日本M&Aセンター
広報室だより 2020年11月18日

「日本M&Aセンターマッチデー」でFC今治が快勝!

2020年11月14日に開催された「日本M&Aセンターマッチデー」、明治安田生命J3リーグ第27節「FC今治 vs Y.S.C.C.横浜戦」は、ホームのFC今治が3-1 とみごとに勝利をおさめました!

FC今治試合前記念写真

ピッチとの距離がとても近いスタジアム

試合が行われた「ありがとうサービス.夢スタジアム®」は、5,000人収容のサッカー専用スタジアムで小規模ではありますが、一番驚いたのは観客席とピッチの距離がとても近かったことでした。
個人的にもこれまで観戦したことのあるサッカー専用スタジアムの中で臨場感は一番で、選手の試合中の会話や監督の指示がリアルに聞こえ、スタジアム全体でチームをサポートすることができる素晴らしいスタジアムでした!

  • ピッチとの距離がとても近いスタジアム
  • 選手との距離がスタジアム

試合前の楽しいイベント

試合前に、まずはJリーグ観戦の楽しみのひとつでもあるグルメ巡り。今治名物「親ころ焼」の「おや」と「わか」が両方入ったMIX焼きが秀逸でした!
地元今治市で活動している「しまなみブレイクダンススタジオ」によるダンスも驚きのパフォーマンスで、こどもたちのアクロバットなブレイクダンスに観客から驚きの声が聞こえるほどでした!
マッチデーパートナーセレモニーでは、岡田武史オーナーから記念ユニフォームを贈呈いただき、キックインと記念撮影をさせていただきました!

  • 今治名物「親ころ焼」
  • しまなみブレイクダンススタジオのダンス
  • 日本M&Aセンターのキックインの様子
  • 試合前の日本M&Aセンターとの記念撮影

快勝!で大盛りあがりのスタンド

試合に入るとキックオフから終始、今治ペースで試合がすすみ、縦に早いサッカーで両サイドが躍動。前半17分に玉城選手、前半34分と後半16分には上原選手が得点を決め、スタジアムは大盛り上がり!
当日のヒーローには、攻守の要で2得点を決めた上原選手が選ばれました!

  • 得点を決め喜ぶFC今治の選手
  • FC今治 試合後のスタンドへの挨拶
上原選手のヒーローインタビュー

地方創生の象徴「FC今治」

今回の試合を通じ、とても印象的だったのが、チームスタッフやサポーターが一体となって選手をサポートする“情熱”をスタジアムで感じられたことでした。
試合後には、岡田オーナー自らスタジアムの撤収作業を行う姿もとても印象に残っています。またスタンドにきていたサポーターは、若者だけでなく、ご年配の方やこども、さまざまな世代の方々がいらっしゃいました。
みなさんとても表情がよく、ほんとうに地元に愛されているチームだと感じました。
地方創生の象徴でもある「FC今治」これからも応援しています!

地方創生の象徴「FC今治」

[写真提供:FC今治]

第22回 明治安田生命J3リーグ 2020シーズン 第27節試合結果(FC今治HP)

経営者必聴のマッチデーパートナー日本M&Aセンター主催セミナー(11月19日)

同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。