M&Aニュース

相鉄不動産、一部のリゾート事業をエンゼルフォレストリゾートに承継へ

相鉄不動産株式会社(横浜市西区)は、「相鉄の那須」に係るリゾート事業を、会社分割(簡易吸収分割)により株式会社エンゼルフォレストリゾート(静岡県熱海市)に承継させることを決定した。
相鉄不動産を分割会社とし、エンゼルフォレストリゾートを承継会社とする吸収分割。相鉄不動産は、エンゼルフォレストリゾートから本吸収分割の対価として金銭の交付を受ける。

※「相鉄の那須」に係るリゾート事業とは、那須の別荘地管理事業およびこれに関連する事業(コテージアルカディア運営事業、温泉供給事業を含む)。

相鉄不動産は、マンション開発事業、一戸建て開発事業、賃貸マンション事業、再開発・マンション建替事業、リゾート事業・その他各種施設の運営を行っている。相鉄ホールディングス株式会社(9003)の完全子会社。

エンゼルフォレストリゾートは、別荘地管理業、水道・温泉供給業、不動産業、宿泊業を行っている。那須エリアにおいてもM&Aにより積極的に別荘地事業を展開している。

相鉄不動産は、1968年から那須地域の別荘地である「相鉄の那須」の分譲を開始し事業を継続してきたが、この間、相鉄不動産による那須エリアでの新たな別荘地分譲の展開はなく、50年以上の時間が経過していた。

一方、株式会社エンゼルグループ(以下、エンゼルグループ)は子会社にリゾートホテルおよび別荘地分譲・管理事業等の専業会社を抱え、規模拡大とサービス品質の向上等を企図した経営戦略を推進しており、那須エリアにおいてもM&Aにより積極的に別荘地にかかる事業を展開してきた。

相鉄不動産は、エンゼルグループが本事業への理解が深く、顧客へのサービス向上が期待できることなどから外部移管先として相応しいと判断。相鉄不動産の事業領域の選択と集中の観点から本事業を会社分割によりエンゼルフォレストリゾートに承継した。

・今後の予定
効力発生日 2023年4月1日

相鉄ホールディングスに関連するM&Aニュース

相鉄ホールディングス(9003)及び相鉄ローゼン、丸紅(8002)との資本提携を解消 業務提携は継続

相鉄ホールディングス(9003)及び子会社である相鉄ローゼン株式会社(神奈川県横浜市)は、丸紅(8002)が保有する相鉄ローゼン普通株式20.00%について、相鉄ローゼンが自己株式の取得を行うことで、相鉄ローゼンを相鉄HDの完全子会社化する。相鉄HDと丸紅の資本提携は解消となるが、相鉄HD、相鉄ローゼン及び丸紅の3社間の業務提携は継続される。相鉄ローゼンは、スーパーマーケット事業を展開している。相

相鉄HD(9003)、完全子会社である相鉄興産の全株式を東和アークスに譲渡

相鉄ホールディングス(9003)は、完全子会社である相鉄興産株式会社(神奈川県横浜市)の全株式を東和アークス株式会社(埼玉県さいたま市)に譲渡することを決定した。株式譲渡は2回に分けて行われる。相鉄興産は、神奈川県及び東京都を中心とした関東一円で、骨材・生コン類の販売の他、石油製品や鉄鋼系製品、ユニットバスを始めとした内装製品等幅広い商材を取り扱っている。同社は、かつて相鉄HDが行っていた、相鉄線

JPホールディングス(2749)、相鉄HD(9003)より託児施設運営の相鉄アメニティライフの全株式取得

JPホールディングス(2749)は、相鉄ホールディングス(9003)より相鉄アメニティライフ株式会社(横浜市)の全株式を新たに取得し、子会社化することを決定した。相鉄アメニティライフは、横浜市において認可保育所および民間学童施設の運営を行っている。本件により、JPホールディングスは、重点拠点の一つである横浜エリアの事業展開の充実を図る。●今後のスケジュール株式譲渡実行日平成28年9月30日

相鉄HD(9003)、砂利採取事業を行う子会社、相鉄鉱業を同業の松上産業へ譲渡

相鉄ホールディングス株式会社(9003)は、完全子会社である相鉄鉱業株式会社(横浜市西区)の全株式を松上産業株式会社(神奈川県平塚市)に譲渡することを決定した。松上産業は、神奈川県の鉱区にて相鉄鉱業と連携して砂利事業を行っている。相鉄鉱業は神奈川県、茨城県及び栃木県において砂利採取事業を行っている。神奈川県内の砂利事業については、過去数年赤字が継続しているが、生産に必要な重機やプラントへの多額投資

この記事に関連するタグ

「事業承継・吸収分割・会社分割」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

事業承継を解決し、個人が経営者のキャリアをスタートする。サーチファンドという選択肢

事業承継
事業承継を解決し、個人が経営者のキャリアをスタートする。サーチファンドという選択肢

事業承継問題の解決策、そして新たな経営者のキャリアとして注目を集めるサーチファンド。日本におけるサーチファンドの第一人者、伊藤公健氏が率いるサーチファンド・ジャパンは2020年の設立以来、国内にサーチファンドを広めるべく精力的に活動を行っています。今回はサーチファンドの概要、そして日本M&Aセンターとの取り組みについてお届けします。事業承継問題解決の切り札に。個人が主役の投資ファンド―サーチファン

愛媛朝日テレビと事業承継セミナーを開催 地域の経営者に事業承継とM&Aを解説

広報室だより
愛媛朝日テレビと事業承継セミナーを開催 地域の経営者に事業承継とM&Aを解説

愛媛朝日テレビ(eat)は2022年7月6日、松山市内のANAクラウンプラザホテル松山で「愛媛県の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」を開催しました。セミナーでは、地元企業の経営者にとって関心が高まる「事業承継」、「DX」、「生産性向上」などの経営課題について、各分野のリーディングカンパニーの担当者から最新事例とソリューションを企業経営者の皆様に解説しました。会場参加者とオンライン参加者約7

2024年問題が影響?物流業界のM&A増加の背景をわかりやすく解説

M&A全般
2024年問題が影響?物流業界のM&A増加の背景をわかりやすく解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は物流業界のM&Aが近年増加している背景について詳しく解説します。本記事の動画はこちらからご覧いただけます。物流業界に差し迫る「2024年問題」西川:前回、前々回と日立物流の事例を取り上げてきましたが、今回はその流れで物流業界に関するM&

東日本放送とセミナーを開催 宮城県の経営者と経営の次の一手を考える

広報室だより
東日本放送とセミナーを開催 宮城県の経営者と経営の次の一手を考える

宮城県仙台市のテレビ局「東日本放送(khb5)」は6月28日(火)、セミナー「宮城県内の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」を開催しました。同セミナーでは、多くの地元企業の経営者にとって課題の一つとなっている「事業承継」「DX」「生産性向上」などについて、日本M&Aセンターに加えて、世界No.1のCRM「Salesforce」で企業のDX推進を支援するセールスフォース・ジャパン、BtoBビジ

新社屋でにぎわい創出も貢献、新事業を展開する東日本放送みやぎプロモーション室

広報室だより
新社屋でにぎわい創出も貢献、新事業を展開する東日本放送みやぎプロモーション室

宮城県仙台市のテレビ局「東日本放送(khb5)」は6月28日(火)、「宮城県内の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」を主催します。セミナーは東日本大震災からの復興や新型コロナウイルス対策に向き合う宮城県内の企業経営者に向けた「M&A」や「DX推進」、「生産性向上」など次世代の経営に求められる新時代のソリューションを提供する目的で企画されました。宮城県内のテレビ局と各分野で経営支援を担うリーデ

「事業承継・吸収分割・会社分割」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード