M&Aニュース

レスター、子会社の共信コミュニケーションズ四国から映像・音響関連事業を承継

更新日:

株式会社レスター(3156)は、2024年5月13日開催の取締役会で、同社の連結子会社である共信コミュニケーションズ四国株式会社(香川県丸亀市、以下「KYCOM四国」)の映像・音響に関する事業を会社分割によりレスターに承継させることを決議した。
レスターを吸収分割承継会社、KYCOM四国を吸収分割会社とする吸収分割方式。

レスターは、半導体・電子部品の販売および技術サポート、LSI設計開発、信頼性試験受託サービス、映像・音響・通信・計測のソリューション、設計・施工、保守エンジニアリング等を行う。

KYCOM四国は、映像、音響、情報通信機器並びにこれらに関連する付属品の販売及び取付工事を行う。レスターの完全子会社。

本吸収分割の目的

KYCOM四国が営む映像・音響に関する事業を、レスターのシステムビジネスユニットに加えることで、グループ経営資源の有効活用および一体運営を図ることにより、一層のシナジーを創出し、事業の発展・拡大を目指す。

分割する部門の事業内容

映像・音響に関する事業

本吸収分割の日程

取締役会決議日:2024年5月13日
契約締結日  :2024年5月13日
効力発生日  :2024年7月1日(予定)

電気・機械専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電気・機械専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電気・機械専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

レスターホールディングスに関連するM&Aニュース

レスターHD、都築電気傘下の4社を完全子会社化へ

株式会社レスターホールディングス(3156)は、都築電気株式会社(8157)の子会社で半導体を扱う4社(以下、対象会社)の株式を取得し、完全子会社化することを決定。都築電気との間で株式譲渡契約を締結した。【都築電気傘下の対象会社】・都築エンベデッドソリューションズ株式会社(東京都港区)・都築電産貿易(上海)有限公司(中国上海市)・都築電産香港有限公司(香港)・TSUZUKIDENSANSINGAP

レスターホールディングス、AITジャパンの第三者割当増資を引受け、子会社化へ

株式会社レスターホールディングス(3156)は、AITジャパン株式会社(東京都品川区、以下AITJ)の第三者割当増資を引き受け、連結子会社化すること(第三者割当増資後の持株比率:51.02%)を決定した。レスターホールディングスは、デバイス、電子機器、エネルギー事業等を行うグループの持株会社。AITJは、アジア最大級の半導体商社WPGHoldingsLimited(台湾台北、以下WPG)の子会社。

レスターホールディングス、連結子会社を吸収合併へ

株式会社レスターホールディングス(3156)は、レスターホールディングスを存続会社とし、株式会社レスターエレクトロニクス(東京都港区、以下REC)、株式会社レスターコミュニケーションズ(東京都品川区、以下RCC)、株式会社バイテックエネスタ(東京都品川区、以下VET)を中心とした国内完全子会社の吸収合併により、純粋持株会社から事業会社へ移行することの基本方針を決定した。レスターホールディングスを存

レスターHD、スマートシティを目指しウフルと資本業務提携

株式会社レスターホールディングス(3156)は、株式会社ウフル(東京都港区)と資本業務提携した。レスターHDおよびグループは、半導体・電子部品のソリューション提供、映像・音響・通信の電子機器の取り扱い、太陽光・風力発電所のオペレーション、植物工場運営など多岐にわたる事業を展開している。ウフルは、Salesforceの導入支援やデジタルマーケティング支援、クラウド・IoTシステムの構築など、企業や自

ミナトHD、エクスプローラの全株式取得、完全子会社化へ

ミナトホールディングス株式会社(6862)は、株式会社エクスプローラ(北海道函館市)の全株式を取得して完全子会社化することを決定した。ミナトHDおよびグループは、電子部品・機器、デジタル会議システム、ITシステム開発などの多様な事業を展開している。エクスプローラは、株式会社レスターホールディングス(3156)の連結子会社である株式会社PALTEK(神奈川県横浜市)の完全子会社。ソフトウェア設計、ハ

この記事に関連するタグ

「会社分割・吸収分割・事業承継」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継の方法は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、第三者への承継があります。会社の状況に応じて取るべき選

所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

経営・ビジネス
所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

日本の中小企業では、出資者である株主が経営者を兼務する「オーナー企業」の形態をとるケースが多く見られます。本記事では、所有と経営の分離について、そのメリットやデメリット、所有と経営の分離を行う方法などについて解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタン

2代目社長への事業承継を成功させるポイントとは?

事業承継
2代目社長への事業承継を成功させるポイントとは?

創業者が立ち上げた事業を引き継ぎ、育てていく役割が求められる2代目社長には多くの悩みがあります。2代目社長が事業を時代に合わせ進化させ、さらなる成長を遂げるケースがある一方で、残念ながら経営に躓いてしまうケースも少なくありません。本記事では、創業者が2代目社長に事業を引き継ぐ際に注意すべきこと、成功につなげるポイントをご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継

「いばらき経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第三弾

事業承継
「いばらき経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第三弾

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。創業33年を迎える2024年4月、いばらき経営相談窓口がスタートします。地方創生プロジェクトの第三弾となる「いばらき経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きました。会社の経営・事業承継に関するご相談は無料、秘密厳守で対応いたします。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。いばらき経営相談窓口

【広報誌「MAVITA」Vol.3より】M&Aを戦略の中心に置く成長企業の現在地

広報室だより
【広報誌「MAVITA」Vol.3より】M&Aを戦略の中心に置く成長企業の現在地

「世界一のエンタメ企業」をビジョンに掲げ躍進を続けるGENDA。推進力の中心にM&A戦略があります。その狙いとは?日本M&Aセンターが発刊する広報誌「MAVITA」Vol.3で掲載した、M&Aを戦略の柱に躍進を続けるエンターテイメント企業GENDAの申真衣社長と、サーチファンドの仕組みを利用して経営者となり、事業承継後2年目にして売上高を2倍に伸ばしGENDAにグループインしたアレスカンパニーの大

「会社分割・吸収分割・事業承継」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード