コラム

最適なディスクローズ(開示)のタイミングとは?

幸亀 努

著者

幸亀努

日本M&Aセンター執行役員 大阪支社 西日本統括

M&A全般

⽬次

[表示]

M&Aで譲渡を決断されたオーナー社長様にとって、その事実を「誰に」「どのタイミングで」開示するかは極めて重要なテーマです。 会社を取り巻く関係者は様々です。 社長の家族、株を保有している親族、役員・従業員はもちろんのこと、取引先、顧問税理士、取引金融機… これだけの関係者に、M&Aで会社を譲渡する事実と、その「背景」にある社長の想いを「どこかのタイミングで」伝えなければなりません。 もちろん、M&Aは秘密保持で交渉が進められますし、情報漏洩リスクの観点からもM&A譲渡検討段階で本件を知る人は少ない方が望ましいといえます。 「納得できる相手先に出会えるのか?」「こちらが望む条件で合意できるのか?」―M&A検討の初期段階においてはわからないですし、様々な検討をした結果M&Aのタイミングを遅らせたり見送ったりすることもあるでしょう。 そのため、可能な限り社長1人の胸にしまって交渉にあたるのがベストです。 しかしそうはいっても、交渉が具体化するにつれて重要関係者の同意取得が必要になるので、同意をあらかじめとりつけるためにディスクローズ(開示)が必要な場合もあります。 関係者ごとに特徴を見ていきましょう。

M&Aの捉え方は人それぞれ。だからこそ、ディスクローズは大切

家族・親族への開示方法は十社十色

奥様が会社の経理総務を担当していたり、ご子息が会社の役員を務めていたり、親族が社内にいるケースは多いでしょう。 会社業務への関与度や株式の所有割合によっては早い段階での開示と、M&Aへの同意が必要な場合があります。 忙しい社長に代わって、資料収集をご家族で協力し合ったケースもありました。 一方で、M&Aへの気持ちの整理がつかず、最終局面で奥様が反対するケースもありました。 社長にとって我が子の様な会社は、家族にとっても同じくらい大きな存在です。「M&A=会社がなくなる」という喪失感に見舞われて感情的に反対する場合もあります。 家族に対しては「どうしてM&Aをすることにしたのか」、その「背景」にある大義名分、“社長の想い”を共有することが重要です。

幹部社員・株主は最終局面で同意を得られることが重要

社員への開示は最終契約締結後が通常ですが、幹部社員に関しては例外の場合もあります。 幹部社員の賛同があってこそM&A後の両社の融合もスムーズに進みますし、買い手企業も幹部社員の姿勢(協力的かどうか)を重視するのは当然です。 相手先との交渉が最終段階になった段階で幹部社員に開示し、協力姿勢を得ておくことが重要です。 ただし人数は絞り込み、情報漏洩対策をしっかりとりましょう。 株主も、全ての株主から株式売却の同意を得られることが最終契約の成否に大きく関わってきます。 同意が得られない可能性がある株主については対策を事前に講じる必要があります。

M&Aを決断した社長の想いを伝えることが重要

いきなり「会社を譲渡する」と聞いて動揺しない人はいません。会社の譲渡が自分にどんな影響があるのかはすぐには想像できないので不安になりますよね。 そのため、ディスクローズにおいて重要なのは「M&Aという選択が会社にとって、社員にとって最良である」と社長自身が信じて決断した“想い”を伝えることです。 会社が成長していく未来のための決断であれば、関係者は必ず納得してくれます。 先日私が経験した話です。 M&A交渉をしていた製造業のとある会社で、専務にそのことを開示しました。 社長は、M&Aを決断するまでの想いやM&Aによる今後の会社の成長ビジョンについて、丁寧に説明をしました。 すると専務は開口一番、「よかった」と言われました。 「よかった。社長には後継ぎがいないのはわかっていたので、もしかしたら社長の代で会社を畳んでしまうのではとずっと気にかかっていました。 もし廃業となったら、私を含め社員の再就職は厳しい時代です。M&Aが、会社が存続・発展していくための社長の決断ということなら、全面的に協力させて頂きます!」 こうしてこの会社は無事にM&Aが実行され、専務は今までと変わらず働いています。 社長のM&Aにかける想いをきちんと伝えればM&Aへの理解を示してもらえることを実感しました。 日本M&Aセンターでは、経験豊かなコンサルタントが開示のタイミングや内容、話し方などディスクローズについてもサポートします。 ぜひご安心してご相談ください。

ディスクロージャー

清算(廃業)とM&Aの比較

著者

幸亀 努

幸亀こうかめ つとむ

日本M&Aセンター執行役員 大阪支社 西日本統括

大手証券会社にてM&Aアドバイザリー業務に従事後、2002年日本M&Aセンター入社。大手企業から中小企業まで数百件のM&A成約に関与。SFPホールディングス(東証2部上場)の創業者が「約束のとき」というタイトルで出版した書籍の中で、担当のM&Aコンサルタントとして登場している。

この記事に関連するタグ

「家族・M&A」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

広報室だより
就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

M&A業界への入社を考えている就活生・転職希望者向けの初めての業界本が完成しました。1991年創業から累計7,000件超のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターが2022年4月、フォレスト出版から電子書籍『M&A業界で働く!』を発売しました。事業承継や成長戦略などのため日本企業のM&A件数は2021年には過去最多を更新し、M&A業界への注目度も高まっています。新卒から日本M&Aセンターに入社して多

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより
「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や

日本M&Aセンターとバトンズが今治市と連携協定

広報室だより
日本M&Aセンターとバトンズが今治市と連携協定

日本M&Aセンターとバトンズは愛媛県今治市と事業承継に関する連携協定を締結しました。今治地域における中堅・中小企業の事業承継の支援で地域経済の活性化と地方創生に取り組みます。日本M&Aセンターが自治体と連携するのは高知県、茨城県に次いで3例目になります。事業承継に関する連携協定今回の提携はそれぞれが保有する情報資源等を有効活用して協力し、中小企業の事業承継の促進を通じて地域経済の活性化と地方創生を

IPOの減少予想広がり、スタートアップ企業の目線はM&Aに

調査データ
IPOの減少予想広がり、スタートアップ企業の目線はM&Aに

“上場熱”が高かった昨年から一転して2022年は新規上場数が減少するとの市場予想が広がっています。株安傾向が続く2022年の市場動向やウクライナ情勢への懸念からIPOを目指す企業にとって厳しい環境となっています。東京商工リサーチの全国「IPO意向企業」動向調査によると、株式上場(IPO)の意向を示す企業は1,857社だった一方で、業績伸び悩みの傾向があると分析し、「世界経済の混乱による投資家心理の

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース