M&Aニュース

バリューゴルフ、「ゴルフマガジン九州」事業を譲受け

更新日:

株式会社バリューゴルフ(3931)は、有限会社エスコム(熊本県熊本市)より「ゴルフマガジン九州」事業の運営を譲り受けることを決議し、基本合意書を締結した。

バリューゴルフグループは、「1人予約ランド」・「リピ増くん」を主としたゴルフ場向け予約システムのASPサービス、「月刊バリューゴルフ」・「バリューゴルフWEB」といった媒体等の企画運営を行いゴルフ場への集客を支援する広告・プロモーションサービス、ゴルフ場やインドア施設におけるレッスンサービス、店舗及びインターネットによるゴルフ用品販売のECサービスからなるゴルフ事業及び国内外におけるゴルフ旅行の募集企画等を行うトラベル事業を主たる事業として展開する。

エスコムは、フリーペーパー「ゴルフマガジン九州」の発行・運営飲食店の経営を行う。

「ゴルフマガジン九州」は、九州のゴルフ場に関する情報を掲載したフリーペーパーであり、2006年の創刊以来、九州エリアのゴルファーから幅広い支持を得ている。

バリューゴルフは同事業を譲受することにより、グループの九州エリアにおけるサービス拡充に寄与するとともに、既存サービスとの相乗効果を見込み、グループの企業価値向上に寄与する有益なものと判断し、同事業を譲り受けることを決定した。

・今後の予定
譲渡契約締結日 2024年3月14日
事業譲渡実行日 2024年4月 1日

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

インターネット関連サービス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、インターネット関連サービス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

バリューゴルフに関連するM&Aニュース

バリューゴルフ、ゴルフツアー旅行サービス展開のエスプリ・ゴルフを買収

株式会社バリューゴルフ(3931)は、株式会社エスプリ・ゴルフの株式を取得して子会社化することを決議し、株式譲渡契約を締結した。バリューゴルフは、ゴルフ事業、トラベル事業、広告メディア制作事業を展開する。エスプリ・ゴルフは、東京都武蔵野市に本社を置き、国内外のゴルフツアーを中心とした旅行サービスを展開する。国内及び世界各地の名門ゴルフ場との強いコネクションを有し、『マスターズ』観戦ツアーをはじめと

バリューゴルフ(3931)、インバウンド向け事業展開の産経旅行の全株式取得へ

バリューゴルフ(3931)は、株式会社産経旅行(東京都中央区)の全株式を取得し、子会社化する基本合意書の締結を決定した。バリューゴルフは、ゴルフ事業における既存のトラベルサービスの内製化とゴルフ事業・メディカル事業における新たなサービス開発を企図していた。産経旅行は、海外の募集企画旅行を取扱う。外国人スタッフが窓口となり在日外国人向けの旅行や手配を行うことに強みを持ち、インバウンド向けサービスを積

バリューゴルフ(3931)、産経旅行と業務提携及び資本提携へ

バリューゴルフ(3931)は、株式会社産経旅行(東京都台東区)と、旅行業に関する共同事業の展開を目的とする業務提携契約の締結及び資本提携に向けた交渉を進めることを決定した。産経旅行は、第1種の旅行業登録を行っており、海外の募集企画旅行を取り扱う。本件により、バリューゴルフは、、ゴルフ事業におけるトラベルサービスのさらなる充実・拡大を行い、中長期的な成長を図る。

バリューゴルフ(3931)、日本旅行協会の全株式取得へ

バリューゴルフ(3931)は、株式会社日本旅行協会(東京都台東区)の全株式を取得し、子会社化する基本合意書の締結を決定した。取得価額は3百万円となる。バリューゴルフは、競争が激化するゴルフ事業において価格競争を避け、既存のサービスに旅行を絡め、付加価値の高い新たな需要を喚起するサービスの開発を行うことを展開方針としている。本件M&Aにより、バリューゴルフは、ゴルフ事業におけるトラベルサービスの内製

バリューゴルフ(3931)、インドア・ゴルフスクール「e-golf stadium大崎」を譲受け

バリューゴルフ(3931)は、破産者株式会社ゴルフスタジアムが保有しているインドア・ゴルフスクール「e-golfstadium大崎」を譲受けることについて、同社と事業譲渡契約の締結を決定した。譲受け価額は15百万円。バリューゴルフグループは、「1人予約ランド」を主としたゴルフ場向け予約システムのASPサービス、「月刊バリューゴルフ」・「バリューゴルフWEB」等の情報誌・媒体の企画発行運営や「バリュ

この記事に関連するタグ

「事業譲渡」に関連するコラム

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

事業譲渡とは?メリットや注意点、税金について公認会計士が解説

M&A全般
事業譲渡とは?メリットや注意点、税金について公認会計士が解説

事業の未来を築くため、経営者にとって重要な選択肢の一つとして挙げられるのが事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡など他のスキームとの違いやメリット、手続きの流れや事例など、網羅的に解説しています。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこち

事業承継における、投資ファンドの取り組みとは?事例を交えて解説

事業承継
事業承継における、投資ファンドの取り組みとは?事例を交えて解説

日本M&Aセンターではファンドとのパートナー戦略をサポートする専門チームを社内に組成し、高度なコンサルティングサービスを提供しています。本記事では、過去に好評を博したセミナーの中から、ファンドへの譲渡(社長・経営陣が継続して関わる場合)に関する内容を抜粋してご紹介します。投資ファンドの仕組みとは?宮森:今回、ゲストにアント・キャピタル・パートナーズ株式会社の安藤慶様をお迎えし、ファンドが投資した後

分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

M&A全般
分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

企業の規模に関わらず、専門性の強化、迅速な事業展開などを目的に分社化が行われています。本記事では、分社化の概要、メリットやデメリットについて整理し、実際に分社化する際のポイント等について詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら分社化とは?分社化とは、複数の事業を持つ企業

「事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード