コラム

9代目社長に聞く。創業106年の伝統企業 大阪・中島大祥堂を「紡ぐヒト」

事業承継

⽬次

[表示]

株式会社中島大祥堂

創業:1912年
所在地:大阪府八尾市
事業内容:和菓子洋菓子製造販売
従業員数:140名(正社員)
代表取締役 中島慎介

中島様

中央:中島大祥堂 代表取締役 中島慎介様
右:向井珍味堂 顧問 中尾敏彦様(事業承継ナビゲーター サポーター)
左:日本M&Aセンター 上席執行役員 雨森良治

絶えず新しいことをやる

「100年同じモノをひたすら売っている老舗企業だったら継いでいなかったかもしれません。」

大正元年京都で創業した中島大祥堂は今年で106周年を迎えるお菓子づくりの伝統企業だが、9代目の中島慎介社長は伝統に胡坐をかくことはない。その眼は常に新たなものを求めているからだ。

戦前、特別なものであった「お菓子」は、戦後欧州からの安価な輸入品が市場を席巻、スーパーマーケットの登場による小売の肥大化の時代を経て、作り手には厳しい業界となりつつあった。一方で、「進物・ギフト」の市場ではいまだ存在感を発揮しており、ニッチな世界ながら着実にその地位を確保している。

30年前に中島大祥堂が売り出した“吉野のくずもち”は、夏のギフトとして定番化し、ギフト市場における同社のロングセラー商品となった。

中島様

吉野のくずもち

中島様

創業当時

中島社長は「絶えず新しいことをやる」ことを大事にしており、「新製品×新販路」両方の開発・開拓が常に必要と説く。また、作り上げたものも定期的に「全部見直す」ことで、結果的に商品寿命を長くすることができると言う。素材はより良いものにこだわり、パッケージも2年に1回はリニューアルし、消費者が魅力的に感じる見せ方をするなど時代に合わせて求められる商品を追求している。

?

家でも父を社長と呼ぶ。一社員として受け入れてくれた従業員に感謝

工場でよくある「来客への挨拶」も中島大祥堂の場合、アットホームな雰囲気の中にも背筋の伸びた程よい緊張感とおもてなしの丁寧な心遣いを感じさせる。「OEMを受けている大手企業は工場の監査がつきもの。当社の場合、できるだけ最初に工場はもちろん、工場で働いている従業員の顔を担当者に見てもらうことでオープンな会社であることを印象づけるように気遣っています」。

若いときに一社員として入社した自分を受け入れてくれた従業員に対して、「人には恵まれた」と感謝の念を忘れない。

?

自身が会社を引き継ぐときはというと、先代(父)と「大きな方向性や考え方は一緒であったが細かなところでは意見の食い違いも多く、喧嘩もいっぱいした」そうだ。

しかしあるとき、「親子であることを捨て、経営者と部下の関係になるべきだ」と気持ちを切り替えてから衝突はなくなった。「家でも父を社長と呼んでいました」。

この徹底ぶりで、社員も“社長の息子”をスムーズに受け入れた。次期社長となる準備が整った瞬間だった。

ちなみに社長に就任した直後から先代は会社に来なくなり、ずっとしたかった勉強をするために大学に入学したというから、その潔さと探究心たるや恐れ入る。

大阪本社工場

?

事業承継は“理念の承継”が重要

先代からの教えは「モノはヨーロッパに学べ、ビジネスはアメリカに学べ」。数度の研修出張だけでなく、とにかく息子を育てるための経験や投資は惜しみなく与えてくれたという。中島社長は4人兄弟の長男だが、先代は当初から「会社には子どもをひとりしか入れない」と決めていた。中島社長も、会社の株式は自分に、それ以外の資産は他の兄弟3人に渡すよう伝え、親の財産はアテにしないことで応えた。

「これからも社会に必要とされる企業であることは守り続けながら、商品やビジネスのシステム、事業領域はどんどん変化させていきたい」。

自身の事業承継を問われると「日本M&Aセンターにお願いするかもしれませんね」と笑う。変化し続けられたことで伝統企業になった経験から、事業承継を成功させるには“理念の承継”がいかに重要か身に沁みている。

一言で事業承継といっても十人十色、千差万別。継ぐ側、継がせる側お互いの潔さが必要だ。永く企業を存続させたい、うまく事業を引き継ぎたいオーナー経営者の参考になれば幸いだ。

人気ブランドHitotoeのはちみつマドレーヌ

中島大祥堂 公式サイト

本記事掲載の広報誌「next vol.11 M&Aでつなぐ伝統」を読む

その他事例集やパンフレットをダウンロードする

この記事に関連するタグ

「老舗企業・親族内承継・事業承継」に関連するコラム

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思いますが、その参考にしていた

事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

事業承継
事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

経営者を引退するとき、事業承継は一族全員の問題になります会社の将来を真剣に考える中で事業承継を考えている経営者の方がまず行うべきことは「将来についてできるだけ早く家族と話し合う」ことです。事業承継とはこれは幹部社員や顧問の弁護士、公認会計士・税理士、関わりのある金融機関などよりも優先すべきことだと私は思います。というのも、驚くべきことに、そもそも、子どもが事業を継ぎたいのか、継ぎたくないのか、親と

大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

事業承継
大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

実家が家業を営んでいるという若い世代は、自身の将来についてどんな考えを巡らせているのでしょうか。自分の進みたい道がある、漠然と家業は継ぎたくないと思っている、親である社長の考えがわからず不安に感じている等々、さまざまな方がいるでしょう。もちろん家業を継ぐことを真剣に考えていて、若いうちは実家から離れて就職し、将来戻ってきて家業を継ごうとしていたり、最初から家業に入って後継者として経営のノウハウを学

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース