コラム

ZOZOの売却に思うこと ~成長過程の企業のM&A~

渡部 恒郎

日本M&Aセンター 取締役

M&A全般

⽬次

[表示]

ZOZOが成功の過程で企業を事業承継した。

成長過程の企業の選択肢は

もちろん急成長の最中ではなく、初の減益などを経た上ではある。それでも、2019年3月期で売上高118,405百万円、営業利益25,654百万円をたたき出し、時価総額7,000億円前後の会社を21年で作り上げたことは事実だ。 日本の株式市場の中でも上位数本の指に入る成長を遂げた企業と言える。
なお、2019年9月13日時点での時価総額を見ると、丸紅が約1.3兆、双日が約4,000億、サイバーエージェントが約5,000億、大和証券が約8,000億円である。それと比べればZOZOの企業としての優秀さが分かる。
一方ヤフーは以前、同様に成功過程にあった一休をグループに入れた経験を持つ。競合していくのでなく、ヤフーの力、あるいはソフトバンクグループの力を使って、一気に勝者となっていくのだ。
個人で株を持つことは企業のコントロールには役立つが、やはり法人が株を保有していることの事業上の利点は非常に大きいことを改めて痛感している。
企業の経営者、それも創業者の想いを受け止めることは極めて難しいことだと再認識した。 我々M&Aプレイヤーは、オーナー経営者の想いを正確に理解するところから始まり、企業の価値を最大化できる法人や経営者につないでいく仕事だ。
9月12日に行われたZOZOの前澤氏の会見では、ある記者からこんな質問があった。「退任するのは無責任なのではないか?」
前澤氏は、こう答えた。
「本当の無責任とは、自分の権力や地位に甘んじて、会社の成長機会を逃し、自分の地位に安住することではないかと考えます。ZOZOはいま課題を持っており、その課題を解決するために今回の提携は素晴らしいものになります。これまでの私の、トップダウンのある意味わがままな経営から、社員1人1人権限を持ち、あたかも1人1人が社長のように振る舞える、総合力を持った組織にならなければなりません。
それによって、今以上の総合力を持った企業として、ZOZOはさらなる成長を遂げていく必要がある。そのための苦渋の決断でした。」
また、こんな声もあった。
「結局、嬉しいのか悲しいのかどちらなのか?」
これに対しては、嬉しくもあり、寂しくも悲しくもある。これが偽らざる答えだ。オーナーにとって、子供が結婚するような気持ちだ―――。
前澤氏は最後に、「毎日毎日が新しい始まり。スタートトゥデイは、ZOZOにとっては非常に重要な名前だし、僕にとっても大切。ここにきて、別々の道を歩むことになったが、このシンプルな考え方を基に、これからも互いに一歩一歩、新しい人生を楽しんで生きていけたらいいな」と話した。
大企業や多くのビジネスは今までの延長線上に事業が成り立っている。企業を引き継いだ経営者は、創業者のようにリスクを取る勇気がなく、統治することに苦心し、企業はつまらなくなり、成長を失っていく。
一方で、創業者は、毎日新しいことを考え生み出している。
ヤフーは川邊社長をはじめ、創業経営者の集まりだ。ヤフーのグループに入ったZOZOは、この創業者の考え方を忘れずに更なる飛躍を遂げてほしい。

著者

渡部 恒郎

渡部わたなべ 恒郎つねお

日本M&Aセンター 取締役

学生時代に起業を経験の上、日本M&Aセンター入社。2008年から2015年までの8年間で最優秀社員賞を3度受賞。 中堅・中小企業M&AのNo.1プレイヤーとしてM&A業界を牽引してきた。 トータルメディカルサービスとメディカルシステムネットワークのTOBは日本の株式市場で最大のプレミアムを記録した(グループ内再編を除く)。 2020年同社最年少で取締役に就任。2020年11月末時点において、 国内の時価総額1兆円以上企業における最年少の常勤取締役となった。 著書に「業界再編時代」のM&A戦略―No.1コンサルタントが導く「勝者の選択」』(幻冬舎、2015年)、「業界メガ再編で変わる10年後の日本」~業界・部署・技術の境界線がなくなる時代へ~(東洋経済新報社、2017年)がある。

この記事に関連するタグ

「イノベーション・事業承継・業界再編・経営者・成長戦略」に関連するコラム

【1万字スペシャル対談】SHIFT×日本M&Aセンターが巻き起こす、SI業界革命

M&A全般
【1万字スペシャル対談】SHIFT×日本M&Aセンターが巻き起こす、SI業界革命

2019年5月、業務提携を発表したSHIFTと日本M&Aセンター。提携により、2社が共同で運営する新たなコンソーシアムを立ち上げ、SI業界変革を加速していくという。果たして両社は今後、業界の未来をどのように変えていくのか。SHIFT代表取締役社長丹下大氏と、日本M&Aセンター上席執行役員渡部恒郎に語ってもらった。ソフトウェアテスト業界を切り拓く日本M&Aセンター渡部SHIFTはソフトウェアテストの

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより
日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役

事業承継・引継ぎ補助金の概要を中小企業庁が解説!(2022年最新情報も掲載)

広報室だより
事業承継・引継ぎ補助金の概要を中小企業庁が解説!(2022年最新情報も掲載)

「事業承継・引継ぎ補助金」は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は2021年6月30日に公開されたものです。役職等は取材当時の内容です。※記事最終更新:2022年7月26日事業承継の動向「我が国において、経営者の高齢化

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。(※当セミナーは終了しました)IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、

IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

広報室だより
IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

日本M&Aセンターは経営者の皆様やM&Aに興味をお持ちの方に向けて、事業承継の問題を解決するM&Aや成長戦略に関するセミナーを多数開催し、たくさんの方々にご参加いただいております。2021年8月23日に美容家のIKKOさんを招いたオンラインセミナー「IKKOさんが聞く『M&Aって何!?』」を開催しました。東京本社にご来社された黒の着物姿のIKKOさんの輝かしいオーラに社員一同は圧倒されました…!今

中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

M&A全般
中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

経営者の高齢化と新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済的な影響を受ける中小企業の貴重な経営資源を守ろうと、中小企業庁は4月28日に「中小M&A推進計画」を初めて策定しました。組織強化のために改組した行政機関の「事業承継・引継ぎ支援センター」と、民間のM&A支援機関(専門仲介業者等)の官民が連携して、中小企業における事業承継の支援強化を打ち出しました。今後、5年の期間に官民が取り組む計画をまと

「イノベーション・事業承継・業界再編・経営者・成長戦略」に関連する学ぶコンテンツ

「イノベーション・事業承継・業界再編・経営者・成長戦略」に関連するM&Aニュース

インターネットイニシアティブ、インターネットレボリューションより一部の事業を承継へ

株式会社インターネットイニシアティブ(3774、IIJ)は、株式会社インターネットレボリューション(東京都中央区、i-revo)の法人向けインターネットプロバイダ事業およびクラウド再販事業を簡易吸収分割の方法により、承継することを決定した。会社分割の対価として、IIJはi-revoに249百万円の金銭を交付する予定。IIJは、インターネット接続およびアウトソーシングサービス、システムインテグレーシ

三菱総合研究所、オランダのKYOS Holdingと合弁契約及び業務提携契約締結

株式会社三菱総合研究所(3636)は、卸電力取引向けオンライン情報サービスであるMPX(MRIPowerPriceIndex)事業について、新設完全子会社の株式会社MPX(東京都千代田区)を承継会社として会社分割(簡易吸収分割)を行うことを決定した。また、MPXに対して、KYOSHoldingB.V.(オランダ・北ホラント州)の資本を受け入れることを決定し、KYOSと合弁契約および業務提携契約を締

相鉄不動産、一部のリゾート事業をエンゼルフォレストリゾートに承継へ

相鉄不動産株式会社(横浜市西区)は、「相鉄の那須」に係るリゾート事業を、会社分割(簡易吸収分割)により株式会社エンゼルフォレストリゾート(静岡県熱海市)に承継させることを決定した。相鉄不動産を分割会社とし、エンゼルフォレストリゾートを承継会社とする吸収分割。相鉄不動産は、エンゼルフォレストリゾートから本吸収分割の対価として金銭の交付を受ける。※「相鉄の那須」に係るリゾート事業とは、那須の別荘地管理

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース