M&Aニュース

「持分法適用関連会社化」に関連するM&Aニュース一覧(2ページ目)

サンドラッグ、キリン堂ホールディングスを持分法適用会社化へ

株式会社サンドラッグ(9989)は、株式会社キリン堂ホールディングス(3194、以下「キリン堂HD」)の株式を所有する株式会社BCJ-47の33.4%に相当する間接持分をBainCapitalPrivateEquity,LP(そのグループを含む)が投資助言を行う投資ファンドより取得し、キリン堂HDを持分法適用会社化することを決定した。サンドラッグは、ドラッグストアチェーンおよび調剤薬局の経営、フラ

パナソニックHD、オートモーティブ事業会社の一部株式を米ファンドに売却へ

パナソニックホールディングス株式会社(6752、以下パナソニックHD)は、ApolloGlobalManagementInc.(米国ニューヨーク)のグループ会社(以下、Apollo)と、子会社のパナソニックオートモーティブシステムズ株式会社(以下、PAS)の事業に関して、共同パートナーになることに基本合意した。今回の合意に基づく取引が実現すれば、パナソニックHDが現在100%保有するPASの株式の

ギフティ、DIRIGIOの株式取得、持分法適用関連会社化へ

株式会社ギフティ(4449)は、株式会社DIRIGIO(東京都目黒区)の株式を取得し、持分法適用関連会社化することを決定した。ギフティは、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を、国内外で展開している。2021年7月にDIRIGIOの一部株式の取得後、ギフティ顧客へのモバイルオーダー等の機能提供を共同で進めていた。DIRIGIOは、飲食店に対しモバイルオーダーの開

デジタリフト、SEO関連事業のウェブココルの株式を取得、持分法適用関連会社化へ

株式会社デジタリフト(9244)は、ウェブココル株式会社(福岡県福岡市)の一部株式を取得し、今後、持分法適用関連会社とする見込みとなった。デジタリフトは、トレーディングデスク事業、DMP(データマネジメントプラットフォーム)導入コンサルティング事業、SNS運用事業、システム企画・開発・コンサルティング事業を行っている。ウェブココルは、2020年創業のスタートアップ企業。SEOコンサルティング、SE

ダスキン、JPホールディングスと業務提携、及び同社を持分法適用関連会社化へ

株式会社ダスキン(4665)は、株式会社JPホールディングス(愛知県名古屋市)と業務提携契約を締結すること、ならびにJPホールディングス株式の一部を取得し、同社を持分法適用関連会社とすることを決定した。ダスキンは、株式会社学研ホールディングス(9470)との間で株式譲渡契約を締結し、学研ホールディングスが保有するJPホールディングス株式の全てである普通株式26,989,100株を、2023年11月

トーヨーカネツ、木本産業を持分法適用会社化

トーヨーカネツ株式会社(6369)は、木本産業株式会社(和歌山県有田市)の普通株式11,130株(議決権所有割合:33.397%)を取得し、持分法適用会社とした。トーヨーカネツは、物流システム、エネルギー貯蔵タンク、産業機械、建築、環境分野の事業を展開している。木本産業は、タンク建設・補修メンテナンス事業、防災・警備事業を行っている。トーヨーカネツは、中期経営計画(2022~2024年度)にて掲げ

大和証券グループ本社、フィリピンのCOL Financial Group, Inc.と業務提携を締結

株式会社大和証券グループ本社(8601)は、COLFinancialGroup,Inc.(フィリピンマニラ、以下COL)との間で、9月26日付で業務提携に関する契約書を締結した。さらに、COL株式を追加取得し、COLを持分法適用関連会社とする予定。大和証券グループ本社は、大和証券株式会社および大和アセットマネジメント株式会社等をグループとする持株会社。COLとは、2017年に同社株式を一部取得して

ひろぎんホールディングス、信愛トータルサービスを持分法適用関連会社化へ

株式会社ひろぎんホールディングス(7337)は、信愛トータルサービス株式会社(広島県広島市)の株式を取得し、同社を持分法適用関連会社とすることを決定した。異動後の議決権所有割合は、39.5%となる。ひろぎんホールディングスは、広島銀行を中核としたひろぎんグループを統括する持株会社として2020年10月に誕生。「銀行」「金融」という枠を超え、幅広いニーズや課題に対応できる「地域総合サービスグループ」

東海運、オランダ関連会社のNL社へ追加出資、持分法適用関連会社化

東海運株式会社(9380)は、関連会社であるTANDEMGLOBALLOGISTICS(NL)B.V.(オランダロッテルダム、以下NL社)を持分法適用関連会社とすることを決定した。東海運は、物流・海運・不動産事業等を行う総合物流企業。NL社は、海上・航空国際貨物輸送、タンデムネットワークのオランダ総代理店事業を行う。東海運は、NL社が今後の業容拡大のために実施する株主割当増資を引き受けることを、2

ベクトル、コネクトを持分法適用関連会社化へ

株式会社ベクトル(6058)は、株式会社コネクト(東京都文京区)の株式を取得し、持分法適用会社化することを決定し、株式譲渡契約を締結した。異動後の議決権所有割合は、39.0%。取得価格は、アドバイザリー費用等も含め約179百万円。ベクトルは、企業PRやコンサルティング事業を展開している。「PRTIMES」や、採用プラットフォーム「JOBTV」を提供している。コネクトは、副業およびフリーランスに特化

gooddaysホールディングス、スカイファームを持分法適用関連会社化へ

gooddaysホールディングス株式会社(4437)は、スカイファーム株式会社(神奈川県横浜市)が実施する第三者割当増資全ての引受けにより、持分法適用関連会社化することを決定した。スカイファームは第三者割当増資を実施し、新株を1,650株発行し、gooddaysホールディングスはその全株1,650株を取得する予定。この結果、gooddaysホールディングスの所有株式は1,650株(議決権所有割合:

三井物産、イタリアの食品会社Euricom S.p.A.に出資

三井物産株式会社(8031)は、EuricomS.p.A.(イタリアロンバルディア州、以下ユーリコム社)の株式の一部取得を決定し、関連契約を締結した。ユーリコム社は持分法適用会社となり、三井物産は経営の意思決定に関わる。三井物産は、金属、エネルギー資源や機械、化学品などの国内卸売および外国間貿易を行っている。東欧市場をカバーするユーリコム社子会社のRol-Ryzsp.zo.o.へ2022年6月に出

Link‐U、マンガや雑誌の読み放題サービスのビューンの株式取得へ

株式会社Link‐U(4446)は、株式会社ビューン(東京都千代田区)の株式を取得することを決定した。Link‐Uは、サーバープラットフォームビジネスを展開している。ビューンは、個人向け・美容室やマンガ喫茶などの店舗向け・集合住宅入居者向けの、マンガや雑誌の読み放題サービスを提供している。Link‐Uはマンガサービスの開発・運用やプロモーションを行っており、より良いサービス提供のため、ビューンに対

テリロジーHD、アイティーエムとの間で資本業務提携契約締結へ

株式会社テリロジーホールディングス(5133、以下テリロジーHD)は、さくらインターネット株式会社(3778)のグループ会社であるアイティーエム株式会社(東京都新宿区)との間で、資本業務提携契約を締結した。これに伴いアイティーエムが実施する第三者割当増資を引き受けることを発表した。テリロジーHDは、サイバーセキュリティソリューション、および各種ICTサービス・DXテクノロジーの提供等を営むグループ

MRTとメドリングが資本提携へ

MRT株式会社(6034)は、メドリング株式会社(東京都文京区)が実施した第三者割当増資を引受け、資本提携契約を締結した。MRTは、医師、医療機関、患者およびその他医療関係者に医療情報のプラットフォームを提供している。メドリングは、クラウド電子カルテ「MEDi」の開発・販売および関連事業を行っている。MRTは本提携により、メドリングの株式のうち約21%を取得の上、持分法適用会社に迎える。本提携は、

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード