M&Aニュース

識学、子会社シキラボの株式を取得及び吸収合併へ

株式会社識学(7049)は、連結子会社である株式会社シキラボ(東京都品川区)の株式を取得し、シキラボを吸収合併することを決定した。
識学を存続会社とする吸収合併方式で、シキラボは解散する。合併差損が生じる可能性があるため、株主総会における承認決議を経て本合併を実施する。

識学は、独自理論の「識学」を用いた組織運営に関するコンサルティングの提供、組織運営の継続的な運用支援を行うプラットフォームサービスの提供を行っている。

シキラボは、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)に関する開発業務の受託、識学クラウドの開発・保守を行っている。

本件M&Aにより、識学は、組織コンサルティング事業におけるリソースを統合し、効率的な組織運営を図る。

・今後の予定
株式譲渡契約締結日 2022年4月15日
株式譲渡実行日 2022年4月30日

合併の日程
契約締結日 2022年5月27日
株主総会決議日(識学) 2022 年5月27日
株主総会決議日(シキラボ) 2022 年5月30日
合併予定日(効力発生日) 2022年6月1日

経営コンサルティングサービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

識学に関連するM&Aニュース

識学、総合エンターテインメント企業であるMAGES.の子会社と株式交換、完全子会社化へ

株式会社識学(7049)は、株式会社シキラボ(東京都品川区)を株式交換完全親会社、株式会社MAGES.Lab(東京都新宿区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定した。取得対価はシキラボの普通株式の時価19,530千円となる。識学は、「識学」を使った経営、組織コンサルティング、従業員向け研修、「識学」をベースとしたwebサービスの開発・提供、また、「識学」関連書籍の出版を行っている。M

識学(7049)、プロバスケットボールチーム「福島ファイヤーボンズ」運営企業の第三者割当増資を引受け、子会社化へ

株式会社識学(7049)は、福島スポーツエンタテインメント株式会社(福島県郡山市、福島スポーツ)が実施する第三者割当増資を引受け、子会社化すること決定した。取得価額は、8,500万円。議決権所有割合は、56.4%となる。識学は、独自の組織マネジメント理論「識学」を用いたマネジメントコンサルティングを行なっている。福島スポーツは、福島県”初”のプロバスケットボールチームである"福島ファイヤーボンズ"

識学(7049)、TIGALAより月額制M&A法人コンサルティング事業を譲り受けへ

識学(7049)は、TIGALA株式会社(東京都港区)との間で、TIGALAが営む月額制M&A法人コンサルティング事業を譲り受けることについての基本合意を決定した。識学は、経営者・幹部層向けにマンツーマンのサービス提供を行い、さらには組織浸透を行うサービス・サポートを通じて、組織の内側に視点を置いた組織の生産性向上を支援してきた。同社は経営者のM&Aに対する知見の向上を今後の取組み課題としていた。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・吸収合併・合併」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

M&A全般
合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

本記事では、企業の合併に関する基本事項を整理し、メリットやデメリット、合併のための必要な手続きなどについてご紹介します。合併とは合併とは、複数の会社が法的に1つの会社になることです。合併はM&Aの手法の一つです。実務的には完全子会社化した後、一定の時間をおいてから合併が行われるケースが多く見られます。合併と買収の違いは?買収とは、他企業を支配する目的で株式などを取得し、議決権の過半数以上を買い取る

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

「株式譲渡・吸収合併・合併」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年4月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード