M&Aニュース

ビルメンテナンス業界のM&Aニュース一覧

シンメンテホールディングス、日菱インテリジェンスの業務用エアコン洗浄ロボット事業譲渡へ向けた基本合意書締結

シンメンテホールディングス株式会社(6086)は、日菱インテリジェンス株式会社(東京都目黒区)との間で業務用エアコン洗浄ロボット事業譲渡に関する基本合意書を締結し、協議することを決定した。シンメンテホールディングスは、店舗・施設の設備機器、および内外装等のトータルメンテナンスサービス事業を行う子会社の経営管理を行っている。日菱インテリジェンスは、空調設備・機器(メーカー不問)やビル設備全般(エレベ

イオンリテール、アクティアを子会社化へ

イオンリテール株式会社(千葉県千葉市)は、イオンディライト株式会社(9787)が持つアクティア株式会社(東京都中央区)の全株式を取得し、2023年9月1日に、子会社化することとした。イオンリテールは、イオン株式会社(8267)グループの総合スーパー(GMS)事業の中核を担っており、「イオン」「イオンスタイル」を展開している。そのほか、リフォームやDIY用品、アプライアンス(家電)、モバイル事業等も

日本管財ホールディングス、持株会社体制への移行に伴うグループ組織再編実施へ

日本管財ホールディングス株式会社(9347)の完全子会社である日本管財株式会社は、保有する子会社株式を、日本管財ホールディングスへ現物配当することを決定した。日本管財ホールディングスは、建物総合管理等を行うグループの持株会社。日本管財グループは、2023年4月3日に持株会社体制へ移行し、経営機能と業務執行機能を分け、スピード感のある事業運営により、さらなる成長の実現を目指している。本件は、持株会社

イオンディライト、アスクメンテナンスを子会社化へ

イオンディライト株式会社(9787)は、株式会社アスクメンテナンス(熊本県熊本市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。イオンディライトは、施設管理の大手企業。ファシリティ(土地、建物、構築物、設備等)マネジメント事業を行っている。アスクメンテナンスは、九州にて清掃、設備管理、マンション管理、建設施工等を行っている。本件M&Aによりイオンディライトは、九州エリアにおけるファシリティマネジメ

日本管財、エヌ・ジェイ・ケイ・スタッフサービスを日本住宅管理に譲渡へ

日本管財株式会社(9728)は、完全子会社である株式会社エヌ・ジェイ・ケイ・スタッフサービス(大阪府大阪市、以下NJKSS)の全株式を、連結子会社である日本住宅管理株式会社(大阪府大阪市)に譲渡することを決定した。日本管財は、総合ビルメンテナンスの大手。NJKSSは、マンション・ビル等の管理員スタッフの人材派遣を行っている。日本住宅管理は、マンション・ビル等の総合管理事業を行っている。本件により日

日本管財の子会社日本管財環境サービス、積水化学工業の子会社である清流メンテナンスを子会社化

日本管財株式会社(9728)の子会社である株式会社日本管財環境サービス(大阪府大阪市)は、株式会社清流メンテナンス(大阪府吹田市)の全株式を積水化学工業株式会社(4204)より取得した。なお、本件により清流メンテナンスは日本管財の連結子会社(孫会社)となる。日本管財環境サービスは、日本管財の完全子会社。環境施設管理事業を担っている。清流メンテナンスは、積水化学工業の完全子会社。主に、汚泥再生処理施

ビケンテクノ、連結子会社である蘇和を吸収合併へ

株式会社ビケンテクノ(9791)は、連結子会社である蘇和株式会社(大阪府吹田市)の吸収合併を決定した。ビケンテクノを存続会社とする吸収合併方式とし、蘇和は解散する。ビケンテクノは、総合ビルメンテナンス事業を行っている。その他、ビルオーナー代行業務や食品工場の衛生管理、フランチャイズなど多角的な事業を展開している。蘇和は、不動産管理事業を行っている。本件によりビケンテクノは、グループにおける経営の効

日本ハウズイング、三井E&Sホールディングス連結子会社の全株式取得、子会社化へ

日本ハウズイング株式会社(4781)は、株式会社三井E&Sホールディングス(東京都中央区、三井E&S)から、連結子会社の株式会社MESファシリティーズ(千葉県市原市、MES)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。日本ハウズイングは、マンション管理事業、ビル管理事業、不動産管理事業、営繕工事業を展開している。三井E&Sは、機械・システム事業、船舶事業、海洋開発事業、エンジニアリング事業、IT

イオンディライト、中国連結子会社を通じて浙江美特来物業管理有限公司を子会社化へ

イオンディライト株式会社(9787)は、連結子会社である永旺永楽(中国)物業服務有限公司(中国蘇州、AD中国)が浙江美特来物業管理有限公司(中国杭州、美特来)の出資持分を、持分買取および増資引受により取得することを決定した。取得価額は、約484百万円。取得割合は、51%となる。イオンディライトは、ファシリティマネジメント事業を展開している。顧客への課題解決に最適なソリューションを提供している。AD

日本ハウズイング、給排水に関連した事業を行うメイセイの全株式取得、子会社化へ

日本ハウズイング株式会社(4781)は、株式会社メイセイ(埼玉県草加市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。日本ハウズイングは、マンション管理事業、ビル管理事業、不動産管理事業、営繕工事業を展開している。メイセイは、給排水に関連した様々な設備や制御機器の保守・点検、調査・診断、清掃・洗浄、修理・工事業務を行っている。近年建物の高経年化を背景に、給排水設備に関する工事および保守点検のニーズ

イオンディライト(9787)、連結子会社KJSをDNPフォトイメージングジャパンに分社型新設分割で譲渡

イオンディライト株式会社(9787)は、連結子会社KJS株式会社(東京都中央区)の証明写真機事業を会社分割により新設会社に承継させたうえで、新設会社の株式を株式会社DNPフォトイメージングジャパン(東京都中野区)に譲渡することを決定した。本件は、KJSを分割会社とし、証明写真機事業を新設会社に承継する分社型新設分割とする。イオンディライトは、インテグレーテッド・ファシリティマネジメント(IFM)事

大成(4649)、次世代型アバターロボット”ugo”開発のMira Roboticsと資本業務提携

大成株式会社(4649)は、アバターロボットの開発を手掛けるMiraRobotics株式会社(川崎市高津区、ミラロボティクス)とアバターロボットを活用した警備ソリューションの開発に向けて資本業務提携を決定した。大成は、ビルの保守・運営に関わる総合ビルメンテナンスを主に行っている。ミラロボティクスは、アバターロボットの開発を手掛け、スムーズな遠隔操作とAI学習機能による自動化モードを兼ね備えたハイブ

マイスターエンジニアリング(4695)、マネジメント・バイアウト(MBO)により株式非公開化

マイスターエンジニアリング(4695)は、マネジメント・バイアウト(MBO)の一環として行われる、MEホールディングス株式会社による普通株式に対する公開買付けに賛同する旨の意見を表明するすることを決定した。MEホールディングスは、東京証券取引所市場第二部に上場しているマイスターエンジニアリング株式の全てを取得し、対象者株式を非公開化することを企図しており、マイスターエンジニアリング株式の上場は廃止

大成(4649)、シンガポールのファシリティマネジメント会社C+H Associates Pte Ltd.の株式75%取得

大成(4649)は、シンガポールのC+HAssociatesPteLtd.(CH社)の株式の75%を現株主より取得することを決定し、株式譲渡契約を締結した。大成は、基盤事業である不動産の管理・メンテナンス事業において、成長性著しい東南アジアを戦略的な重要市場と位置づけ、積極的な事業進出を図っている。CH社は、ファシリティマネジメント会社。設備管理および建築業務を軸とする事業展開を通じて、公的案件を

ビケンテクノ(9791)、シンガポール子会社を通じ、現地空調設備工事会社LEONG HUM ENGINEERING PTE.LTD.の全株式取得、子会社化

ビケンテクノ(9791)の連結子会社であるSINGAPOREBIKENPTE.LTD.(シンガポール、SB社)は、LEONGHUMENGINEERINGPTE.LTD.(同、LHE社)の全株式を取得し、子会社化することを決定し、株式譲渡契約を締結した。SB社は、シンガポールにてファシリティマネジメント業務を展開している。LHE社は、シンガポールにてエアコン設置工事およびその他付随事業を行っている。

日本管財(9728)、日本テレビグループの清掃会社・サンエイワークの西日本事業を取得へ

日本管財(9728)は、株式会社サンエイワーク(東京都中央区、SW)の関西支社及び九州営業所に係る事業を承継する新設会社株式会社サンエイワーク(大阪市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。SWは、日本テレビホールディングス(9404)傘下の株式会社日本テレビワーク24の100%子会社。関西支社及び九州営業所では、主に西日本で建物の清掃業務を中心に、病院向けのコンシェルジュ業務などを提供し

マイスターエンジニアリング(4695)、設計・監理の子会社蒼設備設計の全株式を池下設計に譲渡

マイスターエンジニアリング(4695)は、連結子会社である株式会社蒼設備設計(東京都品川区)の全株式を、株式会社池下設計(東京都杉並区)に譲渡した。マイスターエンジニアリンググループは、メンテナンスとエンジニアリングを事業領域とし、ファシリティ関連事業、メカトロ関連事業、コンテンツサービス事業の3つ事業を主に展開している。蒼設備設計は、グループの建築設備に関する設計・監理を担い、グループの関連事業

ビケンテクノ(9791)、シンガポール子会社により現地プールメンテナンス会社の株式取得

ビケンテクノ(9791)の連結子会社であるSINGAPOREBIKENPTE.LTD.(シンガポール、SB社)は、AQUATICMAINTENANCESERVICESPTE.LTD.(シンガポール、AM社)の株式80%を譲受する契約を締結した。SB社は、シンガポールにてファシリティマネジメント業務を展開している。AM社は、シンガポールにてプールメンテナンス事業とその付随事業を展開している。本件M&

イオンディライト(9787)、インドネシアの清掃事業会社・PT Sinar Jernih Saranaを子会社化へ

イオンディライト(9787)は、PTSinarJernihSarana(インドネシア・ジャカルタ、SJS社)の株式を、関係当局等からの許認可取得を条件として取得する条件付き株式譲渡契約の締結を決定した。取得価額は15.9億円。株式所有割合は90%となる。イオンディライトは、日本、中国、アセアンで事業を展開している。アセアンにおいては、マレーシアとベトナムに現地法人をカンボジアに営業拠点を開設し、展

マイスターエンジニアリング(4695)、エコー防災の全株式取得、子会社化

マイスターエンジニアリング(4695)は、エコー防災株式会社(東京都中央区)の全株式を取得し、子会社化した。マイスターエンジニアリンググループは、ファシリティ関連事業、メカトロ関連事業、コンテンツサービス事業の3つを主要事業としている。エコー防災は、消防用設備設計・施工・保守・管理、各種消火設備の機器販売等を業務範囲とする工事請負会社。本件M&Aにより、マイスターエンジニアリングは、グループのファ

日本ハウズイング(4781)、晴耕雨耕よりマンション管理委託契約上の地位を一部承継

日本ハウズイング(4781)は、会社分割(吸収分割)の方法により、晴耕雨耕株式会社(兵庫県尼崎市)が運営する一部のマンション管理委託契約上の地位を承継することを決定した。日本ハウズイングは本会社分割の対価として、現金59百万円を晴耕雨耕に交付する。晴耕雨耕は、本社所在地である阪神エリアに経営資源を集中させるため、一部のマンション管理事業の業務引継先を探していた。日本ハウズイングは、主力事業であるマ

シンプロメンテ(6086)と乃村工藝社(9716)、資本業務提携で基本合意

シンプロメンテ(6086)は、乃村工藝社(9716)との間で資本業務提携に向けた基本合意書を締結した。シンプロメンテは、乃村工藝社の100%子会社である株式会社テスコ(東京都三鷹市)と、シンプロメンテを株式交換完全親会社、テスコを株式交換完全子会社とする株式交換を行う予定。乃村工藝社はテスコ株式に代えて、シンプロメンテ株式と金銭を交付される。シンプロメンテは、飲食及び物販・小売り店舗チェーンを中心

日本管財(9728)、米国カリフォルニア州の住宅管理会社Keystone Pacificを持分法適用関連会社化

日本管財(9728)の100%子会社であるNipponKanzaiUSA,Inc.(米国ニューヨーク州、NKUSA)は、KeystonePacificPropertyManagementInc.(米国デラウェア州、キーストーンパシフィックInc.)よりKeystonePacificPropertyManagement,LLC(米国カリフォルニア州、キーストーンパシフィックLLC)の出資持分を取得し

大成(4649)、ベトナムのビルメンテナンス会社Care Vietnam Joint Stock Companyを連結子会社化

大成(4649)は、ベトナムのビルメンテナンス会社であるCareVietnamJointStockCompany(ベトナムホーチミン市、CV社)の株式の70%を現株主3名から取得するための株式譲渡契約の締結を決定した。大成は、アジア地区を足掛かりとしたグローバル展開を推進しており、平成27年10月には香港のビルメンテナンス会社であるRazorGloryBuildingMaintenanceLtd.

日本ハウズイング(4781)、シンガポールのファシリティマネジメント会社PROPELLを子会社化

日本ハウズイング(4781)は、シンガポールのPROPELLINTEGRATEDPTELTD(PROPELL)の株式を取得し子会社化することを決定した。議決権所有割合は80%で、取得価額は非開示。日本ハウズイングは、本件完了後から3年を目途に20%を追加取得し、100%子会社化する予定。日本ハウズイングは、日本国内においてマンションおよびオフィスビルの総合管理を中心に事業を展開している。1994年

ハリマビステム(9780)、京都の協栄ビル管理を子会社化

ハリマビステム(9780)は、協栄ビル管理株式会社(京都市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。協栄ビル管理は、建築物総合サービス業を展開している。京都を中心に強固な事業基盤を築き、大阪、姫路、滋賀、東京にも拠点を有する。本件より、ハリマビステムは、自社グループ事業との連携・融合を進めることで、安定的な経営基盤の確立、業務の効率化、新規営業での営業力の強化を進め、業容拡大を目指す。●今後

ハリマビステム(9780)、上海の持分法適用関連会社の株式を譲渡

株式会社ハリマビステム(9780)は、持分法適用関連会社である上海陸家嘴貝思特物業管理有限公司(上海市)について保有する出資持分35%の全てを上海陸家嘴物業管理有限公司(同市)へ譲渡することを決定した。譲渡対象会社の上海陸家嘴貝思特物業管理有限公司は、建築物総合サービス業を行っている。ハリマビステムは、グループ経営・海外合弁事業を見直し、今後注力する事業領域へ経営資源の集中を図る。●今後のスケジュ

イオンディライト(9787)、会社分割でマンション管理事業を穴吹ハウジングサービスへ承継

イオンディライト株式会社(9787)は、株式会社穴吹ハウジングサービス(高松市)との間で、イオンディライトの国内マンション管理事業部門を穴吹ハウジングサービスに承継する会社分割を行うことを決定し、会社分割契約書を締結した。イオンディライトは、企業がコア事業に集中できる経営環境を創ると共にノンコア業務のトータルコストを最小化する「総合FMS(ファシリティマネジメントサービス)事業」を提供しており、現

大成(4649)、香港ビルメンテナンス企業Razor Glory Building Maintenance Ltd.の株式取得

大成株式会社(4649)は、香港のビルメンテナンス会社であるRazorGloryBuildingMaintenanceLtd.(RG社)の全株式を取得することを決定した。大成は、現在、グローバル事業に注力しており、東・東南アジアからの人材の受入れをはじめ、数年後は同エリアにおけるビルメンテナンス事業の展開を視野にいれている。RG社は、香港において、オフィスビルのほか、商業施設・マンションなどの顧客

不動産・ビルメンテナンス業界のM&A売却・事業承継案件一覧

ビルメンテナンス業界M&A動向

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード