M&Aニュース

ポート、楽天グループの「楽天みん就」事業会社を買収

更新日:

ポート株式会社(7047) は、2024年1月31日開催の取締役会において、楽天グループ株式会社(4755)が運営するクチコミ就職情報サイト「楽天みん就」(みんなの就職活動日記)事業(以下「みん就事業」)に関する資産、債務、契約その他の権利義務を吸収分割により楽天グループが新設する会社に承継させたうえで、同社の発行済株式の全部を取得し、完全子会社化することを決議した。

ポートは、人材採用、販促支援における成約支援事業を展開を行う。

楽天グループが運営する「楽天みん就」(みんなの就職活動日記)は、1996年のサービス開始以降において口コミ掲載型の就活生同士のコミュニティを提供することにより(企業掲示板累計クチコミ数約1,438万件)、他サービスと差別化を図ることで豊富な会員基盤(2024年卒の新卒ユーザー約20万人見込)を有する。

・本株式取得の理由
ポートは、中期経営計画において人材支援サービスとエネルギー領域を主力事業と位置づけ、オーガニックグロースとロールアップ型M&Aによるインオーガニックグロースにより、それぞれの事業単一で早期に売上収益100億円規模を目指すべく様々な施策に取り組んでいる。

この度、楽天グループみん就事業を取得することで、新卒採用支援市場のtoC(エンドユーザー)向けプロダクトで圧倒的なポジションを獲得することができ、現在の求人サイト型のビジネスモデルが寡占状態となっている新卒採用支援市場において第三極として、求職者と企業との情報の非対称性の解消を推進すること、また、事業拡大のための補完やシナジー効果が大きく期待できると考え、本株式取得を決定した。

■本株式取得による効果及び業績への寄与
①プロダクトラインナップの拡充による総会員数の拡大
就活コミュニティサイトである「楽天みん就」が加わることで、ポートのプロダクトラインナップが更に強化され、新卒ユーザーの多様なニーズに応えることが可能となる。会員数の拡大及びプロダクト間の相互送客・会員連携により、各プロダクトを利用する会員数(総会員数)の拡大が見込まれ、現在の当社総会員数約60万人に「楽天みん就」の新卒ユーザー20万人を加えた総会員数約80万人以上になると考えられている。

②会員増による既存のアライアンス売上、人材紹介売上の成長
①によって拡大した会員基盤を活用し、当社成約支援組織によるアライアンスサービス、人材 紹介サービスにおける成約件数の増加および市場内におけるプレゼンス向上による成約単価の 上昇による売上の更なる成長を見込む。

③既存のみん就事業の深堀による売上拡大
みん就事業においてはクライアントは求人企業が中心となり、IT大手企業を顧客基盤として保有する。そのクライアントパイプライン を活用し、企業向け採用コンサルティングサービスを強化する。また、「みん就」ブランドと ポートグループ総会員数の基盤を活用することによるさらなる拡大を見込む。

・株式取得の方法
①2024年4月1日を効力発生日(予定)とし、楽天グループが会社分割(吸収分割)の方法により本対象事業を本吸収分割承継会社に承継する。
②ポートが、楽天グループより当該本吸収分割承継会社の全株式を取得し、完全子会社化する。

取得価額及び決済方法 ① 取得価額 2,250百万円 ② 決済方法 2023年10月4日に実施した公募増資による調達資金のうち、M&A待機資金の3.5億円を充当し、残額19億円を金融機関からの借入により充当する予定です。

・今後の予定
本吸収分割の効力発生日  2024年4月1日
株式譲渡実行日      2024年4月1日

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

インターネット関連サービス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、インターネット関連サービス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ポート・楽天グループに関連するM&Aニュース

楽天グループ、楽天西友ネットスーパーを完全子会社化へ

楽天グループ株式会社(4755、以下「楽天」)と大手スーパーマーケットチェーンである株式会社西友(以下「西友」)は、楽天西友ネットスーパー株式会社が楽天の完全子会社となることに合意した。今後は、楽天が楽天西友ネットスーパー株式会社および倉庫型ネットスーパー事業の運営を継続し、西友は実店舗を起点とする店舗出荷型ネットスーパー事業を単独運営する形態へ移行する。約1年間の移行期間を経たうえで、今後、会社

楽天グループ、楽天銀行株を海外市場で一部売却へ

楽天グループ株式会社(4755)は保有する楽天銀行株式会社(5838)の普通株式について、海外市場における売出しを行うことを決定した。楽天銀行は、楽天グループ傘下において電子メディアによる銀行業を営む。楽天グループは、総有利子負債を増やさないという財務コミットメントのもと、非有利子負債性の調達を積極的に進めることで有利子負債残高の削減に取り組んでいるところ、本売出しは、主に社債の早期返済に充当する

ビービットと楽天証券、資本業務提携を締結

楽天証券株式会社(東京都港区)と株式会社ビービット(東京都千代田区)は、自助努力での資産形成が求められる現代において、ユーザ・エクスペリエンス(以下「UX」)の観点から、人々の資産づくりをサポートしていくことを目的として、資本業務提携を締結した。楽天証券は、約1,000万人の顧客に対して、楽天グループの強みを活かした投資・資産づくりサービスの提供を行う。口座数は約968万口座(2023年9月末時点

楽天、子会社の楽天DXソリューションを吸収合併へ

楽天グループ株式会社(4755)は、子会社の楽天DXソリューション合同会社(東京都世田谷区)の吸収合併を決定した。楽天グループを吸収合併存続会社、楽天DXソリューションを吸収合併消滅会社とする吸収合併方式。楽天グループは楽天DXソリューションに関する権利義務全部を承継して存続し、楽天DXソリューションは解散する。楽天グループは、ネット通販の大手。インターネット・サービス等の提供を行っている。楽天D

楽天証券、IT企画・開発力の強化に向け、Seedsの事業を譲受へ

楽天証券株式会社(東京都港区)は、株式会社Seeds(東京都江東区)の事業譲渡を受けると発表した。楽天証券は、楽天グループ株式会社(4755)の連結子会社である、インターネット専業の証券会社。Seedsは、コンピューターシステムの開発などを行う。これまでにSeedsは、楽天証券のパソコン向け株式トレーディングツール「MARKETSPEED®」シリーズや、スマートフォン向けトレーディングアプリ「iS

この記事に関連するタグ

「吸収分割・買収」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

「後継者のいない会社」を買うメリットとは?

M&A全般
「後継者のいない会社」を買うメリットとは?

近年、後継者不在の会社を第三者が譲受けるケースが増加傾向にあります。本記事では、後継者のいない会社を買う場合のメリット、認識しておきたい注意点、会社の探し方や相談先についてご紹介します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら後継者のいない

「吸収分割・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aを行うスキーム(手法)は様々に存在し、最適な選択が成功の鍵を握ります。本記事では中堅・中小企業のM&Aで用いられる代表的なスキームの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&Aにおけるスキームと

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。【登録無料】買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録はこちらM&A実行の目的・メリット一般的に

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら譲渡企業の探し

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード