ることができ、さらに危機に強い会社に革新することができると説明しました。講演の最後に三宅は、M&Aによって、地域経済を継続的に存続、維持・発展させるお手伝いをさせていただきたいとお伝えしました。

事業承継・M&A、成長戦略の今をお伝えするための21の講演テーマを配信

事業承継型M&A、海外M&Aなど様々な形のM&Aをはじめ、企業の成長をレバレッジする成長戦略型M&A及びTPM(TOKYO PRO Market)への上場など、当社が支援するM&Aに関わる幅広い最新のノウハウなど21のテーマの講演を総勢25名のM&Aアドバイザーからお届けしました。

カンファレンスの反響、今後の活動に関して

今回、日本M&Aセンターが滋賀銀行と開催した「SDGs事業承継・M&Aカンファレンス2020」は、地域金融機関と連携して大規模に開催した全国初のコラボイベントです。コロナ禍でリアルでの開催はできませんでしたが、オンライン開催によって遠方の方を含めた8,000名を超える方々に参加いただくことができました。セミナー開催中にご参加者様よりM&Aのご相談をいただくなど、多くの反響をいただいております。 また、TV局や新聞、通信社など各種メディアにも本カンファレンスを取り上げていただき、大盛況のうちに幕を閉じました。

今後も日本M&Aセンターは、滋賀銀行をはじめとした地域金融機関との連携を強化し、地方の中堅・中小企業の“企業の存続と発展”のために尽力することで、各地域経済、ひいては日本経済のサステナブルな成長に寄与していきたいと考えています。

著者

小長谷 匡弘

小長谷こはせ 匡弘まさひろ

日本M&Aセンター営業企画部広報・PR課

青山学院大学卒業後、スポーツアパレルメーカーにて海外マーケットにおけるプロモーション・PRを担当したのち、PR代理店にて大手外資系消費財メーカー数社のPR業務を経験。国内大手メーカー系経営コンサルティング会社PR担当を経て、2020年に日本M&Aセンターに入社。営業企画部にて広報業務に従事。

この記事に関連するタグ

「M&A・SDGs・金融機関・日本M&Aセンター」に関連するコラム

日本M&Aセンターが新たにESGの構成銘柄入り

広報室だより
日本M&Aセンターが新たにESGの構成銘柄入り

企業の社会的責任がより求められるなか、ESGへの取り組みが世界的にも進展しています。機関投資家が投資先を選ぶ上で、企業の財務情報だけではなく、ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みなど非財務情報の重要性が年々高まっています。ESGインテグレーション(統合型)投資がトレンドとなっている昨今、2021年6月、うれしいニュースが舞い込んできました。ESGのグローバル基準を満たす日本企業を対象にした

国際女性デー(IWD)2021 「Ask Anna & Minako」 オンライン座談会開催レポート

広報室だより
国際女性デー(IWD)2021 「Ask Anna & Minako」 オンライン座談会開催レポート

2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された持続可能な開発目標(SDGs:SustainableDevelopmentGoals)。SDGsは、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。発展途上国、先進国に関わらず世界各国が取り組んでおり、日本でもSDGsの取り組みが官民に関わらず重要視され、積極的に推進されています。日本M&

モーニングサテライト出演で、大きな反響をいただきました!

広報室だより
モーニングサテライト出演で、大きな反響をいただきました!

ちょうど1週間前の2020年10月7日(水)5:45~7:05放映のテレビ東京「Newsモーニングサテライト」に当社代表取締役三宅卓が出演。広報チームも同行いたしました!番組では「コロナ後の日本のM&Aはどうなる」をテーマにした「点検コロナ後の世界」のコーナーで三宅が生出演し、コロナ禍におけるM&Aの状況や中堅・中小企業のM&A仲介のリーディングカンパニーとしての取り組みなどを紹介。特に、地域金融

NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

広報室だより
NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

2022年1月13日放送のNHKラジオ「Nらじ」に、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が出演しました。特集コーナー「中小企業の後継者不足その価値を引き継ぐためには」をテーマに、中小企業のM&Aによる事業承継を解説しました。聞き逃し配信はこちら収録機器がずらりと並ぶNHK放送センター13階のスタジオで行われた生放送では、キャスターの眞下貴アナウンサーや出石直解説委員との掛け合いでコーナーが進み

鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

事業承継
鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

鹿児島県のテレビ局KKB鹿児島放送は2021年12月23日、地元の経営者向けに事業承継とM&Aを解説するセミナー「事業承継・M&Aセミナー鹿児島企業の10年先の経営を考える」を開催しました。県内で高まる後継者不在率と休廃業数に対する解決策の一つである事業承継型M&Aをテーマにしたセミナーには約百人が参加しました。セミナーに先立って「ニッポンには、跡継ぎが足りない」と題した特別番組も放送され、M&A

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース