M&Aニュース

川崎ブレイブサンダース、住友商事と資本業務提携契約およびオフィシャルスポンサー契約を締結

株式会社DeNA川崎ブレイブサンダース(神奈川県川崎市、川崎ブレイブサンダース)は、住友商事株式会社(8053)と、住友商事グループとの協業による、観戦体験の向上、デジタル施策の加速などを目指し、資本業務提携契約およびオフィシャルスポンサー契約を締結した。
出資比率や金額は非公表。本資本業務提携後の川崎ブレイブサンダースの筆頭株主は変わらず株式会社ディー・エヌ・エーであり、経営体制やチーム体制の変更はない。

川崎ブレイブサンダースは、プロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」の運営および関連事業を行っている。

住友商事グループは、全世界に展開するグローバルネットワークとさまざまな産業分野における顧客・パートナーと、多様な商品・サービスの販売、輸出入および三国間取引、さらには国内外における事業投資など、総合力を生かした多角的な事業活動を展開している。

本件により、川崎ブレイブサンダースは、クラブの財政基盤を強化し、デジタル/アナログの両面での発展的な取り組みを推進する。

住友商事に関連するM&Aニュース

AI inside、aiforce solutionsの全株式取得、完全子会社化へ

AIinside株式会社(4488)は、株式会社aiforcesolutions(東京都千代田区)の全株式を取得し子会社化すること、および吸収合併することを決定した。取得価額は、約1,665百万円。AIinsideを存続会社とする吸収合併方式。aiforcesolutionsは解散する。本件において、株式および新株予約権その他金銭などの割当は行わない。AIinsideは、「DXSuite」や「Le

住友商事(8053)、エアロセンスと資本業務提携

住友商事株式会社(8053)は、エアロセンス株式会社(東京都文京区)とドローンを活用した次世代建設分野への進出に向けて資本業務提携契約を締結した。住友商事グループは、建機のレンタル事業および販売・サービス事業をグローバルに展開し、日本国内では太陽建機レンタルを通じて、建機レンタル事業を手掛け、建機業界における課題解決に取り組むことで、社会インフラ整備や経済の発展に貢献している。エアロセンスは、ドロ

住友商事(8053)、AI導入促進に向けてAIデータ解析サービス開発・販売のaiforce社と資本業務提携

住友商事(8053)と株式会社aiforcesolutions(東京都千代田区、aiforce社)は、多様な事業領域へのAI導入促進を目的として資本業務提携を実施した。aiforce社は、データサイエンティスト業務の代替が可能なAIデータ解析サービス「AMATERASRAY」の開発・販売を販売を手掛けている。本提携により、住友商事およびaiforce社は、住友商事グループの製造、流通、小売、サービ

住友商事(8053)、本田技研工業(7267)より自動車用ブレーキ関連部品製造会社・浅間技研工業の株式取得

住友商事(8053)は、本田技研工業(7267)より浅間技研工業株式会社(長野県小諸市)の株式を取得することに合意した。住友商事は、2004年に自動車ブレーキ関連部品製造を行う株式会社キリウを子会社化し、積極的な海外展開を行い、事業を拡大してきた。浅間技研工業は、主にHondaおよびHonda傘下の自動車部品メーカーに、長年にわたりブレーキディスク・ドラムなどのブレーキ関連部品を納入してきた。国内

UEX(9888)、住友商事(8053)グループの特殊鋼鋼材販売会社・住商特殊鋼の全株式取得

UEX(9888)は、住友商事(8053)100%子会社の住友商事グローバルメタルズ株式会社(東京都千代田区)から、住商特殊鋼株式会社(東京都千代田区)の全株式を取得することを決定し、住友商事グローバルメタルズと本株式取得について株式譲渡契約を締結した。取得価額は2,829百万円。住友商事株式会社はUEX株式10.9%を保有する筆頭株主。本件実行前に住商特殊鋼は、住商特殊鋼を分割会社、住友商事グロ

この記事に関連するタグ

「資本業務提携」に関連するコラム

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年4月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード