M&Aニュース

KADOKAWA、韓国ドラマの流通事業などを行うTIMO Japanを連結子会社化

更新日:

株式会社KADOKAWA(9468)は、株式会社TIMO Japan(東京都中央区、以下旧TIMO Japan)に新規の資本投資を行い、連結子会社化を完了した。また、今回グループ会社となったTIMO Japanは社名を「株式会社KADOKAWA K+」に変更した。

KADOKAWAは、総合エンターテインメント企業。出版、映像、教育、インバウンド関連などの事業を展開している。

旧TIMO Japanは、版権事業やイベントの企画・制作、番組制作、ファンクラブ運営などエンターテインメントビジネスを展開している。韓国ドラマと映画を中心とした100作品以上の版権ライセンシングと流通事業を行っている。

本件M&AによりKADOKAWAは、韓国コンテンツの事業を進めることで、さらなるグループの成長機会を創出する。また、メディアミックスの一環として、韓国コンテンツとグループの出版・デジタル・映像事業とのシナジー戦略で事業を多角化していく。

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A・事業承継の動向はこちら

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、放送・出版・コンテンツ制作業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

KADOKAWAに関連するM&Aニュース

KADOKAWA、吸収分割により連結子会社BBCのビルメンテナンス事業を承継へ

株式会社KADOKAWA(9468)は、連結子会社である株式会社ビルディング・ブックセンター(埼玉県入間郡、以下BBC)の事業のうち、ビルメンテナンス事業を吸収分割の方法により承継することを決定した。BBCを吸収分割会社とし、KADOKAWAを吸収分割承継会社とする吸収分割方式。KADOKAWAは、本吸収分割の対価としてBBCに現金50,000,000円を交付する予定。KADOKAWAは、総合エン

KADOKAWA、中国テンセントグループとIP開発及び展開力強化に向けた資本業務提携へ

株式会社KADOKAWA(9468)は、中国テンセントグループの中核会社TencentHoldingsLimited(騰訊控股有限公司、中国・深セン市、Tencent)が間接的に完全保有する子会社であるSixjoyHongKongLimited(香港、Sixjoy)およびテンセントジャパン合同会社(東京都港区、テンセントジャパン)を通じ、同グループとの間で資本業務提携に係る契約を締結することを決定

KADOKAWA、サイバーエージェント及びソニーを引受先とする第三者割当増資を実施

株式会社KADOKAWA(9468)は、株式会社サイバーエージェント(4751)およびソニー株式会社(6758)を割当予定先とする第三者割当による新株式の発行することを決定した。払込金額総額は、9,999,999,250円。KADOKAWAは、所有する普通株式1株につき3,515円を割り当てる。KADOKAWAは、出版事業、映像事業、版権事業、デジタルコンテンツ事業、ネットワーク・エンタテインメン

この記事に関連するタグ

「子会社・連結」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

子会社化するメリットとは?関連会社との違いや子会社の種類についても解説

M&A全般
子会社化するメリットとは?関連会社との違いや子会社の種類についても解説

子会社化は事業の成長・発展に向けた経営戦略として多くの企業で行われています。本記事では、子会社化するメリット・デメリット、子会社の種類について詳しく解説します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら子会社化とは?子会社とは、経営の意思決定

関連会社とは?子会社・関係会社・グループ会社との違いや、設立のメリットや注意点を解説

M&A全般
関連会社とは?子会社・関係会社・グループ会社との違いや、設立のメリットや注意点を解説

関連会社に似た言葉として、関係会社・子会社などがあります。それぞれの定義や違いについて正確に説明できる人は少ないのではないでしょうか。本記事では関連会社の定義や類似する言葉との相違点について解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権(※

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年11月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード